ヴァルター・ショットキー

ヴァルター・ショットキー(Walter Schottky または Schottki、1886年7月23日 - 1976年3月4日)はドイツ物理学者ショットキー効果ショットキー接合ショットキー欠陥などに名前を残している。

チューリッヒに生まれる。ベルリン大学を卒業した後、大学で研究を継続する一方、民間会社であるジーメンス-ハルスケの研究所においても、実用的な研究を行った。1915年には、4極管をジーメンスの研究所で発明した。

1920年から1922年までヴュルツブルク大学で、1923年から1927年までロストック大学で教鞭を執った[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Walter Schottky Encyclopædia Britannica

関連項目編集

外部リンク編集