ヴィクトル1世 (アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯)

ヴィクトル1世・アマデウス・アドルフViktor I. Amadeus Adolf von Anhalt-Bernburg-Schaumburg-Hoym, 1693年9月7日 - 1772年4月15日)は、ドイツのアンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯。

ヴィクトル1世
Viktor I.
アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯
Viktoramadeusanhbernschauhoym.jpg
在位 1727年 - 1772年

出生 (1693-09-07) 1693年9月7日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯領、バルドゥインシュタインドイツ語版郊外シャウムブルク城ドイツ語版
死去 (1772-04-15) 1772年4月15日(78歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯領、シャウムブルク城
配偶者 シャルロッテ・ルイーゼ・ツー・イーゼンブルク=ビューディンゲン=ビルシュタイン
  ヘートヴィヒ・ゾフィー・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
子女 一覧参照
家名 アスカーニエン家
父親 アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯レーブレヒト
母親 シャルロッテ・フォン・ナッサウ=シャウムブルク
テンプレートを表示

生涯編集

アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯レーブレヒトとその最初の妻でナッサウ=シャウムブルク侯アドルフの娘であるシャルロッテ(1673年 - 1700年)の間の長男。1700年母の死と同時にホルツァッペル伯領ドイツ語版を、1707年母方祖母の死と同時にシャウムブルク城ドイツ語版と付属所領をそれぞれ相続した。父は本家アンハルト=ベルンブルク侯家からベルレーベンドイツ語版ハウス・ツァイツドイツ語版を分与されており、1707年新たにホイムドイツ語版を分与されたものの(ただしいずれも領邦主権を伴わない)、1709年に相続者の絶えたアンハルト=ハルツゲローデ侯領ドイツ語版は譲ってもらえなかった。1721年に父がホイム城ドイツ語版を完成させると、侯家の所在地はホイムに移った。ヴィクトルは1714年の成人以来ホルツァッペルとシャウムブルクを治めていたが、1727年父が死ぬとツァイツ、ホイムの所領を相続し、ついにアンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯領を統合した。

スペイン継承戦争末期の1711年から1712年にかけ、ヴィクトルは低地地方でフランス軍との戦いに従軍、ドゥナの戦いではフランス軍の捕虜となるが、すぐに解放されている。

父の代に始まった、本家アンハルト=ベルンブルク家と分封領(パラギウムドイツ語版)アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム家との対立は、ヴィクトルの代になっても続いた。七年戦争中、彼の領国は戦争の影響で激しく荒廃した。

結婚と子女編集

1714年11月24日にイーゼンブルク=ビューディンゲン=ビルシュタイン伯ヴィルヘルム・モーリッツの娘シャルロッテ・ルイーゼ(1680年 - 1739年)と最初の結婚をし、6人の子をもうけた。

1740年2月14日にヴェンツェル・ルートヴィヒ・ヘンケル・フォン・ドナースマルク伯爵の娘ヘートヴィヒ・ゾフィー(1717年 - 1795年)と再婚。ヘンケル・フォン・ドナースマルク家は1651年に伯爵位を授かったばかりの新興貴族に過ぎず、この結婚は身分違いだった。しかしアンハルト諸侯家中では正統な婚姻と認められ、間に生まれた6人の子も異母兄姉と同じ身分を認められた。

参考文献編集

  • Ferdinand Siebigk: Das Herzogthum Anhalt, S. 242, Dessau 1867
  • Victor Amadeus Adolph. In: Johann Heinrich Zedler: Grosses vollständiges Universal-Lexicon Aller Wissenschafften und Künste. Band 48, Leipzig 1746, Spalte 971 f.
  • Allgemeines genealogisches und Staats-Handbuch, S. 241ff Digitalisat
先代:
レーブレヒト
アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯
1727年 - 1772年
次代:
カール・ルートヴィヒ