メインメニューを開く

ヴァイオリン協奏曲 (メンデルスゾーン)

メンデルスゾーン作曲の協奏曲

ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64Violinkonzert e-moll Op.64)は、メンデルスゾーン1844年に作曲したヴァイオリン管弦楽のための協奏曲である。

音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Violin_Concerto_in_E-minor, Felix_Mendelssohn - ギル・シャハムの独奏Vnおよびシンガポール交響楽団による演奏《指揮者名無記載》。シンガポール交響楽団公式YouTube。
Mendelssohn - Violin_Concerto_in_E minor,_Op.64 - クルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による演奏《独奏Vnのフランク=ミヒャエル・エルベン(Frank-Michael Erben)は同楽団コンサートマスター》。EuroArts公式YouTube。
Mendelssohn_Violin_Concerto_in_E-minor,_Op.64 - レイ・チェン(Ray Chen)の独奏Vnケント・ナガノ指揮エーテボリ交響楽団による演奏。当該Vn独奏者自身の公式YouTube。

目次

概要編集

明るい華やかさ、幸福感と憂愁の両面を併せもち、穏やかな情緒とバランスのとれた形式、そして何より美しい旋律で、メンデルスゾーンのみならずドイツ・ロマン派音楽を代表する名作であり、本作品は、ベートーヴェンの作品61ブラームスの作品77と並んで、3大ヴァイオリン協奏曲と称される。

メンデルスゾーンは本作品以前にもう一曲、ニ短調のヴァイオリン協奏曲を作曲している。ただしニ短調の協奏曲は1951年にヴァイオリニストのユーディ・メニューインが再発見するまで永い間忘れられており、本作品(ホ短調のヴァイオリン協奏曲)とは知名度に大きな差がある。またピアノ協奏曲(第1番第2番)や2台のピアノのための協奏曲(ホ長調変イ長調)、ヴァイオリンとピアノのための協奏曲など、メンデルスゾーンのその他の協奏曲は、いずれも本作品のような知名度はない。単に「メンデルスゾーンのコンチェルト(協奏曲)」と言う場合、本作品以外の協奏曲を指すことがほとんどないため、日本の音楽愛好家はこれを短縮した『メン・コン』の愛称で本作品を呼び習わしている。

作曲の経緯編集

本作について最初に言及されているのは、1838年、メンデルスゾーンがライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の常任指揮者の地位にあった時、そのコンサート・マスターであったフェルディナント・ダヴィッドに送った手紙で、翌年の冬までにはホ短調の協奏曲を贈る、との内容が書かれている。しかし、実際に翌年には完成せず、演奏上の技術的な助言をダヴィッドから得ながら作曲は進められ、結局この作品が完成したのは、最初の手紙から6年後の1844年9月16日のことであった。

ピアノ協奏曲ホ短調編集

メンデルスゾーンは、1842年から44年ごろにかけてホ短調のピアノ協奏曲の作曲を試みたが、2楽章までのピアノスコアと第1楽章冒頭のオーケストレーションに手を染めたところで中断してしまう。この曲は、ヴァイオリン協奏曲と調性が同じであり、類似点が多く指摘されていることから、メンデルスゾーンは同曲作曲の途中でヴァイオリン協奏曲に移行したのではないかと考えられている。アメリカのメンデルスゾーン研究家R. Larry Toddはこの考えに基づき、第1・2楽章のオーケストレーションと共にヴァイオリン協奏曲の第三楽章を転用した補筆版を発表しており、CDもリリースされている。

初演編集

1845年3月13日ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏会にて。フェルディナント・ダヴィッドのソロヴァイオリン、指揮はメンデルスゾーンの体調不良のため副指揮者ニルス・ゲーゼが行った。最初は作曲者自身が指揮を執る予定であったが体調を崩し、初演の際にはフランクフルトに滞在していた。

楽器編成編集

演奏時間編集

約30分。

作品の内容編集

3つの楽章からなっているが、これらを中断なく続けて演奏するよう指示されている。しかし、それは後年シベリウス交響曲に見られるような有機的なつながりによるものではなく、各楽章の楽想はむしろ独立性が強い。連続して演奏するようにという指定は、作品の持つ流動感や漸進性を中断させないための配慮であると考えられている。これはメンデルスゾーンのピアノ協奏曲第1番にも応用されている。
また、それまでは奏者の自由に任されることが多かったカデンツァ部分も全て作曲し、音を書き込んでいる。これはベートーヴェンピアノ協奏曲第5番「皇帝」と同様、曲の統一性のためである。3大ヴァイオリン協奏曲の中では演奏時間が最も短く、オーケストラが活躍する場面が多くない一方で独奏ヴァイオリンがほぼ弾きっぱなしであるうえ、技巧的にも3大ヴァイオリン協奏曲の中ではブラームスの作品77と並んで困難である。作曲家の諸井誠は、同曲を収録したLP「これがメンルスゾーンだ!」(1974年CBSソニー)解説で、高名な海外ヴァイオリニスト(名は伏せてある)が来日して学生たちと「史上最高のヴァイオリン協奏曲は?」の話題になった際、ベートーヴェンを「最高の音楽だが最高の協奏曲ではない」、ブラームスを「ヴァイオリン独奏付の交響曲でしかない」、チャイコフスキーを「メンデルスゾーンに酷似しすぎている」と退けたあげくに同曲を押したエピソードを紹介、独奏パートがとりわけ奏者から愛されていることを示唆している。
 
第1楽章第1主題

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
第1楽章 アレグロ・モルト・アパッシオナート ホ短調
ソナタ形式 13分ー14分。オーケストラによる序奏が無く、上述の通りほぼ休むことなく独奏ヴァイオリンが主題を提示している。弦楽器の分散和音に載って独奏ヴァイオリンが奏でる流麗優美な第1主題は、大変有名な旋律で、商業放送などで親しまれている。旋律に続いて独奏ヴァイオリンが技巧的なパッセージを奏で、オーケストラが第1主題を確保する。続いて力強い経過主題が表れ、独奏ヴァイオリンが技巧を誇示する。第2主題は木管楽器群で穏やかに提示される。これを独奏ヴァイオリンが引き継ぎ、その後展開部となる。展開部の終わりにカデンツァが置かれていることもこの作品の特徴であり、その音符が全て書き込まれているのも、この時代としては画期的なことであった。しかもアルペッジョが多用され、パガニーニ24の奇想曲第1番に強く類似していて華々しい。カデンツァの後で再現部となり、最後に長いコーダが置かれている。ここで独奏ヴァイオリンが華やかな技巧的な音楽を繰り広げ、最後は情熱的なフラジオレットで高潮して終わる。
 
第2楽章主題

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
第2楽章 アンダンテ ハ長調
三部形式 8分ー9分。第1楽章からファゴットが持続音を吹いて第2楽章へと導く。主部主題は独奏ヴァイオリンが提示する優美な主題。中間部はやや重々しい主題をオーケストラが奏で、これを独奏ヴァイオリンが引き継ぐ。その後はしばらく重音が続き、第二楽章の主部に戻る。


 
第3楽章主部第1主題

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
第3楽章 アレグレット・ノン・トロッポ 〜 アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ ホ短調→ホ長調
ソナタ形式 6分ー7分。楽章の始めに第2楽章の中間部の主題に基づく序奏が置かれている。主部に入るとホ長調に転じて管楽器とティンパニが静寂を破り独奏ヴァイオリンが第1主題の断片となる軽快な動機を繰り返すが、5度目に第1主題として演奏を始める。技巧的な経過句を軽やかに抜け力強い第2主題へ至る。初めオーケストラにより提示された第2主題はオーケストラがそれを変形する上で独奏ヴァイオリンによって確保される。展開部では独奏ヴァイオリンによる第1主題の後、新たな荘重な主題が提示される。展開部はこの二つの主題を軸に音楽が進んでゆく。再現部はホ長調による型通りのもの。最後に華々しいコーダが置かれ全曲の幕を閉じる。

その他編集

脚注編集

  1. ^ "「そして街中に音楽が飛び出した」~逆転のカセットテープ". プロジェクトX~挑戦者たち~. NHK総合. 2005年2月15日放送. 該当時間:30 2005年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。 2017年1月21日閲覧。

外部リンク編集