ヴァイオリンソナタ

ヴァイオリンソナタは、通常ヴァイオリンを独奏楽器とする小編成の楽曲のことを指す。バロック期に2つのヴァイオリンと通奏低音の伴奏を持つトリオ・ソナタとして形式が確立され。その後ソロ・ヴァイオリンのためのソナタが主流となり、古典派期にはピアノとの二重奏の演奏形態によるソナタに発展した。ヴァイオリンのみによるソナタは「無伴奏ヴァイオリンソナタ」と呼ばれる(ピアノのみのソナタは無伴奏とは呼ばれない)。ソナタの形態としては「ピアノソナタ」に次いで一般的な形態である。

概要編集

バロックの時代のヴァイオリンソナタはコレッリが確立したトリオ・ソナタが主流であったが。コレッリの作品5『ヴァイオリン・ソナタ集』がヨーロッパのベストセラーとなったことにより。独奏ヴァイオリンによるソナタが主流となっていった。独奏ヴァイオリンにはしだいに高度な演奏技巧が用いられるようになった。バロック後期にはこのコレッリ形式のヴァイオリンソナタが全盛を極め、ヴィヴァルディタルティーニジェミニアーニといったヴァイオリンのヴィルトゥオーソ達によって非常に多数作曲された。それに対して18世紀後半になると、貴族や富裕市民の子女がチェンバロオルガンクラヴィコードの演奏を習う習慣が広がり、通奏低音として扱われてきた鍵盤楽器が主体となるヴァイオリン助奏つきの鍵盤楽器のためのソナタが作曲されはじめる。モーツアルトのヴァイオリン・ソナタと呼ばれる作品はすべてこのような鍵盤楽器のためのソナタである[1]古典派の時代になると鍵盤楽器がピアノへと発展したこともあってヴァイオリン助奏つきのピアノソナタも作曲されるようになった。しかしこの時代にもヴァイオリンが華麗に活躍するヴァイオリン独奏ソナタは作曲され続けた。ロマン派の時代になるとヴァイオリンとピアノを対等に扱った曲が主流になり、ヴァイオリンとピアノの対比と調和の妙が聴かせどころとなるようになった。ヴァイオリンは非常に華やかな音色で否応なしにピアノのそれに比べて遊離する。聴衆側にピアノが伴奏でしかないと評価されるのは楽器の構造自体に理由があり合奏が難しい所以である。音響的な工夫など奏者には課題が多い。

代表的な作品編集

バロック編集

古典派編集

ロマン派編集

近代編集

類似の形式を持つ楽曲編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『モーツァルト・ベスト101』石井 宏(編)、2004年、新書館p198-199

関連項目編集