メインメニューを開く

ヴァディム・アブラモフ

サッカー選手

ヴァディム・アブラモフ (英語: Vadim Abramov1953年2月6日 - ) は、ウズベキスタンアルメニアプロサッカー選手、サッカー指導者。アゼルバイジャンバクー出身[1]。2010年から2012年6月までサッカーウズベキスタン代表監督を務めていた。

ヴァディム・アブラモフ Football pictogram.svg
Vadim Abramov.jpeg
名前
本名 Vadim Abramov
基本情報
国籍 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
生年月日 (1953-02-06) 1953年2月6日(65歳)
出身地 バクー
監督歴
チーム
2003-2007 トラクトル・タシュケント
2005-2008  ウズベキスタン (コーチ)
2008-2010 ロコモティフ・タシュケント
2010-2012  ウズベキスタン
2013 FCアスタナ
2014-2015 ロコモティフ・タシュケント
2017- ネフチ・フェルガナ
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

監督歴編集

アブラモフは2003年から2005年までトラクトル・タシュケントの監督を務めていた。2004年、クラブはウズベキスタン・カップで準優勝し、翌年の2005年にはウズベク・リーグで4位の成績を挙げた。2006年、彼はロコモティフ・タシュケントの監督に就任した。ロコモティフ・タシュケントは2009年に6位に入った。2010年4月6日、アブラモフはサッカーウズベキスタン代表監督の打診を受け、ミルジャラル・カシモフに代わって代表監督に就任した[2]

彼はAFCアジアカップ2011でウズベキスタン代表で指揮をとった。

AFCアジアカップの開幕戦となったカタール戦では開催国を2-0で破った。

グループリーグA組を1位で突破して準々決勝に進出、ヨルダンと対戦した[3]ヨルダンを2-1で下して準決勝に駒を進めたが、準決勝ではオーストラリアに敗れ3位決定戦に回った[4][5]。3位決定戦では韓国代表と対戦したが、2-3で敗れ4位に終わった[6]。2012年6月4日、タシュケントで行われた2014 FIFAワールドカップ・アジア予選4次予選初戦のイランにおいて0-1で敗れた後、アブラモフは代表監督を辞任した[7]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ Vadim Abramov Hopes Uzbekistan Live Up To AFC Cup Expectations”. Goal.com (2010年4月9日). 2012年12月21日閲覧。
  2. ^ Abramov takes over reign of Uzbekistan national team”. Uzdaily.com. 2012年12月21日閲覧。
  3. ^ Asian Cup 2011: It Was Uzbekistan's 'Destiny' To Reach Quarter Finals - Vadim Abramov”. goal.com (2011年1月17日). 2012年12月21日閲覧。
  4. ^ Uzbekistan vs. Jordan 2 - 1”. soccerway.com (2011年1月21日). 2012年12月21日閲覧。
  5. ^ Uzbeks hit for six as Aussies reach final”. ESPN Soccernet (2011年1月25日). 2012年12月21日閲覧。
  6. ^ Uzbekistan 2-3 South Korea”. Goal.com (2011年1月28日). 2012年12月21日閲覧。
  7. ^ Vadim Abramov resigns as Uzbekistan coach” (ロシア語). UzDaily.com (2012年6月4日). 2012年12月21日閲覧。

外部リンク編集