ヴァレリオス・スタイス

ヴァレリオス・スタイスが1901年に沈没船から発見したアンティキティラ島の機械

ヴァレリオス・スタイス: Βαλέριος Στάης, : Valerios Stais, 1857年-1923年)は、ギリシャ考古学者である。

生涯編集

1857年にキティラ島で生まれたスタイスは、アテネ医学を学んだ後にドイツ考古学を学んだ。彼はギリシャに拠点を持つ外国の考古学学校の発掘の無給キュレーターとしてギリシャ考古学サービス英語版に入った。彼はすぐにアルゴリスコリントスの古代美術のキュレーターに任命され、後にアテネ国立考古学博物館のコレクションのキュレーターとなり、その後さらにディレクターとなった。彼はエピダウロス、アルゴリス、テッサリアアンティキティラ島スニオン岬ラムヌスなどで発掘した。アンティキテラ島では1900年から1902年にかけて最初の世界的な海洋考古学的な発掘を行い、後にアンティキティラ島の機械と呼ばれることになる、最初は些末な発見と見なされていた遺物の重要性を認識した。彼は多くの研究を発表し、1923年に死去した。

彼のいとこは大臣となった有力な政治家スピリドン・ステイス英語版であった。

参考文献編集

外部リンク編集