メインメニューを開く

ヴァル・リュートン(Val Lewton、1904年5月7日 - 1951年3月14日)は、アメリカ合衆国映画プロデューサー。『キャット・ピープル』を手がけたことで知られている[2]

ヴァル・リュートン
Val Lewton
本名 Vladimir Ivan Leventon[1]
生年月日 (1904-05-07) 1904年5月7日
没年月日 (1951-03-14) 1951年3月14日(46歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国 ヤルタ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画プロデューサー
ジャンル 映画
テンプレートを表示

経歴編集

1904年5月7日、ヤルタに生まれる[3]。サイレント映画時代に活躍した女優のアラ・ナジモヴァは母方の叔母にあたる。1909年、家族とともにアメリカ合衆国へ移り住む[1]コロンビア大学を卒業した[3]

ジャーナリストや小説家の職を経たのち、MGMにてデヴィッド・O・セルズニックの作品に関わる[1]。1942年より、RKOにて低予算のホラー映画を製作する[1]。当時は編集技師だったマーク・ロブソンロバート・ワイズを監督に起用した[1]。また、ジャック・ターナーと最良のパートナーシップを発揮しており、ターナー監督の『キャット・ピープル』は、オーソン・ウェルズ監督の『市民ケーン』と『偉大なるアンバーソン家の人々』の興行的な失敗で破綻しかけていたRKOの経営を救うことになる[1]。一方、ホラー以外の製作作品では、必ずしもスタジオの期待に応えられたわけではなかった[1]

1951年3月14日、ロサンゼルスにて死去[3]。心臓発作による46歳という若さでの死だった[1]。『アパッチの太鼓』が遺作となった[4]

フィルモグラフィー編集

長編映画編集

  • キャット・ピープル Cat People (1942年) - 製作
  • 私はゾンビと歩いた! I Walked with a Zombie (1943年) - 製作
  • レオパルドマン 豹男 The Leopard Man (1943年) - 製作
  • キャット・ピープルの呪い The Curse of the Cat People (1944年) - 製作
  • ナチスに挑んだ女 Mademoiselle Fifi (1944年) - 製作
  • 死体を売る男 The Body Snatcher (1945年) - 製作・脚本
  • 吸血鬼ボボラカ Isle of the Dead (1945年) - 製作
  • 恐怖の精神病院 Bedlam (1946年) - 製作・脚本
  • アパッチの太鼓 Apache Drums (1951年) - 製作

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h Gifford, Barry (2006年4月7日). “The prince of Poverty Row”. The Guardian. 2015年8月25日閲覧。
  2. ^ Longworth, Karina (2010年2月18日). “Shutter Island's Source Material on YouTube”. LA Weekly. 2015年8月25日閲覧。
  3. ^ a b c Eder, Bruce. “Val Lewton - Overview”. AllMovie. 2015年8月25日閲覧。
  4. ^ Barrett, Alex (2017年3月28日). “Where to begin with Val Lewton”. British Film Institute. 2017年11月20日閲覧。

外部リンク編集