メインメニューを開く

ワールドチームカップ英語: ATP World Team Cup)はドイツデュッセルドルフで開催されていた男子テニスの団体戦。1978年から2012年まで開催された。2013年から新設されたパワー・ホース・カップに移行する形で終了した。

ワールドチームカップ
現存しないテニス大会
開始年 1978年
終了年 2012年
開催地 デュッセルドルフ
サーフェス クレー / 屋外

大会はシングルス2試合とダブルス1試合で行なわれていた。 なお、その出場国は、前年の全米オープンの時点での世界ランキングの各国上位2人を合計した数字の小さい順に決まる。

2018年7月1日、ATPはワールドチームカップを2020年に復活させると発表した。シーズンの幕開けを飾る大会として、オーストラリアが舞台となる見通しである。ATPによると24カ国・地域で争い、賞金1500万ドル(約16億6500万円)のほか、世界ランキングのポイントも与えられる予定。


ATPポイント編集

試合 ラウンドロビン 決勝 合計 ボーナス 総計
シングルス1試合目 35 95 200 50 250
シングルス2試合目 25 50 125 50 175
ダブルス 35 95 200 50 250
ダブルス(デッドラバー) 10 20 50 50

  • 決勝のみ出場の場合ラウンドロビンのポイントが与えられる[1]
  • 4勝挙げた選手はボーナス50ポイントが与えられる(シングルスとダブルスは別カウント)[1]
  • 片方のチームがシングルスのみで2勝した場合、ダブルスはデッドラバーのポイントが与えられる。

歴代決勝戦結果編集

 
2005年
優勝国 準優勝国 スコア
2012   セルビア   チェコ 3–0
2011   ドイツ   アルゼンチン 2–1
2010   アルゼンチン   アメリカ合衆国 2–1
2009   セルビア   ドイツ 2-1
2008   スウェーデン   ロシア 2-1
2007   アルゼンチン   チェコ 2-1
2006   クロアチア   ドイツ 2-1
2005   ドイツ   アルゼンチン 2-1
2004   チリ   オーストラリア 2-1
2003   チリ   チェコ 2-1
2002   アルゼンチン   ロシア 3-0
2001   オーストラリア   ロシア 2-1
2000   スロバキア   ロシア 3-0
1999   オーストラリア   スウェーデン 2-1
1998   ドイツ   チェコ 3-0
1997   スペイン   オーストラリア 3-0
1996   スイス   チェコ 2-1
1995   スウェーデン   クロアチア 2-1
1994   ドイツ   スペイン 2-1
1993   アメリカ合衆国   ドイツ 3-0
1992   スペイン   チェコ 2-0
1991   スウェーデン   ユーゴスラビア 2-1
1990   ユーゴスラビア   アメリカ合衆国 3-0
1989   西ドイツ   アルゼンチン 2-1
1988   スウェーデン   アメリカ合衆国 2-0
1987   チェコスロバキア   アメリカ合衆国 2-1
1986   フランス   スウェーデン 2-1
1985   アメリカ合衆国   チェコスロバキア 2-1
1984   アメリカ合衆国   チェコスロバキア 2-1
1983   スペイン   オーストラリア 2-1
1982   アメリカ合衆国   オーストラリア 2-0
1981   チェコスロバキア   オーストラリア 2-1
1980   アルゼンチン   イタリア 3-0
1979   オーストラリア   イタリア 2-1
1978   スペイン   オーストラリア 2-1

脚注編集

  1. ^ a b Frequently Asked Questions”. atpworldtour.com. 2011年3月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集