ヴィシェスラヴァ・ヤロスラヴナ

ヴィシェスラヴァ・ヤロスラヴナロシア語: Вышеслава Ярославнаポーランド語: Wyszesława Halickaハールィチのヴィシェスラヴァ)、1158年頃 - ? )は12世紀後半のルーシの公女である。ガーリチ公ヤロスラフとその妻オリガとの間の娘であるとする説と[1][2]、ヤロスラフ・オリガの息子のウラジーミルの娘とする説がある[3][4]

ヴィシェスラヴァ・ヤロスラヴナ
Вышеслава Ярославна

出生 1158年頃
配偶者 ポズナン公オドン
子女 ヴワディスワフ
オドン
リクサ
家名 リューリク家
父親 ガーリチ公ヤロスラフ・ウラジミロヴィチ/ウラジーミル・ヤロスラヴィチ
テンプレートを表示

1187年[1][4]ポーランド大公ミェシュコ3世の長男・オドンと結婚した。オドンとの間には、後にヴィエルコポルスカ公となるヴワディスワフらが生まれた。1194年にオドンが死亡した後、ヴィエルコポルスカ公領の都市・プシェメント(Przemęt[注 1]を受領した。以降の消息は不明である。

子女編集

また、いくつかの史料において、グダニスク公シフィエントペウク2世の妻となった女性・エウフロジナ(Eufrozyna)も娘と記されているが、現在の系譜学ではそれは否定されている。

脚注編集

注釈

  1. ^ 「Przemęt」はポーランド語表記。現ポーランド・ヴィエルコポルスカ県の同名のグミナ(gmina / 基礎自治体)の付近。en:Gmina Przemęt

出典

  1. ^ a b Wyrozumski J. L., Dzieje Polski piastowskiej: (VIII wiek — 1370). / Komitet red. Stanisław Grodziski. — Kraków: Fogra, 1999. — S. 153. — (Wielka historia Polski, 2).
  2. ^ Balzer O., Genealogia Piastów. — wyd. II. — Kraków: Wydawnictwo Avalon, 2005, — S. 341.
  3. ^ Łaguna S., Rodowód Piastów. // Kwartalnik Historyczny, t. 11. — 1897. — S. 762—763
  4. ^ a b Dworzaczek W., Genealogia. — Warszawa: Państwowe Wydawn. Naukowe, 1959. — tabl. 31. — (Nauki pomocnicze historii)