メインメニューを開く

ヴィクター・キャヴェンディッシュ (第9代デヴォンシャー公爵)

カナダ総督在職中の第9代デヴォンシャー公爵ヴィクター・キャヴェンディッシュ

第9代デヴォンシャー公爵ヴィクター・クリスティアン・ウィリアム・キャヴェンディッシュ: Victor Christian William Cavendish, 9th Duke of Devonshire, KG, GCMG, GCVO, TD, KStJ, PC, JP, FRS1868年5月31日 - 1938年5月6日)は、イギリスの貴族、政治家。

デヴォンシャー公爵家の分流の生まれだが、1908年に伯父スペンサーからデヴォンシャー公爵位を継承した。1916年から1921年にかけてカナダ総督を務めた。

経歴編集

1868年5月31日に第7代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ英語版の四男で庶民院議員のエドワード・キャヴェンディッシュ卿英語版とその妻エマ(庶民院議員ウィリアム・ラッセルズ英語版の娘)の間の長男として生まれる[1][2]

イートン・カレッジを経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ進学[3]

1891年に父が死去し、父が議席を有していた西ダービーシャー選挙区英語版から選出されて自由統一党の庶民院議員となる[3][1]保守党政権下の1900年から1903年までは王室会計長官英語版、1903年から1905年までは財務省財務担当政務次官英語版を務めた[1][2]

1908年3月に伯父第8代デヴォンシャー公爵スペンサー・キャヴェンディッシュが子供無く死去したため、第9代デヴォンシャー公爵位を継承し[2]貴族院議員に転じた[4]

1905年から自由党政権が続いていたが、第一次世界大戦中の1915年に保守党・自由党大連立の挙国一致内閣が成立すると海軍省民事卿英語版政府貴族院院内幹事長英語版に就任した[1][2]

1916年にはカナダ総督に就任した。彼の総督就任はカナダ首相ロバート・ボーデンに相談されずにイギリス側の独断で決定されたため、当初ボーデンとの間に深刻な亀裂が生じたが、やがてボーデンともその後任の首相アーサー・ミーヘン英語版とも良好な関係を保つことができた[3]。在任期間前半は依然として第一次世界大戦が続いており、カナダは兵員や物資の面で本国を支えていた。デヴォンシャー公爵着任直後に徴兵制が制定されている[3]。しかしデヴォンシャー公爵自身はカナダの政治に干渉しないよう努め、与党とも野党とも協議を持つことに慎重だった。農園奨励、芸術保護・奨励など非政治的な社会運動で主に活躍した[3]。デヴォンシャー公爵夫人も戦傷者救済など社会運動に尽力した[3]1918年には訪米してホワイトハウスで非公式にウッドロー・ウィルソン大統領と会見している[3]。また翌1919年にはオタワで皇太子エドワードを出迎えた(皇太子のカナダ訪問は初めて)[3]

1921年にカナダ総督を退任した後は国連で働くとともに1922年から1924年にかけてはボナー・ロー内閣と第一次ボールドウィン内閣で植民地大臣を務めた[3]

1938年5月6日に死去した。爵位は長男エドワードが継承した[1][2]

栄典編集

爵位編集

1908年3月24日に伯父スペンサー・キャヴェンディッシュの死去により以下の爵位を継承した[1][2]

  • 第9代デヴォンシャー公爵 (9th Duke of Devonshire)
    (1694年5月12日勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • 第9代ハーティントン侯爵 (9th Marquess of Hartington)
    (1694年5月12日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • 第12代デヴォンシャー伯爵 (12th Earl of Devonshire)
    (1618年8月7日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • 第4代バーリントン伯爵 (4th Earl of Burlington)
    (1831年9月10日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • ハードウィックの第12代キャヴェンディッシュ男爵 (12th Baron Cavendish of Hardwicke)
    (1605年5月4日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • ヨーク州におけるケイリーのケイリーの第4代キャヴェンディッシュ男爵 (4th Baron Cavendish of Keighley, of Keighley in the County of York)
    (1831年9月10日の勅許状による連合王国貴族爵位)

勲章等編集

家族編集

1892年7月30日に第5代ランズダウン侯爵ヘンリー・ペティ=フィッツモーリスの娘イヴリン・エミリー・メアリー英語版(Evelyn Emily Mary Cavendish, 1870-1960)と結婚。彼女との間に以下の2男5女を儲けた[1][2]

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g Lundy, Darryl. “Victor Christian William Cavendish, 9th Duke of Devonshire” (英語). thepeerage.com. 2016年8月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Heraldic Media Limited. “Devonshire, Duke of (E, 1694)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年8月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i カナダ総督府. “The Governor General > Former Governors General > British > The Duke of Devonshire 1916-1921” (英語). 2016年8月30日閲覧。
  4. ^ UK Parliament. “Mr Victor Cavendish” (英語). HANSARD 1803-2005. 2016年8月30日閲覧。
  5. ^ The London Gazette: no. 28639. p. 6371. 1912年8月27日。2009年4月26日閲覧。
  6. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 29423. p. 79. 1916年1月1日。
  7. ^ The London Gazette: no. 29687. p. 7477. 1916年7月28日。2009年4月26日閲覧。
  8. ^ The London Gazette: no. 29711. p. 8150. 1916年8月18日。
  9. ^ The London Gazette: no. 30402. p. 12354. 1917年11月27日。
  10. ^ The London Gazette: no. 32803. p. 1823. 1923年3月6日。
官職
先代:
コノート=ストラサーン公
カナダ総督
1916年–1921年
次代:
ヴィミーの初代ビング子爵英語版
公職
先代:
第4代ハウ伯爵英語版
王室会計長官英語版
1900年–1903年
次代:
ハミルトン侯爵
先代:
アーサー・エリオット英語版
財務省財務担当政務次官英語版
1903年–1905年
次代:
レジナルド・マッケナ
先代:
ジョージ・ランバート英語版
海軍省民事卿英語版
1915年–1916年
次代:
第2代リットン伯爵
先代:
初代コールブルック男爵英語版
政府貴族院院内幹事長英語版
1915年–1916年
同職:初代コールブルック男爵英語版
次代:
初代コールブルック男爵英語版
第3代ハイルトン男爵英語版
先代:
ウィンストン・チャーチル
植民地大臣
1922年–1924年
次代:
ジェイムズ・ヘンリー・トマス英語版
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
エドワード・キャヴェンディッシュ卿英語版
西ダービーシャー選挙区英語版選出庶民院議員
1891年–1908年英語版
次代:
ケリー伯爵英語版
党職
先代:
第9代ウォルドグレイヴ伯爵英語版
保守党貴族院院内幹事長英語版
1911年–1916年
次代:
第3代ハイルトン男爵英語版
学職
先代:
初代リポン侯爵
リーズ大学総長
1909年–1938年
次代:
第10代デヴォンシャー公爵
名誉職
先代:
第8代デヴォンシャー公爵
ダービーシャー統監英語版
1908–1938
次代:
第10代デヴォンシャー公爵
イングランドの爵位
先代:
スペンサー・キャヴェンディッシュ
第9代デヴォンシャー公爵
1908年–1938年
次代:
エドワード・キャヴェンディッシュ