メインメニューを開く

ワールドシリーズ・バイ・ニッサン

ワールドシリーズ・バイ・ニッサンWorld Series by Nissan)は自動車レースの1カテゴリー。フォーミュラカー(オープンホイール)を使用した四輪レースであり、1998年に初開催され、2004年までスペインにおけるトップフォーミュラレースとして運営されていた。

初年度はオープン・フォーチュナ・バイ・ニッサンOpen Fortuna by Nissan)という名で開催されたが、その後はシリーズ名称が1、2年おきに変更された。そのため、同じ年の選手権についてもメディア媒体によって異なる名称が用いられたり、名称の混同が発生したりということが頻繁にある。2001年までの選手権はスペイン本国での通称にならってフォーミュラ・ニッサンFórmula Nissan)と総称される。2002年以降の選手権については、ニッサン・ワールドシリーズ(Nissan World Series)の名で呼ばれることも多い。

2005年からは、「ワールドシリーズ・バイ・ルノー(フォーミュラ・ルノー3.5)」に移行している。

概要編集

当初スペインの国内レースとして開催され、2002年以降は数カ国転戦を果たして国際化が進められ、ヨーロッパを股にかけたシリーズへと発展したトップフォーミュラレースである。

創設されてからしばらくはおよそ250馬力を発生する日産製の排気量2000ccの4気筒エンジンと、F1参戦経験のあるコンストラクター、コローニ製のシャシーを使用しており、F3F3000の中間カテゴリーといった存在であったが、2002年シーズンよりおよそ410馬力を発生する日産製の排気量3000cc・V6エンジンとダラーラ製のシャシーの組み合わせに改められ、よりF3000に近いカテゴリーとなった。タイヤはミシュランが供給し、各ドライバーはいずれも同一の車体・エンジン・タイヤを用いるワンメイクのレースであった。

出場したドライバーたち編集

マルク・ジェネフェルナンド・アロンソヘイキ・コバライネンといった後のF1ドライバーを輩出したカテゴリとして知られる。

2002年シーズンにはF1経験のあるリカルド・ゾンタがチャンピオンを獲得するなど参戦ドライバーも多様化し、参戦コストも格安(エンジンなどはフォーミュラ・ニッポンの1/10程度と言われていた)など、独自の個性を持つことに成功したカテゴリーである。

F3000クラスのレースではもっともF1からの注目度が高かった。F3のトップや元F1ドライバーも参戦し激戦であり、ステップアップのための国際F3000や、国内ドライバー育成のためのフォーミュラ・ニッポンといった、他のF3000クラスのカテゴリーよりもドライバーの交流が盛んであった。

選手権名称と歴代チャンピオン編集

選手権名称 チャンピオン
1998年 オープン・フォーチュナ・バイ・ニッサン
Open Fortuna by Nissan
  マルク・ジェネ
1999年 ユーロ・オープン・モビスター・バイ・ニッサン
Euro Open MoviStar by Nissan
  フェルナンド・アロンソ
2000年 オープン・テレフォニカ・バイ・ニッサン
Open Telefonica by Nissan
  アントニオ・ガルシア (Antonio Garcia)
2001年 オープン・テレフォニカ・バイ・ニッサン
Open Telefonica by Nissan
  フランク・モンタニー
2002年 テレフォニカ・ワールドシリーズ
Telefonica World Series
  リカルド・ゾンタ
2003年 スーパーファンド・ワールドシリーズ
Superfund Word Series
  フランク・モンタニー
2004年 ワールドシリーズ・バイ・ニッサン
World Series by Nissan
  ヘイキ・コバライネン

* 2002年以降、名称が“ワールドシリーズ”となった。2001年以前の選手権については、“フォーミュラ・ニッサン”と総称される。

主なドライバー編集

関連項目編集

外部リンク編集