メインメニューを開く

グランプリ・チェジュ(Grand Prix Jeju)は、韓国の国際柔道大会である。

来歴編集

IJFワールド柔道ツアーの一環として、グランドスラムに次ぐ位置付けにある柔道の国際大会。以前は「韓国国際柔道大会」と呼ばれていた。なお、今大会は世界ランキング対象大会であるが、国際柔道連盟主催ではなく大陸連盟主催の大会であるため、ワールド柔道ツアーには含まれない[1]。2009年からは「ワールドカップ・スウォン」という名称になったが、2011年からはスウォンではなく済州島での開催となった[2]。2013年からはグランプリ大会に格上げされることになったことにより、IJFワールド柔道ツアーの対象大会となった[3][4]。2016年の大会は中止になった。理由は明らかでない[5]

名称の変遷編集

韓国国際柔道大会( -2008)
ワールドカップ・スウォン World Cup Suwon(2009-2010)
ワールドカップ・チェジュ World Cup Jeju(2011-2012)
グランプリ・チェジュ Grand Prix Jeju(2013- )

優勝者編集

男子編集

60 kg級 66 kg級 73 kg級 81 kg級 90 kg級 100 kg級 100 kg超級
2009年  ダワードルジ・トゥムルフレグ  趙俊浩  方貴満  金宰範  權寧禹  黄禧太  金洙完
2010年  崔光賢  ダン・ファシエ  王己春  金宰範  カミル・マゴメドフ  朴仙雨  金成民
2011年  崔光賢  曺準好  王己春  ホン・スクウォン  宋大南  ナイダン・ツブシンバヤル  チョ・グハム
2012年  山本浩史  森下純平  方貴満  ホン・スクウォン  池田賢生  エルデネビレグ・エンフバット  百瀬優
2013年  金源鎮  六郷雄平  セルジイ・ドレボット  金宰範  郭同韓  ナイダン・ツブシンバヤル  金成民
2014年  金源鎮  竪山将  安昌林  金宰範  郭同韓  チョ・グハム  テディ・リネール
2015年  金源鎮  ミハイル・プリャエフ  安昌林  佐藤正大  郭同韓  チョ・グハム  テディ・リネール

女子編集

48 kg級 52 kg級 57 kg級 63 kg級 70 kg級 78 kg級 78 kg超級
2009年  近藤香  ムンフバータル・ブンドゥマー  牧志津香  丁多雲  ジュリアーヌ・ロブラ  佐藤瑠香  金ナ永
2010年  ムンフバット・ウランツェツェグ  橋本優貴  コリーナ・カプリオリウ  徐麗麗  黄藝瑟  鄭敬美  于頌
2011年  岡本理帆  アンドレア・キトゥ  連珍羚  エドウィゲ・グウェンド  ヌンイラ華蓮  張浙慧  キム・ジヨン
2012年  山崎珠美  キム・ミリ  石川慈  佐野賀世子  新井千鶴  鄭敬美  于頌
2013年  山岸絵美  ムンフバータル・ブンドゥマー  出口クリスタ  丁多雲  黄藝瑟  鄭敬美  キム・ウンギョン
2014年  アマンディーヌ・ブシャール  アンドレア・キトゥ  オトーヌ・パヴィア  クラリス・アグベニュー  ジブリズ・エマヌ  オドレー・チュメオ  キム・ジヨン
2015年  オトゴンツェツェグ・ガルバドラフ  アンドレア・キトゥ  金珍迪  クラリス・アグベニュー  サリー・コンウェイ  オドレー・チュメオ  朝比奈沙羅

各国メダル数編集

順位 国・地域
1   韓国 19 11 16 46
2   フランス 9 2 2 13
3   日本 6 6 4 16
4   モンゴル 2 2 4 8
5   ルーマニア 2 1 3 6
6   ウクライナ 1 3 8 12
7   ロシア 1 1 7 9
8   イギリス 1 1 4 6
9   カザフスタン 1 0 0 1
10   ドイツ 0 2 5 7
11   スペイン 0 2 2 4
12   イスラエル 0 1 6 7
13   アゼルバイジャン 0 1 5 6
14   ベルギー 0 2 2 3
15   ギリシャ 0 1 2 3
16   チャイニーズタイペイ 0 1 1 2
  トルコ 0 1 1 2
  アメリカ合衆国 0 1 1 2
19   キューバ 0 1 0 1
  ハンガリー 0 1 0 1
  イタリア 0 1 0 1
22   スウェーデン 0 0 3 3
23   ブラジル 0 0 1 1
  ブルガリア 0 0 1 1
  クロアチア 0 0 1 1
  モロッコ 0 0 1 1
  オランダ 0 0 1 1
  ポーランド 0 0 1 1
  スロベニア 0 0 1 1
  セルビア 0 0 1 1

脚注編集

外部サイト編集