メインメニューを開く

ヴィクトリア女王 世紀の愛』(ヴィクトリアじょおう せいきのあい、The Young Victoria)は、2009年イギリスアメリカの合作映画。若き日のヴィクトリア女王の半生を描いた伝記映画である。この映画の発案者は、エリザベス2世女王の次男ヨーク公爵アンドルー王子の元妻のセーラ・ファーガソンである。

ヴィクトリア女王 世紀の愛
The Young Victoria
Costumes from The Young Victoria (4394313019).jpg
撮影に使用された衣装
監督 ジャン=マルク・ヴァレ
脚本 ジュリアン・フェロウズ
製作 マーティン・スコセッシ
グレアム・キング
ティム・ヘディントン
セーラ・ファーガソン
製作総指揮 コリン・ヴェインズ
出演者 エミリー・ブラント
ルパート・フレンド
音楽 アイラン・エシュケリ
撮影 ハーゲン・ボグダンスキー
編集 ジル・ビルコック
マット・ガーナー
製作会社 GKフィルムズ
配給 日本の旗 ギャガ
公開 イギリスの旗 2009年3月9日
アメリカ合衆国の旗 2009年12月18日
日本の旗 2009年12月26日
上映時間 104分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 $27,409,889[1]
テンプレートを表示

第82回アカデミー賞では衣装デザイン賞を受賞、美術賞メイクアップ賞にノミネートされた。

目次

あらすじ編集

19世紀のイギリス。老いた国王ウィリアム4世の王位継承者は、亡き弟の娘である10代の少女ヴィクトリアだった。18歳になれば彼女は成人と見なされるが、権力を欲する母親のケント公爵夫人とその愛人のコンロイは、摂政政治を認めろとヴィクトリアに要求し続けていた。

ドイツから来た青年アルバートと親しくなるヴィクトリア。彼はヴィクトリアの叔父であるベルギー国王の甥で、ヴィクトリアの夫候補として送り込まれた男だった。アルバートと文通を始めるヴィクトリア。政治家たちもヴィクトリアへの接近を図り、首相のメルバーンがヴィクトリアの信頼を勝ち取った。

1837年、ウィリアム4世は亡くなり、ヴィクトリアは女王となった。母親を遠ざけ、メルバーンに頼るヴィクトリア。政権が交代するとメルバーンは失脚したが、ヴィクトリアは友としてメルバーンを庇い続けた。その行動を議会や市民から非難されたヴィクトリアは、いつも励ましの手紙をくれるアルバートとの結婚を決意し、ドイツから呼び寄せた。

忙しい女王が得られる結婚の休暇は3日間だった。アルバートの叔父のベルギー国王は、さっそく彼を利用しようと手紙を送った。しかし従わないアルバート。アルバートは妻を愛し、誠実に尽くす男だったのだ。アルバートの愛の強さに気付いたヴィクトリアは9人の子を儲け、アルバートの死後も貞淑な妻として一生を送るのだった。

キャスト編集

参考文献編集

  1. ^ a b The Young Victoria”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2012年4月3日閲覧。

外部リンク編集