ワールドマスターズ2019は2019年12月12日から14日の3日間にわたって、中国青島で開催された柔道の大会。11月のグランドスラム・大阪終了後の世界ランキングに基づいて、今大会に招待される上位36名が決まる。2018年までは世界ランキング上位16名までだったが、今大会より36名まで拡大された。なお、今大会は当初広州での開催予定だったが、深圳に変更されるも、最終的には青島開催となった[1][2][3]

大会結果編集

男子編集

階級
60kg以下級   永山竜樹   フランシスコ・ガリゴス   ロベルト・ムシビドバゼ
  シャラフディン・ルトフィラエフ
66kg以下級   マヌエル・ロンバルド   ガンボルド・ヘルレン   バジャ・マルグベラシビリ
  ヨンドンペレンレイ・バスフー
73kg級   橋本壮市   トハル・ブトブル   海老沼匡
  ルスタム・オルジョフ
81kg以下級   マティアス・カス   サギ・ムキ   ヴェダト・アルバイラク
  アラン・フベツォフ
90kg以下級   ラシャ・ベカウリ   ニコロス・シェラザディシビリ   ネマニャ・マイドフ
  ミカイル・オゼルレル
100kg以下級   ミハエル・コレル   ウルフ・アロン   ヴァルラーム・リパルテリアニ
  ニヤス・イリアソフ
100kg超級   原沢久喜   ルカシュ・クルパレク   影浦心
  ヘンク・フロル

女子編集

階級
48kg以下級   ディストリア・クラスニキ   ガンバータル・ナランツェツェグ   メラニー・クレマン
  イリーナ・ドルゴワ
52kg以下級   志々目愛   アマンディーヌ・ブシャール   ディヨラ・ケルディヨロワ
  アストリード・ネト
57kg以下級   キム・ジナ   玉置桃   テルマ・モンテイロ
  ジェシカ・クリムカイト
63kg以下級   鍋倉那美   クラリス・アグベニュー   田代未来
  土井雅子
70kg以下級   キム・ポリング   サンネ・ファンデイケ   新井千鶴
  マリー=エヴ・ガイエ
78kg以下級   ファニー=エステル・ポスビト   オドレー・チュメオ   陳飛
  アナマリア・ワーグナー
78kg超級   テシー・サフェルカウルス     イリーナ・キンゼルスカ   マリナ・スルツカヤ
  キム・ハユン

各国メダル数編集

国・地域
1   日本 5 2 5 12
2   オランダ 3 1 1 5
3   フランス 1 3 3 7
4   ジョージア 1 0 2 3
5   ベルギー 1 0 0 1
  イタリア 1 0 0 1
  コソボ 1 0 0 1
  北朝鮮 1 0 0 1
9   モンゴル 0 2 1 3
10   スペイン 0 2 0 2
  イスラエル 0 2 0 2
12   アゼルバイジャン 0 1 1 2
13   チェコ 0 1 0 1
14   ロシア 0 0 4 4
15   トルコ 0 0 2 2
  ウズベキスタン 0 0 2 2
17   ベラルーシ 0 0 1 1
  カナダ 0 0 1 1
  中国 0 0 1 1
  ドイツ 0 0 1 1
  韓国 0 0 1 1
  ポルトガル 0 0 1 1
  セルビア 0 0 1 1

3階級の決勝で不戦勝による決着編集

今大会は世界選手権に次ぐ格付けの大会ながら、男子7階級のうち73㎏級、81㎏級、100㎏超級の3階級で決勝は不戦勝による決着となった。試合を棄権した3名のうち2名はイスラエルの選手だった[4]

脚注編集

外部サイト編集