ヴィクトル・グリシン

ヴィクトル・ワシリエヴィッチ・グリシンВи́ктор Васи́льевич Гри́шинViktor Vasilyevich Grishin 1914年9月18日 - 1992年5月25日)は、ソビエト連邦政治家モスクワ市共産党委員会第一書記。

ヴィクトル・グリシン
Ви́ктор Гри́шин
生年月日 (1914-09-18) 1914年9月18日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国モスクワ州セルプホフ
没年月日 (1992-05-25) 1992年5月25日(77歳没)
死没地 ロシアの旗 ロシアモスクワ
所属政党 КПСС.svgソビエト連邦共産党
称号 社会主義労働英雄

在任期間 1967年6月27日 - 1985年12月24日
中央委員会書記長 レオニード・ブレジネフ
ユーリ・アンドロポフ
コンスタンティン・チェルネンコ
ミハイル・ゴルバチョフ

ソビエト連邦の旗ソビエト連邦
全連邦労働組合中央評議会議長
在任期間 1956年3月17日 - 1967年7月11日
最高会議幹部会議長 クリメント・ヴォロシーロフ
レオニード・ブレジネフ
アナスタス・ミコヤン
ニコライ・ポドゴルヌイ
テンプレートを表示

来歴・人物編集

グリシンは、1914年9月18日ロシア帝国モスクワ州セルプホフで生まれた。彼は幼少期に鉄道で働き、1938年から1940年まで赤軍に勤めた。1941年には共産党に入党した。1967年から1985年にかけてモスクワ第一書記を務め、1977年からはソ連共産党政治局員を兼務した。レオニード・ブレジネフに代表される保守派の党官僚(アパラチキ)だった。

コンスタンティン・チェルネンコ政権末期には、彼は後継者の1人と見なされるようになる。彼はチェルネンコとの親密さを強調するために、1985年初頭に終末期のチェルネンコを引きずり出して、グリシンの補助のもとでロシア・ソビエト連邦社会主義共和国最高会議ロシア語版選挙の投票をさせた。しかしこの行動は裏目に出て、おおよそ無慈悲な行為と捉えられた。歴史学者のロイ・メドヴェージェフによると、チェルネンコは生前「グリシンに信頼を寄せているので、是非彼を後継者に選ぶように」という内容の遺書を残していたという。実際、党内ではグリシンを推す派閥が出来つつあるということが誰の目にも明らかだった。

1985年3月のチェルネンコ書記長死去後、党政治局員のミハイル・ゴルバチョフレニングラード党第一書記のグリゴリー・ロマノフが後継として浮上したが、ロマノフは自分の代わりにグリシンを推した。しかし、政治局会議はゴルバチョフを後継書記長に選出し、グリシン及びロマノフの企図は潰えた。

ゴルバチョフの政敵となったグリシンは、同年12月にモスクワ党第一書記を解任された。グリシンの後、モスクワ党第一書記を襲ったのはボリス・エリツィン(後のロシア大統領)である。1986年2月18日には政治局員を解任され、年金生活入りを余儀なくされた。

1992年5月25日、モスクワの社会保障センターで年金の相談を受けている最中に突然倒れ死去した。77歳没。

関連項目編集

党職
先代:
ニコライ・エゴルイチェフロシア語版
 ソビエト連邦共産党
モスクワ市委員会第一書記英語版

1967年 - 1985年
次代:
ボリス・エリツィン