ヴァージン・レコード

ヴァージン・レコードVirgin Records)は、イギリスレコードレーベルで、ユニバーサル ミュージック グループの傘下。

ヴァージン・レコード
Virgin Records
Virgin-logo.svg
親会社ユニバーサル ミュージック グループ(2012年以降)
EMI(1992年 - 2012年)
設立1972年
設立者リチャード・ブランソン
サイモン・ドレイパー
ニック・パウエル
現況現存
販売元アメリカ合衆国の旗キャピトル・ミュージック・グループ
イギリスの旗ヴァージンEMI
日本の旗ユニバーサル インターナショナル
ジャンルポップス全般
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
本社所在地カリフォルニア州ハリウッド

社名の由来は、ヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソンの友人女性から「ビジネスにおいてまだ誰も足を踏み入れていない」との意味で、ヴァージンという名前を提案されたことによる[1]

沿革編集


主要な所属アーティスト編集

注:過去に所属していたアーティストも含む。

日本盤の発売元の変遷編集

当初は日本コロムビアが日本盤の発売元になっていたが、1979年にビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)に移動。1984年に東芝EMI(現:ユニバーサル ミュージック合同会社/Virgin Music)に移動したが、1987年にフジサンケイグループが資本参加すると、同社系のポニーキャニオンの系列企業として日本法人であるヴァージン・ジャパンが設立された(ただし当初の販売元はビクター音楽産業で、ポニーキャニオンが販売元になるのは1990年になってから)。

英EMIがヴァージン・レコードを買収すると、発売元が再び東芝EMIへ変更になり、日本法人(ヴァージン・ジャパン)は親会社のポニーキャニオンに買収されメディア・レモラスに社名を変更した(のちの1997年に同社に事実上吸収される)。

2012年、ユニバーサル ミュージック グループがEMIの音楽ソフト部門を買収したことにより、2013年からはユニバーサル ミュージック・ユニバーサルインターナショナル(洋楽制作)、EMI R(邦楽制作)、EMI RECORDS(邦楽制作)が発売元となっている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ なお、VMLAS Japanは、既存の国内邦楽メジャーレーベルであるVirgin Musicとは別に独立運営される。
  2. ^ 1997年夏にVirgin Records Americaと直接契約した事により、日本では東芝EMIへ移籍。(~2001年)

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集