ヴィオラ・ポンポーサ

ヴィオラ・ポンポーサイタリア語: viola pomposa)は18世紀に使用されていた5弦のヴィオラ。調弦は c–g–d′–a′–e″ 即ち通常のヴィオラに高音弦を追加したものか、あるいは d–g–d′–g′–c″と考えられる。1720年代半ばから1770年頃まで使われていた[1]

ヴィオラ・ポンポーサのための作品は、ゲオルク・フィリップ・テレマンの『フルートとヴィオラ・ポンポーサあるいはヴァイオリンのためのデュエット』が2つ、ヨハン・ゴットリープ・グラウンの2つの協奏曲、ヨハン・ゴットリープ・ヤーニチュの2つの室内ソナタ、クリスティアン・ヨーゼフ・リダルティの通奏低音付きソロ・ソナタが現存する[1]

18世紀後半の幾人かの著述家は誤ってヨハン・ゼバスティアン・バッハがこの楽器を発明したとしているが、これはライプツィヒのJ.C.ホフマンがバッハのために製作したヴィオロンチェロ・ピッコロと混同したためと考えられる[1]

バッハにまつわる18世紀の記述はヴィオラ・ポンポーサをチェロの音域の楽器としているが、多くの研究者はそれに否定的である[2]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Howard Mayer Brown, “Viola pomposa,” The New Grove Dictionary of Music and Musicians, 2nd ed., ed. by Stanley Sadie (London: Macmillan, 2001).
  2. ^ Dmitry Badiarov, Liner notes, Johann Sebastian Bach Cello Suites, Ramée, RAM 1003, 2010.

外部リンク編集