ヴァシリー・クジエフ

ヴァシリー・ミハイロヴィチ・クジエフロシア語: Василий Михайлович Куджиев1890年1月5日 - 1976年11月30日)は、ロシアの革命家、ソビエト連邦の政治家・法曹。

ヴァシリー・ミハイロヴィチ・クジエフ
Василий Михайлович Куджиев
КуджиевВ.М(1889-1976).jpg
生年月日 (1890-01-05) 1890年1月5日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国オロネツ県ロシア語版オロネツ郡ロシア語版ボリシエ・ゴールィロシア語版
没年月日 (1976-11-30) 1976年11月30日(86歳没)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian SFSR.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国レニングラード
出身校 ペトログラード大学法学部ロシア語版卒業
前職 弁護士
所属政党ロシア社会民主労働党国際派→)
ボリシェヴィキ→)
ソビエト連邦共産党

在任期間 1921年 - 1922年

Flag of the Russian SFSR (1918-1920).svg 全連邦共産党(ボ)アルハンゲリスク県委員会
責任書記(代行)
在任期間 1926年1月 - 7月

Flag of Russia.svg ロシア共和国ロシア・ソビエト共和国
オロネツ県ソビエト執行委員会議長
在任期間 1917年5月 - 1918年1月4日
テンプレートを表示

生涯編集

1890年1月5日ユリウス暦1889年12月24日)[1]ロシア帝国オロネツ県ロシア語版ボリシエ・ゴールィロシア語版で、教師の父と農婦の母との間に生まれたカレリア人[2]ペトロザヴォーツク中等学校在学中の1905年に革命運動に関わり始め[3]1907年から社会民主主義組織「オロネツ県支援委員会」に参加し、地下出版・宣伝や政治亡命者のための資金調達活動に従事[2]。同年秋からロシア社会民主労働党ペトロザヴォーツク支部で「アントン」の党名で活動していたが、翌1908年に逮捕され中等学校も放校された[2]1915年ペトログラード大学法学部ロシア語版を卒業し[1]、翌1916年にはペトログラードの第6予備技術大隊に配属されていた[2]

二月革命まではペトログラードで弁護士をしていたが[4]1917年からロシア社会民主労働党国際派 (ru) 中央委員会メンバーとなり、5月から翌1918年1月4日までオロネツ県ソビエト執行委員会議長を務めた[1]1919年5月からモスクワボリシェヴィキ鉄道地区委メンバーとなり、パヴェレツ線 (ru) で宣伝活動を行う[2]。同年にはロシア社会主義連邦ソビエト共和国鉄道輸送人民委員部 (ru) でも働いた[2]。同時期には『コミュニスト』紙編集者も務めた[3]。翌1920年5月にボリシェヴィキ中央委の命によりペトロザヴォーツクに派遣され[2]、8月7日から翌1921年2月19日までカレリア革命委員会メンバーとなる[1]。1921年には党カレリア・オロネツ県委煽動・宣伝部部長を務め[1]、同時期には教育部部長、革命裁判所長官や民族問題人民委員部カレリア人代表、州執行委員、ペトロザヴォーツク市煽動・宣伝部部長も務めた[2]第10回党大会ロシア語版にも出席[2]

同年から翌1922年までは党カレリア労働コミューン州委責任書記を務め[1]、コミューンではソビエト執行委副議長に選出されている[2]。しかし1922年6月13日には党中央委シベリア局 (ru) によってオムスク県に送られた[3]。翌1923年8月から1926年10月まで党アルハンゲリスク県委アジテーション・プロパガンダ部部長を務め、同年1月から7月にかけては同県委責任書記を代行[1]。1926年からはレニングラードの法科大学に勤務し[2]、同年10月から1934年までレニングラード州副検事長とスターリン産業アカデミー (ru)・レニングラード支部副学長を、1934年から翌1935年まで学長を務めた[1]1938年2月からレニングラード州弁護士会会員となり、1941年から会長となった[1]

しかし、1949年レニングラード事件に連座して逮捕され、翌1950年8月13日に懲役10年の判決を受けた[2]。その後、1954年名誉回復ロシア語版[2]1956年から年金生活に入り、1976年11月30日にレニングラードで死去した[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i Куджиев Василий Михайлович”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. 2018年3月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n Куджиев Василий Михайлович”. Национальная библиотека Республики Карелия. 2018年3月3日閲覧。
  3. ^ a b c “Куджиев Василий”. Петрозаводск ГОВОРИТ. https://ptzgovorit.ru/encyclopedia/kk/kudzhiev-vasilii 2018年3月3日閲覧。 
  4. ^ "Приказъ за Губернскаго Комиссара Временнаго Правительства, Помощиника его" (газета) (56) (Олонецкія губернскія вѣдомости ed.). Петрозаводск. 27 мая 1917: 1. Cite journalテンプレートでは|journal=引数は必須です。 (説明); |year=|date=の日付が不正です。 (説明)
党職
先代:
なし
  ロシア共産党(ボ)カレリア労働コミューン州委員会責任書記
1921年 - 1922年
次代:
ヨハン・ヤルヴィサロ
先代:
ヴァシリー・シュニャコフ
  全連邦共産党(ボ)アルハンゲリスク県委員会責任書記
代行
1926年1月 - 7月
次代:
ダヴィド・ベイカ
公職
先代:
なし
  ロシア共和国オロネツ県ソビエト執行委員会議長
11月7日からロシア・ソビエト共和国
1917年5月 - 1918年1月4日
次代:
ヴァレンチン・パルフョーノフ