メインメニューを開く

ヴィーキング級潜水艦英文:Viking class submarine)はスウェーデン海軍がかつて開発中だった次世代の通常動力攻撃型潜水艦

ヴィーキング級潜水艦
基本情報
種別 潜水艦
建造所 ヴィーキング潜水艦会社
運用者  ノルウェー海軍
 スウェーデン海軍
 デンマーク海軍
計画数 10隻
建造数 0隻 (計画中止)
要目
排水量 1,100–1,700 t (1,083–1,673英トン)[1]
長さ 52 - 60 m
6.7 m
高さ 11 m
高さ 11 m
推進器 スターリング 非大気依存推進 (AIP)
速力 水上航行時: 11ノット
潜行時: 23ノット
乗員 22 - 28人
兵装 多目的ホーミング魚雷
巡航ミサイル
ASW魚雷
機雷撹乱装置
その他 最大100%潜行運用可能
テンプレートを表示

概要編集

元々は、デンマークノルウェーを含む3ヶ国共同開発プロジェクトであった。1997年に計画が始まり、2009年から2016年にかけて、スウェーデン2隻、デンマーク4隻、ノルウェー4隻の取得を予定してプロジェクトが進められたが、財政難のためノルウェーとデンマークが脱退を表明したため、プロジェクトの先行きは不透明で、その後中止された[2][3][4]

開発はゴトランド級潜水艦コリンズ級潜水艦を参考に行われ、非大気依存推進機関(AIP)としてスターリングエンジンを採用している。また、秘匿性も向上しており、兵器の種類も魚雷機雷だけでなく巡航ミサイルも装備。水中行動可能時間は従来の倍程度とされるので、おそらく1ヶ月ほど連続して潜航を続けることが可能であると考えられる。

コックムス造船所では中止されたヴィーキングの技術を流用して新しい潜水艦の建造を計画している。この計画はA26と呼ばれる[2]

スウェーデン海軍は2015年に初期の2隻の潜水艦を新しい2隻のヴィーキング級で置き換える予定だった[5]。スウェーデンは防衛予算の50%を購入に使う予定だった[6]

諸元(予定)編集

  • 排水量:1,350t~1,650t
  • 全長:50m~60m
  • 全幅:6.7m
  • 全高:11m
  • 速度:不明
  • 航続距離:不明
  • 兵装:魚雷、機雷、巡航ミサイル
  • 乗員:20~22名

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

  • Kockums造船
  • Nuclear Threath Initiative: Submarine profileration, Sweden
  • Försvaret: Ubåten Näcken säljs till Danmark
  • Sveriges Television, Framtidens ubåt i Sverige
  • Sveriges Television, Kockums får nya tyska ägare
  • Forsvarets forskningsinstitut: Användarrapport: De nordiska ländernas försvarsmakter, några jämförelser, 2007, ISSN 1650-1942,PDF