メインメニューを開く

ヴィオラ協奏曲(ヴィオラきょうそうきょく)は、ヴィオラを独奏楽器とする協奏曲である。

概要編集

伴奏は管弦楽弦楽合奏によることが多いが、それよりも小規模のこともある。ヴァイオリン協奏曲などに比べるとマイナーなイメージがあるジャンルだが、優れた作品も多い。

初期のものでは、ゲオルク・フィリップ・テレマンのト長調 TWV 51:G9や、カール・シュターミッツのものが知られている。極度に高度な演奏技巧が要されるようになったのは後年のことであり、この時代に作曲されたモーツァルトヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲などは演奏において超絶技巧を要求しない。

ヴィオラ協奏曲は、ピアノ協奏曲ヴァイオリン協奏曲に比べるとマイナーである。ヴィオラは管弦楽の中でそれほど音が目だつ楽器ではない。アルフレート・アインシュタインらは、協奏曲はソリストの超絶技巧を披露することがその第一義ではなく、独奏楽器と管弦楽との間の葛藤や解決が重要であると考えており、その意味においてヴィオラはピアノヴァイオリンと比べて、管弦楽と対等に渡り合うには音の浸透力が貧弱にすぎ、協奏曲の独奏楽器には適していないとしている。そしてヴィオラ奏者の中には、もともとヴァイオリン奏者を目指していたが後にヴィオラに転向した(あるいはさせられた)という者が多く、つい最近になるまでソリストに適した人材が相対的に少なかった、ということも注目すべきである。ベートーヴェンバッハはヴィオラをよく弾いたが、独奏協奏曲は残していない(後者にはヴィオラを用いた協奏曲として『ブランデンブルク協奏曲第6番』があるが、これは独奏協奏曲ではない)。

しかし20世紀以降は状況が変わり、ライオネル・ターティスを先駆者として優れた演奏家が登場し、他の楽器のための作品がヴィオラ用に編曲される(たとえばエドワード・エルガーチェロ協奏曲など)だけでなく、ウィリアム・ウォルトンの協奏曲やパウル・ヒンデミットの協奏作品(自身も優れた奏者であった)を皮切りに、ヴィオラのための協奏曲あるいはその他の作品が数多く作曲されている。

主な作品編集

(作曲者の生年順に並べている)