ヴァシリー・アレクサンドロヴィチ (リャザン公)

ヴァシリー・アレクサンドロヴィチロシア語: Василий Александрович、? - 1351年)は、14世紀半ばのルーシの公(クニャージ)である。プロンスク公リャザン大公:? - 1349年。

ヴァシリー・アレクサンドロヴィチ
Василий Александрович
プロンスク公
リャザン大公
在位 プロンスク公:1342年 - 1344年
リャザン大公:? - 1349年

死去 1351年
家名 リューリク家
父親 リャザン公アレクサンドル / プロンスク公アレクサンドル
テンプレートを表示

プロンスク公アレクサンドルの子であるという説と[1]、リャザン大公アレクサンドルの子であるという説[2]がある。

子孫に関しては不明である。

出典編集

  1. ^ Л.Войтович КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ
  2. ^ Происхождение князя Олега Ивановича Рязанского

参考文献編集

  • Андреев А., Корсакова В. Рязанские князья // Русский биографический словарь : в 25 томах. — СПб.—М., 1896—1918.
先代
ヤロスラフ・アレクサンドロヴィチ
プロンスク公
1342年 - 1344年
次代
イヴァン・アレクサンドロヴィチ
先代
イヴァン・アレクサンドロヴィチ
リャザン大公
? - 1349年
次代
オレグ・イヴァノヴィチ