ヴァシル・キリエンカ

ヴァシル・キリエンカベラルーシ語: Васіль Кірыенкаラテン文字翻記例: Vasil Kiryienka, Vasili Kiryienka、1981年6月28日- )は、ベラルーシ・リチェザ出身の元自転車競技選手。

ヴァシル・キリエンカ
Vasil Kiryienka
Cycling (road) pictogram.svg
2018 Tour of Britain stage 8 - stage combativity award Vasil Kiryienka.JPG
個人情報
本名 Васіль Кірыенка
ヴァシル・キリエンカ
生年月日 (1981-06-28) 1981年6月28日(40歳)
国籍  ベラルーシ
身長 183cm
体重 72kg
チーム情報
所属 引退
分野 ロードレース & トラックレース
役割 選手
特徴 パンチャー
タイムトライアルスペシャリスト
プロ所属チーム
2006
2006
2007–2008
2009-2010
2011-2012
2013-2020
OTC・ドールス
リエトゥム・バンク
ティンコフクレジットシステム
ケス・デパーニュ
チーム・モビスター
スカイプロサイクリング
チームスカイ
チーム・イネオス
グランツール最高成績
主要レース勝利
世界選手権 ポイントレース(2008),タイムトライアル(2015)
ヨーロッパ競技大会 個人TT(2015,2019)
 ベラルーシ選手権 個人TT(2015,2019)
ジロ・デ・イタリア 通算3勝
ルート・デュ・スュド(2011)
ブエルタ・ア・エスパーニャ通算1勝
 
獲得メダル
 ベラルーシ
男子 自転車競技
世界選手権自転車競技大会
2008 マンチェスター ポイント
2015 リッチモンド ITT
2006 ボルドー ポイント
2012 リンブルフ ITT
2013 トスカーナ TTT
最終更新日
2020年1月31日

来歴編集

ロードレーストラックレースの両方で実績を残した。トラックレースでは2008年マンチェスターで開催された世界自転車選手権のポイントレースにおいて、フランスクリストフ・リブロンの終盤の猛追を1ポイント差退けて優勝。同種目の北京オリンピック出場権を獲得した。

ロードレースにおいては、タイムトライアル系での実績が目立つが、最近では山岳レースでも活躍しており、標高1828mのデル・ヴィヴォーネ峠などを越えるコース設定が施された、2008年ジロ・デ・イタリアの第19ステージを制し、同レースの山岳賞部門ではエマヌエーレ・セッラに次いで2位に入った。

2007-2008年はティンクオフ・クレジットシステム所属。

2009年からアミーカチップス・クナウフに移籍すると見られていたが、2008年12月にケス・デパーニュ(現 モビスター)への移籍が発表された。

2011年ジロ・デ・イタリアではフィネストレ峠やセストリエーレ峠が組み込まれた第20ステージで勝利し、 5日前に不慮の事故で命を落としたチームメートのシャビエル・トンドにその勝利を捧げた。

2013年、チーム・スカイに移籍。

2019年3月、スクリーニング検査により心臓疾患が見つかったことを発表[1]。しばらくレースから離れていたが、4月のツール・ド・ロマンディで復帰。

2020年1月30日、心臓疾患に関する医学的アドバイスを受け、現役引退[2]

主な戦績編集

2002年編集

  •   ベラルーシ国内選手権 個人タイムトライアル(ITT)優勝

2005年編集

  •   ベラルーシ国内選手権 ITT優勝
  • トラックワールドカップ(マンチェスター) ポイント優勝
  • コッパ・デッラ・パーチェ 優勝
  • ジロ・デル・カセンティーノ 優勝

2006年編集

2007年編集

2008年編集

2010年編集

2011年編集

2012年編集

2013年編集

2014年編集

2015年編集

2016年編集

2018年編集

  •   ベラルーシ国内選手権 個人タイムトライアル(ITT)優勝

2019年編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Kiryienka diagnosed with 'cardiac anomaly'”. cyclingnews (2019年3月15日). 2020年1月31日閲覧。
  2. ^ Kiryienka retires due to recurring 'cardiac issues'”. cyclingnews (2020年1月30日). 2020年1月31日閲覧。

外部リンク編集