ヴァシーリー・ゴロヴニーン

ロシアの航海士

ヴァシーリイ・ミハーイロヴィチ・ゴロヴニーンロシア語: Васи́лий Миха́йлович Головни́н, ラテン文字転写: Vasilii Mikhailovich Golovnin1776年4月19日ユリウス暦4月8日) - 1831年7月11日(ユリウス暦6月29日)[1])は、ロシア帝国ロマノフ朝)の海軍軍人探検家学者

ヴァシーリイ・ゴロヴニーン
Василий Михайлович Головнин, Vasilii Mikhailovich Golovnin
GolovninB&W.jpg
ゴロヴニーンの肖像
生誕 1776年4月19日
死没 1831年7月11日
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

表記揺れ編集

姓はゴロヴニン、ゴローヴニン、ゴロブニン、ゴローブニン、ゴローニン、ゴロウニン、ゴローウニン、名はヴァシーリイ、ヴァシーリー、ヴァシリー、ワシーリー、ワシリー、ワーシリーなど、表記揺れが激しい。最も一般的なゴローニンは「ゴロヴニン」の「ヴ」の濁点が欠落し「ゴロウニン」と表記されたことによる。

人物・来歴編集

1807年から1809年にかけディアナ号で世界一周航海に出て、クリル諸島の測量を行なう。1811年、軍により千島列島の測量を命じられ、自らが艦長を務めるディアナ号で択捉島国後島を訪れる。しかし国後島にて幕府役人調役奈佐瀬左衛門に捕縛され、箱館で幽閉される。ゴロヴニーンは幽閉中に間宮林蔵に会見し、村上貞助や上原熊次郎にロシア語を教えたりもした。

1813年、ディアナ号副艦長ピョートル・リコルドロシア語版の尽力により、ロシア側が捕らえた高田屋嘉兵衛らの日本人を解放するのと引き換えにゴロヴニーンは解放された(ゴローニン事件)。帰国後の1816年に日本での幽閉生活を『日本幽囚記』という本にまとめ、この本はヨーロッパの広範囲で読まれた。1825年には日本でもオランダ本から訳された『遭厄日本紀』が出版された。同書は、ニコライ・カサートキンが日本への正教伝道を決意するきっかけとなったことでも知られる。1817年から1819年にかけてカムチャツカ号で再度世界一周航海に出た。

1823年、海軍主計総監に任命され海軍中将に就任。ロシア初の蒸気船を含む200以上の船舶を造った。またフェルディナント・フォン・ウランゲルを始めとする数々のロシア人探検家たちの良き指導者でもあった。

1831年、コレラで死去。55歳没。

アドルフ・ムシュク (1934年生まれ)は、2012年出版の長篇小説『レーヴェンシュテルン』(Löwenstern)の I Vorspiel.Portsmouth.(前奏 ポーツマス)において、ゴロヴニンとリコルドの若い時代の英雄的行為を描いている[2]

著書(日本語訳)編集

ゴロヴニーンを描いた作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Vasily Mikhaylovich Golovnin Russian naval officer Encyclopædia Britannica
  2. ^ Adolf Muschg: Löwenstern. München : C.H. Beck 2012 (ISBN 978 3 406 63951 7), S. 11-50.

関連項目編集

外部リンク編集