メインメニューを開く

ワールド碁チャンピオンシップ

ワールド碁チャンピオンシップ(ワールドごチャンピオンシップ)は、囲碁国際棋戦

第1回は2017年に行われ、日本中国韓国の代表棋士と、コンピュータ囲碁ソフトの代表の4選手によって行われ、囲碁AIが人間と混合の大会に出場することで注目を集めた。2018年第2回は、中華台北を加えた6名の棋士、2019年第3回は日中韓のシード棋士と、国際予選勝ち抜き者の8名よって行われた。

過去の成績編集

(決勝戦、左が優勝者)

第1回編集

2017年3月21-23日に大阪市の日本棋院関西総本部で行われ、各対局は、幽玄の間ニコニコ動画囲碁プレミアムYouTubeなどで生中継された。

出場選手と方式編集

  • 出場選手
  • 対戦は4選手の総当たりリーグ戦
  • ルールは日本ルール、コミは6目半
  • 持時間は各3時間、残り5分から秒読み

成績編集

朴廷 芈昱 DZG 井山 勝敗 順位
朴廷桓 - 3-0 1
芈昱廷 × - 2-1 2
DeepZenGo × × - 1-2 3
井山裕太 × × × × 0-3 4

第2回編集

2018年第2回は、日本、中国、韓国、中華台北のランキング上位棋士と、第1回優勝者朴廷桓の計6名の棋士が出場して、トーナメント戦で、3月17-19日に、日本棋院で行われた。

  • 主催 日本棋院
  • 協賛 NTTドコモ、三井住友カード、阪急電鉄、囲碁将棋チャンネル
  • 特別協力 日本経済新聞
  • 協力 日本航空、ドワンゴ
  • 優勝賞金 2000万円

ルール等は第1回に同じ。

成績編集

(左が勝者)

  • 1回戦 柯潔(中国) - 申眞諝(韓国)、山下敬吾(日本) - 王元均(中華台北)
  • 1回戦シード:朴廷桓(韓国)、井山裕太(日本)
  • 準決勝 朴廷桓 - 柯潔、井山裕太 - 山下敬吾
  • 決勝戦 朴廷桓 - 井山裕太

第3回編集

2019年第3回「ワールド碁チャンピオンシップ 2019」は、日本、中国、韓国のシード棋士、日本、中国、韓国、中華台北による国際予選勝ち抜き者(一般枠2名、シニア枠1名)、前回優勝者朴廷桓の計8名の棋士が出場して、トーナメント戦で、3月18-20日に、日本棋院で行われた。またエキシビションとして「囲碁AI+女流棋士」ペア碁マッチが4組のペアによって行われた。

ルール等は第1回に同じ。

成績編集

(左が勝者)

柯潔(中国) - 劉昌赫(韓国・シニア枠)、井山裕太(日本) - 江維傑(中国・一般枠)
  • 準決勝 朴廷桓 - 申眞諝、柯潔 - 井山裕太
  • 決勝戦 朴廷桓 - 柯潔

エキジビション編集

日本、中国、韓国、中華台北の4ヵ国地域の「囲碁AI+女流棋士」ペアにより、3月17日にペア碁のトーナメント戦で行われた。優勝賞金は60万円。

  • 1回戦 芮廼偉(中国)・GOLAXY - 楊子萱(中華台北)・CGI金彩瑛(韓国)・Dolbaram - 万波奈穂AQ
  • 決勝戦 芮廼偉・GOLAXY - 金彩瑛・Dolbaram

参考文献編集

外部リンク編集