メインメニューを開く

ヴァイオリン協奏曲第1番 (バルトーク)

バルトークの《ヴァイオリン協奏曲 第1番》BB 48aは、1907年ごろから1908年に作曲された、最初のヴァイオリン協奏曲楽章構成において伝統から逸脱しており、2楽章で構成されている。

概説編集

女性ヴァイオリニストシュテフィ・ゲイエルに献呈されている。しかし彼女は本作を演奏することなく楽譜を封印したため、生前に世に出ることはなかった。バルトークは第1楽章を改作して『2つの肖像』の第1曲とした。

バルトークとゲイエルの死後、コピーがパウル・ザッハーへと渡り、1956年にようやく出版された。そして、1958年5月30日バーゼルでザッハーの指揮、ハンスハインツ・シュネーベルガーの独奏により遺作として初演され、『第1番』と呼ばれるようになった。

楽器編成編集

演奏時間編集

約22分(各10分、12分)

楽章構成編集

  1. Andante sostenuto
  2. Allegro giocoso

参考文献編集

  • Mason, Colin (1958). "Bartók's Early Violin Concerto". Tempo, new series, no. 49 (Autumn): 11–16.
  • Ujfalussy, József (1971). "Is Bartók's Concerto for Violin Really His Second?" Studia Musicologica Academiae Scientiarum Hungaricae 13, Fasc. 1/4:355–56.

外部リンク編集