メインメニューを開く

ヴィガしらおいは、北海道白老郡白老町に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球クラブチームである。

ヴィガしらおい
チーム名(通称) ヴィガしらおい、大昭和製紙北海道
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分

創部 1962年
廃部 1997年
チーム名の遍歴

  • 大昭和製紙北海道 (1962 - 1981 , 1983 - 1993)
  • ヴィガしらおい (1994 - 1997)
本拠地自治体

都市対抗野球大会
出場回数 18回
最近の出場 1995年
最高成績 優勝(1回)
社会人野球日本選手権大会
出場回数 14回
最近の出場 1994年
最高成績 準優勝
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 なし

チームの前身は、大昭和製紙が保有していた企業チームの大昭和製紙北海道硬式野球部

目次

概要編集

1962年北海道白老郡白老町にある大昭和製紙の白老工場で企業チーム『大昭和製紙北海道硬式野球部』として創部する。

1969年都市対抗野球で初出場を果たし、1974年都市対抗野球で初優勝を達成。北海道勢としても初の優勝となった。秋には、同年から開催された日本選手権に初出場(ベスト8)。

1981年のシーズン終了後から休部するが、町民たちの署名運動や支援もあり1983年から活動を再開した[1]

1993年、白老町民のシンボルとして長く親しまれていたが、母体の経営合理化の一環として同年シーズン限りでの企業チームとしての活動を休止することが発表された。その後、存続活動を行った白老町民が中心となり、1994年3月にクラブチームとして『ヴィガしらおい』が結成され、チーム登録を引き継いだ。同年秋、日本選手権にクラブチーム転向後初出場(クラブチームの同大会出場は14年ぶり2回目)。

1995年都市対抗野球にクラブチーム転向後初出場を決め、地元町民が大応援団を繰り出すが1回戦で敗退する。

1997年、大昭和製紙の出向選手受け入れを中止することが発表され、それを受けてチームの解散が決定。前身の大昭和製紙北海道から数えて35年、クラブチームとしてはわずか4年の歴史にピリオドが打たれた。

なお、大昭和製紙所属の選手らはサンワード貿易に移籍し、1998年サンワード貿易硬式野球部札幌市にて結成したが、2005年に解散している。

2000年、ヴィガしらおいの在籍者のうち大昭和製紙にとどまった元選手たちを中心としてクラブチーム『WEEDしらおい』を結成、実質的な後身チームとなる。詳細は同項を参照。

概要・沿革編集

大昭和製紙北海道編集

ヴィガしらおい編集

  • 1994年(平成6年) - 大昭和製紙北海道の休部を受けて、存続活動を行った白老町民が中心となって3月クラブチームヴィガしらおい』が結成され、チーム登録を引き継いだ。同年秋、日本選手権にクラブチーム転向後初出場(クラブチームの同大会出場は14年ぶり2回目)。
  • 1995年(平成7年) - 都市対抗野球にクラブチーム転向後初出場を決め、地元町民が大応援団を繰り出すが1回戦で敗退する。
  • 1997年(平成9年) - 大昭和製紙の出向選手受け入れを中止することを発表し、それを受けてチーム解散が決定。前身の大昭和製紙北海道から数えて35年、クラブチームとしてはわずか4年の歴史にピリオドが打たれた。なお、大昭和製紙所属の選手らはサンワード貿易に移籍し、1998年(平成10年)にサンワード貿易硬式野球部札幌市にて結成したが、2005年(平成17年)に廃部している。
  • 2000年(平成12年) - ヴィガしらおいの在籍者のうち大昭和製紙にとどまった元選手たちを中心としてクラブチーム『WEEDしらおい』を結成、実質的な後身チームとなる。詳細は同項を参照。

主要大会の出場歴・最高成績編集

主な出身プロ野球選手編集

かつて在籍した選手・コーチ・監督編集

脚注編集

  1. ^ “町民の熱意を背に”. 毎日新聞: p. 19. (1984年10月18日) 

関連項目編集