ワールドトライアウト

ワールドトライアウトは、株式会社WorldTryoutが企画し、2019年11月に初めて行われた、プロ野球入団希望者を対象としたトライアウト(入団テスト)イベントである。

これまでも、NPBで戦力外になった選手などを対象とした『12球団合同トライアウト』が行われていたが、このトライアウトはNPBだけでなく、独立リーグアマチュア野球マイナーリーグなどにも広く門戸を開放してプロ野球入団を目指すとともに、優秀選手にはクラウドファンディングを活用し、国内のプロ野球や独立リーグ、または外国リーグへの挑戦権を与え、クラウドファンディング資金を野球用具の提供や、国外への渡航資金などに充当するとしている[1]

初開催となる2019年は、当時執行猶予中の元プロ野球選手・清原和博を監督に起用したり、アンバサダーに野球漫画『MAJOR』の主人公・茂野吾郎が就任する[2]などして話題を呼んだ。

2019年は試合形式で行われたが、コロナ禍の影響で、2020年以降はコンバイン(スペック測定会)形式で行われている[3][4]

開催実績編集

出典編集

  1. ^ ABOUT(World Tryoutについて)
  2. ^ “『MAJOR』主人公・茂野吾郎、『WorldTryout』アンバサダー就任 チャレンジ精神が理念と通じる”. ORICON NEWS. (2019年10月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2146924/full/ 2020年8月27日閲覧。 
  3. ^ World Tryout 2020 開催のお知らせ”. ワールドトライアウト公式サイト (2020年12月7日). 2020年12月12日閲覧。
  4. ^ “ワールド・トライアウト コロナ禍で“測定会”も3000人以上が視聴”. デイリースポーツ online. (2020年12月11日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/12/11/0013931670.shtml 2020年12月12日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集