ジョン・ヴァン・ヴレック

アメリカ合衆国の物理学者
ヴァン・ヴレックから転送)

ジョン・ハスブルーク・ヴァン・ヴレック(John Hasbrouck van Vleck, 1899年3月13日 - 1980年10月27日)は、アメリカ合衆国物理学者である。磁性の量子論の分野や金属錯体の結合に関する結晶場理論のパイオニアで、1977年「磁性体と無秩序系の電子構造の理論的研究」の功績によりフィリップ・アンダーソンネヴィル・モットノーベル物理学賞を受賞した。

John Hasbrouck Van Vleck
ジョン・ヴァン・ヴレック
ジョン・ヴァン・ヴレック(1974)
生誕 1899年3月13日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コネチカット州ミドルタウン
死没 1980年10月27日(1980-10-27)(81歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ケンブリッジ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 ミネソタ大学ツインシティー校
ウィスコンシン大学マディソン校
ハーバード大学
オックスフォード大学
出身校 ウィスコンシン大学マディソン校
ハーバード大学
博士課程
指導学生
エドワード・ミルズ・パーセル
フィリップ・アンダーソン
トーマス・クーン
ジョン・アタナソフ
他の指導学生 ジョン・バーディーン
主な受賞歴 ローレンツメダル(1974)
ノーベル物理学賞(1977)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1977年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:磁性体と無秩序系の電子構造の理論的研究

経歴 編集

コネチカット州ミドルタウンに祖父のジョン・モンロー・ヴァン・ヴレック、父のエドワード・バー・ヴァン・ヴレックも数学の大学教授という家系に生まれた。ウィスコンシン大学マディソン校で物理学で学び、1922年にハーバード大学からPh.D.を取得。1923年ミネソタ大学の助教授になり、1928年にウィスコンシン大学教授、1928年からハーバード大学教授となった。1969年に退職。またスタンフォード大学ミシガン大学コロンビア大学プリンストン大学ライデン大学オックスフォード大学で客員教授を務めた。

磁性の量子論や金属錯体の結合理論の基礎を築いた。1953年には、国際理論物理学会 東京&京都で来日した。1967年王立協会外国人会員選出。

受賞歴 編集

外部リンク 編集