メインメニューを開く

ヴァージン・ブレイド』(Joan of Arc)は、ジャンヌ・ダルクを題材にした1999年のカナダのTVMで日本では『ヴァージン・ブレイド ジャンヌ・ダルクの真実』のタイトルでビデオ化された。低予算のテレビ映画だが優れた脚本と人物描写により全米映画評他全24部門ノミネートを果たした。2002年にはNHKで『ジャンヌ・ダルク』のタイトルでテレビ放送もされている。

ヴァージン・ブレイド
Joan of Arc
監督 クリスチャン・デュゲイ
脚本 マイケル・アレクサンダー・ミラー
ロナルド・パーカー
製作 ピーター・ブレイ
出演者 リーリー・ソビエスキー
ジャクリーン・ビセット
ニール・パトリック・ハリス
ピーター・オトゥール
チャド・ウィレット
公開 劇場未公開
上映時間 140分
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 英語
テンプレートを表示

あらすじ編集

魔術師マーリンによる「フランスを救う乙女が現れる」という予言があった。中世ヨーロッパ15世紀百年戦争真っ只中のフランスイギリスからの侵略者は平和な田舎のドンレミ村までも襲撃する。イギリス兵の恐怖に晒されながらも信心深いジャンヌ(ジャネット)・ダルクは幼馴染の少年エーミールや家族と共に平和に過ごしていたが、ある日イギリス軍による襲撃により村は破壊されエーミールも失ってしまう。

その悲しみの中、聖カトリーヌからのお告げを受けたジャンヌはフランスを救い運命を変えるべく守備隊長ロベールの元に旅立って行く。

登場人物編集

ジャンヌ(ジャネット)・ダルク:リーリー・ソビエスキー
本作の主人公でメインヒロイン。ラピュセルの乙女。
ジャン:チャド・ウィレット
ジャンヌの護衛を務める騎士の中の騎士。
イザベル・ダルク:ジャクリーン・ビセット
ジャンヌの母親。
ジャック・ダルク:パワーズ・ブース
ジャンヌの父親。
バベット:オリビュア・デュカスキ
ジャンヌの世話を務める老婆。
シャルル7世:ニール・パトリック・ハリス
戴冠式を行いフランス国王となる。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
NHK-BS2
ジャンヌ・ダルク リーリー・ソビエスキー 小川範子
ジャン チャド・ウィレット 大滝寛
イザベル・ダルク ジャクリーン・ビセット 野村須磨子
ジャック・ダルク パワーズ・ブース 佐々木勝彦
バベット オリンピア・デュカキス 太田淑子
シャルル7世 ニール・パトリック・ハリス 咲野俊介
モネ神父 ロバート・ロッジア 北村弘一
ラ・イール ピーター・ストラウス 菅生隆之
ベルトラン クリフ・ソーンダース 天田益男
城主の母 シャーリー・マクレーン 小沢寿美恵
コーション司教 ピーター・オトゥール 川辺久造
  • NHK-BS2版:2002年11月8日(20:00 ~ 23:15) ※前編・後編に分けて連続放送。
    • 放送時のタイトルは原題(Joan of Arc)に基づき『ジャンヌ・ダルク』。

スタッフ編集

関連項目編集

外部リンク編集