ヴィクトル・デ・サバタ

イタリアの指揮者、作曲家

ヴィクトル・デ・サバタ(Victor De Sabata, 1892年4月10日 - 1967年12月11日)は、イタリア指揮者作曲家

ヴィクトル・デ・サバタ
Victor de Sabata.jpg
基本情報
生誕 (1892-04-10) 1892年4月10日
出身地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国トリエステ
死没 (1967-12-10) 1967年12月10日(75歳没)
学歴 ヴェルディ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者作曲家

略歴編集

作曲家として編集

サバタは、ミラノスカラ座の合唱指揮者でカトリックの父とユダヤ人の母の息子として、当時はオーストリア=ハンガリー帝国領だったトリエステに生まれた。1902年から1910年までミラノヴェルディ音楽院で作曲を学び、卒業後作曲活動に入ったサバタの作品はセラフィントスカニーニによって採り上げられ、ドイツではリヒャルト・シュトラウスがサバタの作品を指揮、1917年にはサバタが作曲した歌劇『岩石』がスカラ座の舞台にかかり、大成功をおさめている。

指揮者として編集

1918年、サバタはモンテカルロ歌劇場の指揮者として指揮者デビュー。1921年にはローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団を指揮して管弦楽の世界にも足を踏み入れている。1925年ラヴェルの歌劇『子供と魔法』の世界初演を成功に導き、初演の翌日サバタは作曲者からの賞賛の手紙を受け取ったという。また、同年にはプッチーニの歌劇『つばめ』のフランス初演を行った[1]1929年、サバタはプッチーニの歌劇『西部の娘』でスカラ座にデビュー(厳密に言うとサバタはスカラ座管弦楽団のコンサートという形で1926年にデビューしている)を果たす。その同じ年にはアメリカシンシナティ交響楽団にも客演している。

ミラノ・スカラ座編集

スカラ座デビューの翌年、サバタはトスカニーニの後任としてスカラ座の音楽監督に就任、指揮活動から引退する1953年に至るまでこのポストに留まり続ける事になる。音楽監督に就任したその年に、サバタはスカラ座でワーグナー楽劇トリスタンとイゾルデ』の演奏で好評を得て、それ以降『トリスタンとイゾルデ』はサバタの十八番のレパートリーとして認知されていく。1930年代、サバタはスカラ座のみに留まることなく各地に客演、1936年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団1939年にはトスカニーニ以来2人目のイタリア人指揮者としてバイロイト音楽祭から招聘を受け、十八番の『トリスタンとイゾルデ』を振った。

晩年編集

第二次世界大戦の後、サバタの活動範囲はさらに広がり、ニューヨーク・フィルハーモニックシカゴ交響楽団にも頻繁に客演。1950年のアメリカ客演の時には、サバタのムッソリーニ時代の活動歴がマッカラン法に抵触すると見なされ、一時拘留されるというハプニングもあった。1953年、8月上旬にサバタはザルツブルク音楽祭のオープニングコンサートを指揮し、8月10~20日にかけて、サバタは戦後しばしば共演していたマリア・カラスらとプッチーニの歌劇『トスカ』を録音、この録音は各方面からの絶賛に浴し、録音から50年以上が経過した後も、古今のオペラ録音の中でもっとも優れたもののひとつに数える者が後を絶たない。この録音セッションの終盤に体調不良を示し、終了の数日後に狭心症を理由にルツェルン音楽祭でのコンサートをキャンセルした。さらに9月後半に重篤な心臓発作に襲われ、翌1953/54年のスカラ座のシーズン開幕公演のカタラーニの『ラ・ワリー』にアシスタントのジュリーニを充てる。翌1954年に行なわれたヴェルディレクイエム』のスタジオ録音は、体調が悪い中で「サバタは生きている」のをアピールするために強行された。その後も指揮台への復帰が検討されるが、心不全からの回復が見られず完全引退となる。1957年のスカラ座でのトスカニーニの追悼式で、聴衆のいないスカラ座でベートーヴェンの『英雄交響曲』から葬送行進曲を演奏したのが唯一の公式の演奏となる。1967年に没した際には、スカラ座で同様に葬送行進曲で送られたが、指揮者無しでオーケストラが演奏した。

人物編集

記憶力に優れ、オーケストラのリハーサルにおいても楽譜を目の前に広げることがなかった[2]。また、フランス語、ドイツ語、英語も操り、非常な読書家であった[3]

評価編集

オーケストラ団員からの評価編集

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団で第2ヴァイオリン首席奏者を務めたオットー・シュトラッサーは、モーリス・ラヴェル作曲の『ボレロ (ラヴェル)』を指揮した際のサバタの姿を「ダンス」と形容している[2][4]

指揮者からの評価編集

指揮者のロリン・マゼールは、ピッツバーグ交響楽団のヴァイオリニストとしてサーバタの指揮に接しており、以下のように回想している[5][6]

私に本当に影響を与えた指揮者は、ヴィクトル・デ・サバタです。本当に偉大な音楽家で、情熱をもって指揮をしました。もっとも、作曲家であり、素晴らしいピアニストであったにもかかわらず、分析とは程遠い方でした。しかし、音楽に対する彼の情熱的な愛情は、私に深い感銘を与えました。私は若かったし、こうした印象というのは、若い人間には決定的なものです。おそらく自分の道を徐々に見つけるまで、私は若い指揮者として、彼を尊敬するあまり模倣していたと思います[5][6]

参考文献編集

  • オットー・シュトラッサー『前楽団長が語る半世紀の歴史 栄光のウィーン・フィル』ユリア・セヴェラン訳、音楽之友社、1977年。
  • ディーター・ダーヴィット・ショルツ『指揮者が語る! 現代のマエストロ、29人との対話』アルファベータ、2008年。ISBN 9784871985598
  • 村田武雄『演奏家大事典 第Ⅰ巻』財団法人音楽鑑賞教育振興会、1982年。

脚注編集

  1. ^ 村田 1982, p. 362.
  2. ^ a b シュトラッサー 1977, p. 134.
  3. ^ ショルツ 2008, p. 266.
  4. ^ シュトラッサー 1977, p. 135.
  5. ^ a b ショルツ 2008, p. 262.
  6. ^ a b ショルツ 2008, p. 263.

関連文献編集