メインメニューを開く

ワールドラグビー パシフィック・ネーションズカップ

ラグビーの国際大会

ワールドラグビー パシフィック・ネーションズカップ英語: World Rugby Pacific Nations Cup)とは、ワールドラグビー公認のラグビーユニオンの国際大会である。

ワールドラグビー パシフィック・ネーションズカップ
開始年 2006
主催 ワールドラグビー
参加チーム数 6(2019年大会)
加盟国  フィジー
 トンガ
 サモア
 日本
 アメリカ合衆国
 カナダ
テンプレートを表示
日本×オーストラリアA、2008年6月8日レベルファイブスタジアム

概要編集

環太平洋の世界ランキング第2グループ(ティア2)を強化し、トップ国との格差を縮める目的で設立された大会である。

当初はオーストラリアA代表フィジー日本サモアトンガジュニア・オールブラックスニュージーランドA代表)の6チームによる大会として構想されたが、2006年の第1回大会はオーストラリアが参加を見送ったため、5チームによりIRBパシフィック・ファイブ・ネイションズとして開催された。2007年からオーストラリアA代表が加わり、IRBパシフィック・ネーションズカップの大会名に変更されることになった。

2008年はジュニア・オールブラックス代わりにニュージーランドマオリが参加したが、経済危機の影響で、2009年には再びジュニア・オールブラックスが出場となり、オーストラリアAは不参加を表明、2010年にはジュニア・オールブラックスも不参加となっている。また、2009年の大会は、一部を除き、フィジーでラウンドロビン・トーナメントで行われた。

2011年を最後に大会を終了し、日本、トンガ、サモア、フィジー、カナダ米国ロシアの対抗戦も検討されたが[1]2012年も大会は開催された。

2014年は日本、フィジー、サモア、トンガ、米国、カナダの6チームが2プールにそれぞれ3チームずつ分かれて対戦した。

2015年からは国際ラグビー評議会 (IRB) がワールドラグビーに改称したため、大会名もワールドラグビー パシフィック・ネーションズカップに改められた。

2016年2017年はフィジー、トンガ、サモアの3ヶ国で2019年ラグビーワールドカップのオセアニア地区予選も兼ねて開催される。

2006年の成績編集

順位 試合数 得点 失点 得失点差 BP[2006nen 1] 勝点
1 ジュニア・オールブラックス 4 4 0 0 167 47 +120 4 20
2 サモア 4 2 0 2 121 88 +33 3 11
3 フィジー 4 2 0 2 92 94 -2 2 10
4 トンガ 4 2 0 2 91 113 -22 1 9
5 日本 4 0 0 4 48 177 -129 0 0
[ヘルプ]
  1. ^ ボーナスポイント。1試合に4トライ以上あげた場合と、7点差以内で敗れた場合に、それぞれ1点が与えられる。

試合結果編集

第1週
  • フィジー 17–35 ジュニア・オールブラックス
  • 日本 16–57 トンガ
第2週
  • サモア 14–56 ジュニア・オールブラックス
  • トンガ 24–23 フィジー
第3週
  • サモア 53–9 日本
  • ジュニア・オールブラックス 38–10 トンガ
第4週
  • ジュニア・オールブラックス 38–8 日本
  • フィジー 23–20 サモア
第5週
  • トンガ 0–36 サモア
  • 日本 15–29 フィジー

2007年の成績編集

順位 試合数 得点 失点 得失点差 BP 勝点
1 ジュニア・オールブラックス 5 5 0 0 228 34 +194 5 25
2 オーストラリアA代表 5 3 1 1 172 104 +68 2 16
3 サモア 5 3 0 2 96 67 +29 1 13
4 フィジー 5 1 1 3 70 115 -45 3 9
5 トンガ 5 1 0 4 69 184 -115 1 5
6 日本 5 1 0 4 51 182 -131 0 4

試合結果編集

第1週
  • オーストラリアA 60-15 トンガ
  • フィジー 30-15 日本
  • サモア 10-31 ジュニア・オールブラックス
第2週
  • フィジー 8-57 ジュニア・オールブラックス
  • トンガ 17-20 日本
  • オーストラリアA 27-15 サモア
第3週
  • サモア 8-3 フィジー
  • トンガ 13-39 ジュニア・オールブラックス
  • オーストラリアA 71-10 日本
第4週
  • 日本 3-13 サモア
  • フィジー 15-21 トンガ
  • ジュニア・オールブラックス 50-0 オーストラリアA
第5週
  • サモア 50-3 トンガ
  • フィジー 14-14 オーストラリアA
  • 日本 3-51 ジュニア・オールブラックス

2008年の成績編集

順位 試合数 得点 失点 得失点差 BP 勝点
1 ニュージーランド・マオリ 5 5 0 0 134 62 +72 1 21
2 オーストラリアA代表 5 4 0 1 220 77 +143 4 20
3 サモア 5 2 0 3 95 117 -22 2 10
4 フィジー 5 2 0 3 94 117 -23 2 10
5 日本 5 1 0 4 121 181 -60 3 7
6 トンガ 5 1 0 4 71 181 -110 2 6

2009年の成績編集

順位 試合数 得点 失点 BP 勝点
1 ジュニア・オールブラックス 4 4 0 0 161 79 +82 3 19
2 フィジー 4 3 0 1 112 120 -8 2 14
3 サモア 4 2 0 2 91 64 +27 4 12
4 日本 4 1 0 3 96 145 -49 2 6
5 トンガ 4 0 0 4 79 131 -52 1 1

2010年の成績編集

順位 試合数 得点 失点 BP 勝点
1   サモア 3 2 0 1 78 63 +15 1 9
2   フィジー 3 2 0 1 72 77 -5 1 9
3   日本 3 2 0 1 65 68 -3 0 8
4   トンガ 3 0 0 3 84 91 -7 4 4

2011年の成績編集

順位 試合数 得点 失点 BP 勝点
1[2011nen 1]   日本 3 2 0 1 67 74 -7 2 10
2   トンガ 3 2 0 1 101 68 +33 2 10
3   フィジー 3 1 0 2 70 87 -17 1 5
4   サモア 3 1 0 2 71 80 -9 1 5
[ヘルプ]
  1. ^ 2チームの勝ち点が並んだ場合、その2チームの試合の勝者が上位となる。日本はトンガに勝利している。

2012年の成績編集

順位 試合数 得点 失点 BP 勝点
1   サモア 3 3 0 0 76 70 +6 0 12
2   フィジー 3 2 0 1 80 65 +15 2 10
3   トンガ 3 1 0 2 59 69 -10 1 5
4   日本 3 0 0 3 65 76 -11 4 4

2013年の成績編集

順位 試合数 得点 失点 BP 勝点
1   フィジー 4 3 0 1 109 59 +50 4 16
2   カナダ 4 3 0 1 85 70 +15 1 13
3   トンガ 4 2 0 2 93 96 -3 2 10
4   日本 4 2 0 2 79 82 -3 1 9
5   アメリカ合衆国 4 0 0 4 48 107 -59 1 1

2014年の成績編集

アジア・パシフィック・カンファレンス
順位 試合数 得点 失点 BP 勝点
1   日本 2 2 0 0 71 54 +17 1 9
2   アメリカ合衆国 2 1 0 1 67 72 -5 2 6
3   カナダ 2 0 0 2 60 72 -12 2 2
パシフィック・アイランド・カンファレンス
順位 試合数 得点 失点 BP 勝点
1   サモア 2 1 1 0 36 31 +5 0 6
2   フィジー 2 1 0 1 58 35 +23 2 6
3   トンガ 2 0 1 1 35 63 -28 0 2

2015年の成績編集

プールA(サモア、日本、トンガ)、プールB(フィジー、アメリカ、カナダ)
プールA対プールBの総当たり戦を行い(他プールの3ヵ国と試合)、総合順位の1位vs2位、3位vs4位、5位vs6位で順位決定戦を行う。

順位 試合数 得点 失点 BP 勝点
1   フィジー 3 2 1 0 87 74 +13 1 11
2   サモア 3 2 1 0 72 66 +6 1 11
3   トンガ 3 2 0 1 83 67 +16 0 8
4   日本 3 1 0 2 60 56 +4 2 6
5   アメリカ合衆国 3 1 0 2 58 72 -14 1 5
6   カナダ 3 0 0 3 44 69 -25 1 1
  • 決勝戦 フィジー 39-29 サモア
  • 3位決定戦 トンガ 31-20 日本
  • 5位決定戦 アメリカ 15-13 カナダ

2016年の成績編集

順位 試合数 得点 失点 BP 勝点
1   フィジー 2 2 0 0 49 34 +15 0 8
2   サモア 2 1 0 1 46 36 +10 0 4
3   トンガ 2 0 0 2 28 53 -25 1 1

2017年の成績編集

順位 試合数 得点 失点 BP 勝点
1   フィジー 4 4 0 0 101 60 +41 1 17
2   トンガ 4 1 0 3 68 93 -25 2 6
3   サモア 4 1 0 3 88 104 -16 1 5

2018年の成績編集

総当たりではなく、各国2試合ずつ対戦。フィジー×トンガ戦、サモア×ジョージア戦は実施せず。

順位 試合数 得点 失点 BP 勝点
1   フィジー 2 2 0 0 61 37 +24 2 10
2   トンガ 2 1 0 1 43 34 +9 1 5
3   ジョージア 2 1 0 1 31 52 -21 0 4
4   サモア 2 0 0 2 40 52 -12 1 1

2019年の成績編集

プールA(フィジー、トンガ、アメリカ)、プールB(サモア、日本、カナダ)
プールA対プールBの総当たり戦を行い(他プールの3ヵ国と試合)、総合順位を決定する。

順位 試合数 得点 失点 BP 勝点
1   日本 3 3 0 0 109 48 +61 3 15
2   フィジー 3 2 0 1 69 50 +19 1 9
3   アメリカ合衆国 3 2 0 1 80 63 +17 1 9
4   サモア 3 1 0 2 38 40 -2 2 6
5   トンガ 3 1 0 2 57 89 -32 1 5
6   カナダ 3 0 0 3 55 118 -63 1 1

脚注編集

  1. ^ “日本代表「7カ国対抗」参加も”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2011年10月26日). オリジナルの2011年10月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111028182812/http://www.sanspo.com/rugby/news/111026/rgd1110260501000-n1.htm 

関連項目編集

外部リンク編集