メインメニューを開く

地理編集

北はパリ15区、東はマラコフ、南はクラマール、西はイシー=レ=ムリノーと接する。

交通編集

歴史編集

Vanvesの名はケルト語のVenna(魚の堰)に由来する[1]。1793年にはVauvesと改名された[2]。1801年にはVanvresと再び改名された。

998年頃には既に村の存在が知られていた。1163年にはパリのサント=ジュヌヴィエーヴ修道院の所領となった。1419年以来教会があった。1423年、シャルル7世に忠誠を示し続けた修道士たちは、ヘンリー4世に身柄を拘束された。

1815年、イギリス=プロイセン連合軍がヴァンヴを荒廃させた。初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘルはヴァンヴに軍本部をおいた。

1860年、ジョルジュ・オスマンのパリ区画整理によってヴァンヴの領域の一部がパリ15区に取り込まれた。数年後、モンパルナス駅のおかげで人口が増えたヴァンヴの新地区は、独立したコミューン、マラコフとして分離した。

姉妹都市編集

みどころ編集

関係者編集

脚注編集

  1. ^ « Un peu d'histoire », sur site de la mairie de Vanves (consulté le 27 juin 2009)
  2. ^ « Vanves », sur Cassini (consulté le 1er juillet 2009)
  3. ^ « Historique du lycée Michelet », sur cité scolaire Michelet (consulté le 1er juillet 2009)