ヴァイキング・スター

ヴァイキング・スターViking Star)は、ヴァイキング・オーシャン・クルーズ(en:Viking Cruises)が運航しているクルーズ客船。船籍はノルウェーで、ベルゲンを船籍港にしている[4]

ヴァイキング・スター
MS Viking Star passing the O2 dome.JPG
基本情報
船籍 ベルゲン, ノルウェーの旗 ノルウェー
所有者 Viking Ocean Cruises
運用者 Viking Ocean Cruises
経歴
発注 2012年7月[1]
起工 2013年12月18日[2]
進水 2014年6月23日[3]
竣工 2015年3月28日[4]
要目
総トン数 47,800 トン[4]
全長 227.2 m[4]
28.8 m[4]
喫水 6.3 m[4]
主機関 ディーゼル・エレクトリック[4]
速力 20.0ノット[4]
旅客定員 930名[4]
乗組員 602
テンプレートを表示

概要編集

リバー・クルーズ大手のヴァイキング・リバー・クルーズは2013年に外洋クルーズ部門のヴァイキング・オーシャン・クルーズを設立し、最初の運航船としてヴァイキング・スター級を新造、 本船はその1番船として2015年3月28日イタリアのフィンカンティエリ社マルゲラ工場で竣工した[4]。船価は2億5千万ユーロ[5]。 客室数は465室で、全てがバルコニー付きである[4]。4月11日よりイスタンブール発のデビュー・クルーズを行い、5月17日にノルウェーの憲法記念日に合わせてベルゲンで命名式を行った[4]。本船を含む同型船が2019年5月現在5隻運用されており、5番船のヴァイキング・オリオン[6]が2019年4月から5月にかけて鹿児島港及び長崎港広島港天保山客船ターミナル[7]清水港を経て東京の晴海ふ頭[8]に初入港した。

同型船編集

2027年までに16隻が建造される予定(計画の細部については英語版を参照)

  • 2番船 「ヴァイキング・シー(Viking Sea)」- 2016年就航
  • 3番船 「ヴァイキング・スカイ(Viking Sky)」- 2017年就航
  • 4番船 「ヴァイキング・サン(Viking Sun)」- 2017年就航
  • 5番船 「ヴァイキング・オリオン(Viking Orion)」- 2018年就航[9]
  • 6番船 「ヴァイキング・スピリット(Viking Spirit)」- 2019年就航[10]
  • 7番船 「ヴァイキング・ジュピター (Viking Jupiter)」 - 2020年就航予定[11]
  • 8番船 「ヴァイキング・ヴィーナス(Viking Venus)」 - 2021年就航予定

参考文献編集

  • 海人社『世界の艦船』2014年9月号 No.803
  • 海人社『世界の艦船』2015年7月号 No.818
  • 海人社『世界の艦船』2015年8月号 No.820

脚注編集

  1. ^ FINCANTIERI AND VIKING SIGN A CONTRACT FOR THE CONSTRUCTION OF TWO CRUISE SHIPS” (2012年7月12日). 2017年1月30日閲覧。
  2. ^ Fincantieri Lays Keel for Viking Cruises’ New Ship”. World Maritime News. 2013年12月20日閲覧。
  3. ^ 『世界の艦船』2014年9月号、p.129
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 『世界の艦船』2015年8月号、p.126
  5. ^ 『世界の艦船』2015年7月号、p.151
  6. ^ 一部都市の入港情報等サイトによっては「バイキング・オライオン」と表現するものもある
  7. ^ クルーズ客船入港情報(2019年5月)
  8. ^ バイキング・オリオン、東京・晴海埠頭に初入港へ 歓迎演奏も開催
  9. ^ バイキング・オリオン_フネコ
  10. ^ バイキング・スピリット
  11. ^ バイキング・ジュピター