ヴィシュヴァース・ラーオ

ヴィシュヴァース・ラーオ英語:Vishvas Rao, 1741年3月7日 - 1761年1月14日)は、インドデカン地方マラーター王国の宰相バーラージー・バージー・ラーオの息子。同国宰相マーダヴ・ラーオ及びナーラーヤン・ラーオの兄でもある。

ヴィシュヴァース・ラーオ

生涯編集

1741年3月7日マラーター王国宰相バーラージー・バージー・ラーオとその妃ゴーピカー・バーイーの息子として生まれる[1]

バーラージー・バージー・ラーオの後継であり、1760年にはアフガン軍に対する討伐軍の総大将として、サダーシヴ・ラーオ・バーウらとともに北インドへと向かった。

1761年1月14日第三次パーニーパットの戦いでほかの武将とともに戦死した[1]

出典・脚注編集

  1. ^ a b PESHWA (Prime Ministers)

関連項目編集