ヴァーツラフ1世 (ボヘミア王)

ヴァーツラフ1世Václav I, 1205年 - 1253年9月22日)は、プシェミスル朝ボヘミア王(在位:1230年 - 1253年)。オタカル1世ハンガリーベーラ3世の娘コンスタンシアの次男。シロンスクヘンリク2世アンナは姉、後に列聖されたアネシュカは妹に当たる。防衛と洪水対策のために、プラハの町を高さ10メートル、長さ1,700メートルの市壁で囲んだことでも知られる[1]。プラハの聖アネシュカ修道院埋葬された。

ヴァーツラフ1世
Václav I
ボヘミア王
VaclavI.jpg
ヴァーツラフ1世を描いた硬貨
在位 1230年 - 1253年

出生 1205年
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国
死去 1253年9月22日
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国、クラールーフ・ドヴール
埋葬 Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国プラハ聖アネシュカ修道院
配偶者 クニグンデ・フォン・ホーエンシュタウフェン
子女 一覧参照
王朝 プシェミスル朝
父親 オタカル1世
母親 コンスタンツィエ・ウヘルスカー
テンプレートを表示

子女編集

1228年ローマ王フィリップの娘クニグンデと結婚。2男3女を儲けた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 上田篤・田端修『路地研究 もうひとつの都市の広場』鹿島出版会、2013年、172頁。ISBN 978-4-306-09423-9
先代:
オタカル1世
ボヘミア王
1230年 - 1253年
次代:
オタカル2世