メインメニューを開く

ヴァロワ=ブルゴーニュ家

ヴァロワ=ブルゴーニュ家の紋章

ヴァロワ=ブルゴーニュ家:maison de Valois-Bourgogne)は、フランスの王家ヴァロワ家の分枝の一つで、ブルゴーニュ公国を統治した一門である。

単にブルゴーニュ家と言った場合にこの家系を指すことも少なくないが、他にカペー家ブルゴーニュ家(その分家からポルトガル王家のブルゴーニュ家が出ている)や、ヴァロワ=ブルゴーニュ家以前にブルゴーニュ伯の家系であったアンスカリ家(その分家からカスティーリャ王家のブルゴーニュ家が出ている)を指す場合もあるので、注意を要する。

概要編集

1361年カペー家ブルゴーニュ家最後の男系当主フィリップ1世が嗣子無くして没したため、ブルゴーニュ公領はフランス王領に併合された。1363年、フランス王ジャン2世は、末子フィリップ(豪胆公)にブルゴーニュを下賜した。

次のフランス国王シャルル5世は、百年戦争におけるイングランドとの対立を背景に、フィリップ豪胆公とブルゴーニュ女伯・フランドル女伯マルグリット3世を結婚させた。

こうして、フランス北東部からドイツ北西部にかけて一大勢力が誕生した。以後、フィリップ豪胆公とジャン無怖公ブルゴーニュ派領袖として、フランス王国内でオルレアン派のちアルマニャック派と激しく対立し、イングランドにも接近した。三代目のフィリップ善良公もイングランド寄りの姿勢を継続したが、1435年アラスの和約によりアルマニャック派と和解した。その結果、百年戦争はフランス側の勝利に終わった。

フィリップ善良公は、在世中フランドルの各都市に拠点を置き、同地は文化的にも成熟した。しかし、次代のシャルル突進公は、勢力拡大と王国への昇格を目論んでブルゴーニュ戦争を起こした末、1477年初頭に戦死した。遺児マリーは、ハプスブルク家のマクシミリアンと結婚したが、1482年に事故死し、ヴァロワ=ブルゴーニュ家は断絶した。

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン2世
フランス王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル5世
フランス王
 
 
 
 
 
フィリップ2世
(豪胆公)
 
マルグリット3世
フランドル女伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル6世
フランス王
 
 
 
 
 
ジャン1世
(無怖公)
 
マルグリット・ド・バヴィエール
 
ヴィルヘルム2世
バイエルン=シュトラウビング公
 
マルグリット
 
ジャンヌ・ド・サン=ポル
 
アントワーヌ
ブラバント公
 
エリーザベト・フォン・ゲルリッツ
ルクセンブルク女公
 
フィリップ
ヌヴェール伯
 
ボンヌ・ダルトワ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ・ド・ギュイエンヌ
王太子
ギュイエンヌ公
 
マルグリット
 
アルテュール3世
ブルターニュ公
 
ジャン
王太子
トゥーレーヌ公
 
 
シャルル7世
フランス王
 
ミシェル・ド・ヴァロワ
 
フィリップ3世
(善良公)
 
イザベル・ド・ポルテュガル
 
アニェス
 
シャルル1世
ブルボン公
 
 
ジャクリーヌ・ド・エノー
エノー女伯・ホラント女伯
 
ジャン4世
ブラバント公
 
フィリップ・ド・サン=ポル
ブラバント公
 
シャルル
ヌヴェール伯
 
ジャン
ヌヴェール伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ11世
フランス王
 
カトリーヌ・ド・ヴァロワ
 
 
 
シャルル
(突進公)
 
 
 
 
 
イザベル・ド・ブルボン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリー
ブルゴーニュ女公
 
マクシミリアン1世
神聖ローマ皇帝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ヴァロワ=ブルゴーニュ家が獲得した主な称号、所領編集

関連項目編集