ヴィジャイ(Vijay、1974年6月22日[3] - )は、インドタミル語映画で活動する俳優ダンサープレイバックシンガーフィランソロピスト[4][5]南インドで最も収入の多い俳優の一人であり[6][7][8][9]、海外市場でも多くのファンを抱えている[10]。これまでにヴィジャイ・アワードタミル・ナードゥ州映画賞南インド国際映画賞など数多くの映画賞を受賞している[11]

ヴィジャイ
Vijay
Vijay
ナディガル・サンガム主催のハンストに参加するヴィジャイ(2018年)
本名 Joseph Vijay Chandrasekhar[1][2]
生年月日 (1974-06-22) 1974年6月22日(48歳)
出生地 インドの旗 インド タミル・ナードゥ州マドラス(現チェンナイ
職業 俳優ダンサープレイバックシンガーフィランソロピスト
ジャンル タミル語映画
活動期間 1984年-1988年(子役)
1992年-(俳優)
配偶者 サンギータ・ソーナリンガム(1999年-)
著名な家族 S・A・チャンドラシェーカル英語版(父)
ショーバ・チャンドラシェーカル英語版(母)
テンプレートを表示

概要編集

タラパティ・ヴィジャイ(Thalapathy Vijay)」の通称で呼ばれており、「Thalapathy」はタミル語で「大将」を意味する[12]。10歳の時に『Vetri』で子役デビューし、1992年に『Naalaiya Theerpu』で俳優デビューする。『Priyamudan』『Azhagiya Tamil Magan』ではアンチヒーローを演じ、2003年の『Thirumalai』以降はアクションヒーロー路線に進んだ[13]。2005年の『Ghilli』ではタミル語映画として初めて興行収入5億ルピーを記録し[14]、これ以降も多くの作品で成功を収めている。初期のころはアクション映画マサラ映画をベースにした作品が多かったが、後にスリラー映画に移行して社会問題、環境問題、政治問題を題材にした作品を中心に活動するようになった[15]インターナショナル・ビジネス・タイムズはヴィジャイのキャリアを「一貫したボックスオフィス・パフォーマー」と評価しており[16]、「インド映画の顔」とも呼ばれている[17][18]。トレード・アナリストの多くは「平均的な内容の映画であっても、ヴィジャイは(興行収入を)引き上げることができ、彼にとって平均的な主演作であっても莫大な興行収入を得ることができる」と分析している[19]

インドで最も人気のあるセレブリティの一人であり[20]駐チェンナイ米国総領事館英語版の「V go Green」キャンペーンやチェンナイ・スーパーキングスアンバサダーなど映画以外の分野でも活動している[21]フォーブス・インディアの「セレブリティ100」に複数回ランクインした他[22][23][24]TwitterGoogleで最もツイート・検索された俳優としても記録されている[25][26]

生い立ち編集

1974年6月2日にマドラスで生まれ[3]、「ジョゼフ・ヴィジャイ・チャンドラシェーカル(Joseph Vijay Chandrasekhar)」と名付けられた。父S・A・チャンドラシェーカル英語版タミル語映画の監督、母ショーバ・チャンドラシェーカル英語版プレイバックシンガーとして活動していた。ヴィディヤという妹がいたが、2歳で夭折している。彼女の死はヴィジャイに大きな影響を与えており、ショーバによると話好きで悪戯好き、そして行動的だったヴィジャイはヴィディヤの死後は無口になったという[27]。ヴィジャイは後年立ち上げた映画製作会社の名前を、ヴィディヤと自分の頭文字をとってV・Vプロダクションと命名している[28]。2005年に出演した『Sukran』には、ヴィディヤの写真を登場させている[29][30]

ヴィジャイはコダンバッカム英語版のファティマ・マトリカレイション・ハイスクールに通い[31]、その後はヴィルガンバッカム英語版のバーラロク・マトリカレイション・ハイアー・セカンダリースクールを経て[32]ロヨラ大学チェンナイ校英語版ビジュアルコミュニケーションの学位を取得した。彼は大学は卒業せず、俳優を目指すために中退している[27]

キャリア編集

タミル語映画編集

1984年 - 2003年編集

1984年、10歳の時に『Vetri』で子役デビューし、続けて『Kudumbam』『Vasantha Raagam』『Sattam Oru Vilaiyattu』『Ithu Engal Neethi』に出演した他、1985年には『Naan Sigappu Manithan』でラジニカーントと共演している。ヴィジャイは1980年代のイーストマン・カラー、1990年代のカラー映画という2つの旧式映像形式の映画に出演していた[33]

ヴィジャイは父の監督作品で子役としてキャリアを磨いた後、1992年に『Naalaiya Theerpu』で主演デビューを果たした[34]。1993年には『Sendhoorapandi』でヴィジャヤカーント英語版と共演したが、興行成績は芳しくなかった[35]。1994年の『Rasigan』は主演映画として初めて興行的な成功を収めたが、批評家からは酷評されている[36]。同作は初めてヴィジャイに「Ilaya Thalapathy(若大将)」の通称がクレジットされた作品でもあり、その後のキャリアの中でファンやメディアの間でも使用されるようになった[37]。1995年には『Deva』『Rajavin Parvaiyile』に出演し、『Rajavin Parvaiyile』ではアジット・クマール英語版と共演した。『Deva』では危険なスタントに挑戦し、興行的な成功を収めた[38]。同年8月には『Vishnu』に出演し、『ベルエアのフレッシュプリンス英語版』のウィル・スミスのような耳栓付きの衣装を着て注目を集めたが、続けて出演した『Chandralekha』では平凡な興行成績に終わった[39]。1996年に出演した『Coimbatore Mappillai』は興行的には成功したものの、批評家からの評価は芳しくなかった[40][41]。1990年代半ばにはロマンティック・ヒーローの地位を確立し、多くの作品でユニークな演技スタイルが批評家から高く評価された[42]。出演作の中にはカルト的人気英語版を集める作品も存在する[43][44]

1996年にヴィクラマン英語版の『Poove Unakkaga』で初めて批評家から演技を絶賛された。また、ヴィジャイにとってのブレイクスルーとなり、同作をきっかけにスター俳優の地位を築いた[45]。同年に出演した『Vasantha Vaasal』『Maanbumigu Maanavan』『Selva』も成功を収めた。1997年に出演した『Kaalamellam Kaathiruppen』では頭でっかちの女性と恋愛バトルを繰り広げる男性を演じて好意的な評価を集め[46]、『Love Today』では女性を盲目的に愛し、苦悩を経て愛を犠牲にする男性を演じて絶賛された[43]シヴァージ・ガネーサン英語版シムラン英語版と共演した『Once More』では復讐を果たそうとする女性に追われるビジネスマンを演じて演技を高く評価された[42]マニ・ラトナム英語版製作の『Nerrukku Ner』ではスーリヤと共演し、義理の家族間の争いを描いた同作は高い評価を得た[42]。『Kadhalukku Mariyadhai』では大学生役を演じ、タミル・ナードゥ州映画賞 最優秀主演男優賞英語版を受賞している。1998年には『Ninaithen Vandhai』で三角関係に悩む男性、『Priyamudan』で独占欲の強い恋人を演じて両作とも高い評価を得た。同年発行のニュー・ストレーツ・タイムズでは『Priyamudan』でのアンチヒーロー的なヴィジャイの演技を「一味違ったラブストーリー」と絶賛しており[47]インディア・トゥデイは『Priyamudan』をヴィジャイの演技におけるランドマーク的作品として評価している[42]。この他、『Nilaave Vaa』ではヒンドゥー教徒の少女に恋するクリスチャンの青年を演じている。1999年にエリル英語版の監督デビュー作『Thulladha Manamum Thullum』に出演し、同作は200日以上上映されタミル・ナードゥ州映画賞 最優秀作品賞英語版を受賞した。この他に『Endrendrum Kadhal』『Nenjinile』『Minsara Kanna』に出演している[48]

2000年以降はエンターテインメント性の高い作品への出演が多くなり、ヴィジャイのキャリアに変化が起きた。25本目の主演作となった『Kannukkul Nilavu』では記憶喪失のミュージシャンを演じ[49]、『Kushi』ではエゴイストな恋人、『Priyamaanavale』では非インド文化を背景に持つ在外インド人の夫を演じ、それぞれ興行的な成功を収めた。2001年にシッディーキー英語版の『Friends』ではスーリヤと共演し、ボクサーを演じた『Badri』、恋に生きる医者を演じた『Shahjahan』と共に興行的な成功を収めた。2002年には『Thamizhan』でボリウッドプリヤンカー・チョープラーと共演し[50][51][43]、コックを演じた『Youth』、弟の仇を討とうとする兄を演じた『Bagavathi』と共に興行的な成功を収めた[52]。2003年には『Vaseegara』『Pudhiya Geethai』に出演している[53][52]。同年8月に出演した『Thirumalai』は、ヴィジャイのキャリアにとって転機を迎えた作品とされている[54]

2004年 - 2011年編集

インド首相マンモハン・シンから自身が描かれた記念切手を受け取るヴィジャイ(2006年)
ヴィジャイ(2007年)

2004年に出演した『Udhaya』は、1998年に企画が始まり2002年から撮影が行われたものの、2004年まで公開が延期されていた。テルグ語映画Okkadu』をリメイクしたダーラニー英語版の『Ghilli』ではプラカーシュ・ラージトリシャー英語版と共演し、公開日数200日間を記録した[55]。また、タミル語映画として初めて国内興行収入5億ルピーを記録するヒット作となった[56]。タミル語映画では1999年のラジニカーント主演作『パダヤッパ いつでも俺はマジだぜ!!英語版』が3億ルピーの興行収入を記録して以来、同作の興行成績がヒット作の基準となっていた[57]。また、ケーララ州では非マラヤーラム語映画作品の歴代興行成績第1位となり、同時期公開の主流マラヤーラム語映画を上回る興行成績を記録したとされている[57]マレーシアでは50万ドルの興行収入を記録しており、これはM・G・ラーマチャンドラン英語版主演作、ラジニカーント主演作以外のインド映画としては初となる記録だった[57]。さらに1969年のM・G・ラーマチャンドラン主演作『Adimai Penn』の公開第1週観客動員数を上回る記録を達成した[57]。批評家からも好意的な評価を得ており[58]ザ・ヒンドゥー英語版は「今日の大衆が共感するヒーローであるヴィジャイと、比類なき悪役であるプラカーシュ・ラージが共演する『Ghilli』は勝利の道に進んだ」と批評している[59]。同作で主人公ヴェルー(ヴィジャイ)がムトゥパーンデー(プラカーシュ・ラージ)から逃れるためにダナラクシュミ(トリシャー)を人質にしたシーンは、後にシャー・ルク・カーンディーピカー・パードゥコーン主演の『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』でオマージュされた。

『Ghilli』の成功後には『Madhurey』『Thirupaachi』に出演し[60]、2005年2月には父が監督した『Sukran』にカメオ出演している。同年後半には『Sachein』でジェネリア・デソウザ英語版、『Sivakasi』でアシン・トーットゥンカルと共演し、両作とも興行的な成功を収めた[60]。『Sachein』では楽天的な若者サチエンを演じて批評家から好意的な評価を得ており、ザ・ヒンドゥーは「ヴィジャイはサチエン役として評価を集め、映画ファンをとても楽しませる映画になっている」と批評している[61]。2006年にはテルグ語映画『Athanokkade』のリメイク作品『Aathi』に出演し、平均的な興行成績を記録した[62]。2007年にテルグ語映画『Pokiri』をリメイクしたプラブ・デーヴァ英語版の『Pokkiri』に出演し、同年のタミル語映画年間興行成績第2位となり、ケーララ州ではタミル語映画として初めて上映日数100日間を記録した[56]。同作は高く評価され、Sifyは「ユーモアとアクションシークエンスが続く限り楽しめる作品」と批評している[63]。また、当時のヴィジャイのキャリアの中で最も興行的に成功した作品だった[64]

2007年に『Azhagiya Tamil Magan』に出演し、キャリアの中で初めて一人二役を演じた。ヴィジャイは主人公及び悪役を演じ、一定の興行成績を収めた。2008年にはヴィジャイTVアワードのピープルズ・チョイス・スーパースター・アワードを受賞し[65]BBCからは「ロマンスとアクションが上手く融合した作品」と批評され、国際的にも高い評価を得た[66]。同作の国外興行収入は104万3000ドルを記録し、2007年の年間国外興行成績第1位にランクインした[67]スクリーン・デイリー英語版は『Azhagiya Tamil Magan』がマレーシアの2007年アジア映画興行収入ヒットチャートのトップ10入りを果たしたと報じている[68]。2008年にダーラニーの『Kuruvi』に出演し、同作はsifyから「大衆向けのスーパーヒーロー映画」と評価され[69]、イギリスでは同年公開のタミル語映画の中で最も興行的な成功を収めた作品になった[70]。2009年にはネオ・ノワールの『Villu』で再び一人二役を演じたものの、批評家からの評価は平凡なものだった[71]B・バーブシヴァン英語版の『Vettaikaaran』では同年公開のタミル語映画年間興行成績第1位にランクインしている。『Vettaikaaran』は成功したものの[72]、『Azhagiya Tamil Magan』『Kuruvi』『Villu』の興行収入は平均的な結果に終わっている。ただし、これらの作品は海外市場で大きな成功を収め、ヴィジャイを海外市場に売り出す効果を生んだ[73][74][75]。2010年には50本目の主演作となる『Sura』に出演し、インドネシアン・タイムズは「ヴィジャイのダンスとスーパーヒーロー・スタントによって、『Sura』はトップになった」と批評している[76]。同作は製作費を回収できたものの、ヒンディー語圏への衛星放送権を売却したため収益は上がらなかった[77][78]。ただし、ソニー・マックス英語版のターゲット視聴率は歴代最高を記録している[77]

2011年にマラヤーラム語映画『Bodyguard』をリメイクしたシッディーキーの『Kaavalan』に出演した。同作は観客と批評家から好意的な評価を得ており、興行収入10億2000万ルピーを記録するなど興行的にも成功を収めている[79][80]。また、上海国際映画祭で上映され[81]、中国でも興行的な成功を収めた[82]ディーワーリー期間中にはモハン・ラージャ英語版の『Velayudham』に出演した[56]。同作は2011年年間興行成績上位作品となり[56]、興行的な成功を収めた[83]。ヴィジャイにとっては3作目のスーパーヒーロー映画であり、彼の衣装と戦闘スタイルは『アサシン クリードシリーズ』との類似が指摘されており、批評家からは「役柄に適していた」と批評されている[84]

2012年 - 2017年編集

『Thalaivaa』撮影中のヴィジャイ(2012年)
駐チェンナイ米国総領事館で開催された環境の日イベントに出席するヴィジャイ(2013年)
『ジッラ 修羅のシマ』公開100日記念イベントに出席するヴィジャイ(2014年)

2012年に『きっと、うまくいく』をリメイクしたシャンカールの『Nanban』に出演し、興行的に大きな成功を収めた。同作はメルボルン国際映画祭英語版でも上映され[85]、ヴィジャイの演技は高く評価され、カマル・ハーサン英語版からも絶賛されている[86]。上映日数は100日間を記録し[87][88]、興行収入も15億ルピーを記録している[89]。ボリウッド映画『Rowdy Rathore』ではカメオ出演しており[90]、54本目の主演作となるA・R・ムルガダースの『Thuppakki』では混合的な評価を受けた[91][92]。『Thuppakki』の興行収入は10億ルピーを超え[93]、『ボス その男シヴァージ』『ロボット』に続いて興行収入が10億ルピーを超えた3作目のタミル語映画となった[94]。同作は当時のヴィジャイのキャリアの中で最高額の興行収入を記録し[95][96]、ロシアの映画祭でも上映された[97]。同年8月にA・L・ヴィジャイ英語版の『Thalaivaa』が公開され混合的な評価を受け[98]、タミル・ナードゥ州では海外市場よりも遅れて公開された[99]。同作は海外市場で興行的な成功を収めている[56]

2014年に『ジッラ 修羅のシマ英語版』でカージャル・アグルワールモーハンラール英語版と共演し、興行的な成功を収めた[100][101][102]。A・R・ムルガダースの『Kaththi』ではサマンタ・ルス・プラブ英語版ニール・ニティン・ムケーシュと共演して高い評価を得た[103]。同作では泥棒と理想主義者の一人二役を演じ、ロサンゼルス・タイムズは同作を「スタイルの成功」と表現している[104]。興行収入は15億ルピーを記録し[105]、同年のタミル語映画年間興行成績第2位にランクインした[106]

2015年にはチンブー・デーヴァン英語版の『Puli』に出演した。デーヴァンは2011年から「現代を舞台にしたファンタジー映画」を製作していることが報じられ、「Maareesan」のタイトルで同年後半に撮影が開始される予定だったが、10月に製作費超過を理由にUTVモーション・ピクチャーズ英語版が製作を離れ、新たにアースカル・フィルムズが製作に参加した[107]。後にデーヴァンが参加する他の企画が進む中で「Maareesan」の製作は中止されたが、2013年に企画が再開され、デーヴァンがヴィジャイに脚本を見せたところ、ヴィジャイは脚本に興味を抱いて企画に参加した。ヴィジャイの参加に伴い、彼の広報担当スタッフのP・T・セルヴァクマール英語版と、ケーララ州でヴィジャイ主演作の配給を手掛けていたサメーン・フィルムズのシブーが新たに製作に加わった。2人は新たな製作会社SKTフィルムズを設立し、ムルガダースの『Kaththi』の撮影終了後に製作を開始することを発表した[108]。『Puli』は批評家から賛否両論となったが[109]、ヴィジャイについては新たなジャンルに挑戦した点を高く評価されており[110]、同作の興行収入は15億ルピーを記録した[105]。デーヴァンは漫画家でもあり、同作の半妖という設定は『犬夜叉』をベースにしており、ヴィジャイは虎の歯と青い目を持つ「タイガー・デーモン」を演じた[111]シドニー・モーニング・ヘラルドはヴィジャイの演技を絶賛しており[112]IBタイムズは「『Puli』は海外市場で成功を収め、インド映画の標準を国際的なレベルに引き上げた記念碑的作品の一つ」と評価している[113]

2014年9月にカライプリ・S・タヌ英語版はヴィジャイが主演、アトリ英語版が監督を務める映画の契約を結んだ。映画のタイトルは複数の案が検討された後、2015年11月に『Theri』に決定し[114]、「全体の70%が完成している」と発表された[115]ディリップ・スッバラーヤン英語版が手掛けたアクションシークエンスの撮影はチェンナイで発生した洪水被害英語版の影響で一時中断されたものの、1か月間にわたり撮影された[116]。12月にはハリウッドのアクション振付師カロヤン・ヴォデニカロフが参加してクライマックスシーンの撮影が行われたが[117]、撮影地は天候不順で撮影ができなくなった中国に代わりバンコクで行われ[118]、続けてチェンナイの工場に作られたセットでも撮影が行われた[119]。『Theri』は2016年4月に公開され、批評家や観客から混合的な評価を受け、残忍なバイオレンス描写があるものの「U」認証されており、冗長で予測可能なストーリー展開がされている[120][121]。同作は2016年公開のタミル語映画年間興行成績第2位にランクインしており、ヴィジャイ主演作として興行収入10億ルピーを超えた2本目の作品となった[95]

2017年はバーラサン英語版マサラ映画Bairavaa』でキールティ・スレーシュと共演した。ヴィジャイは『Azhagiya Tamil Magan』以来10年振りにバーラサンの企画する低予算映画『Bairavaa』の企画に参加し[122]、アクションシーンやヴィジャイの演技が高く評価され、興行収入11億5000万ルピーを記録するヒット作となった[123]フォーブス・インディアは同年公開の『Bairavaa』から『マジック英語版』までの作品が全てヒットしていることから、ヴィジャイを「不断のヒットメーカー」と評しており[124]、同年7月に開催されたビハインドウッズ・ゴールドメダル授賞式では1996年以降のタミル語映画での活動が評価され、「サムラート・オブ・サウスインディア・ボックスオフィス・メダル」を受賞した[125]。61本目の主演作となるアトリーの『マジック』ではサマンタ・ルス・プラブ、カージャル・アグルワール、ニティヤ・メーノーン英語版と共演した[126]。ヴィジャイは『Theri』成功後の2016年9月にテナンダル・スタジオ英語版と契約を結び、企画を進めていた[127]。同作でヴィジャイは奇術師を演じたが、役作りとして北マケドニアのゴーゴーレクイエム、カナダのラーマン・シャルマ、ブルガリアのダニー・ベレフからマジックを学んでいる[128]。また、医師も演じており、このキャラクターは2ルピーで患者を診療したボーディナーヤッカヌールの実在の医師バーラスブラマニアンをモデルにしている[129]。この他に1970年代の主人公の父も演じるなど、一人三役を演じている。『マジック』からヴィジャイの通称が「Ilayathalapathy(若大将)」から「Thalapathy(大将)」に変更されたが、これは彼が演じたヴェトリマーランが劇中で「大将」と呼ばれていたことに由来する[130]。ディーワーリーの時期の10月18日に公開された『マジック』は批評的・興行的に成功を収め[131]、ヴィジャイ主演作として初めて興行収入25億ルピーを記録するヒット作となった[132]。ヴィジャイはナショナル・フィルム・アワードUK英語版の主演男優賞にノミネートされ、『マジック』は外国語映画賞を受賞している[133][134]。また、同作は日本でも限定上映され[135]、ヴィジャイ主演作として『Kaavalan』『Puli』に続いて中国で公開され[136][137]、韓国の富川国際ファンタスティック映画祭でも上映された[138]

私はヒット作品やブロックバスター作品を手に入れてきましたが、本当に手に入れたのはファンの皆さんです……ネガティブな意見は無視しています。人の運命を決めるのは、何も持っていない時の決意と、全てを持っている時の態度の2つです。
 —映画キャリアについて語るヴィジャイ(2017年)[139]

成功を収めた『マジック』だったが、ヴィジャイが物品サービス税英語版デジタル・インディア英語版を批判するシーンに対しては、インド人民党全インド・アンナー・ドラーヴィダ進歩党(AIADMK)から批判の声が挙がった[140][141]。これらの政党は該当シーンの削除を要求したが[142]、対立政党やタミル語映画関係者から「表現の自由に対する攻撃」と批判を浴びた[143]。また、タミル・ナードゥ州政府医師協会など複数の団体からも、「政府が運営する病院で働く医師を揶揄するシーンが存在する」として批判の声が挙がった[144]。これに関連して、インド医師会英語版の医師が製作者に損害を与えることを目的として、海賊版ウェブサイトに『マジック』のリンクを共有し、医療従事者に映画をボイコットするように呼びかけるなどの騒動が起きた[145]

2018年以降編集

 
ナディガル・サンガム主催のハンストに参加するヴィジャイとラジニカーント(2018年)

62本目の主演作はムルガダース監督作品の政治映画『サルカール 1票の革命英語版』で、キールティ・スレーシュと共演した。同作は2018年のディーワーリーの時期に公開されたが[146]タミル・ナードゥ州政府英語版からは政府を標的として国民を政治的に扇動したこと、ヴァララクシュミ・サラトクマール英語版が演じる悪徳政治家の名前「コマラヴァッリ」が元州首相J・ジャヤラリターの本名だったことから、「彼女の名誉を侮辱した」として批判された[147]。また、AIADMK幹部が上映館前で抗議活動を行い、ヴィジャイのバナーが壊される被害も生じた他、同党は製作会社サン・ピクチャーズ英語版(元州首相M・カルナーニディの大甥カラニティ・マラン英語版が所有する会社)を批判している[148]。これに対して、ラジニカーントやカマル・ハーサンなど複数の俳優が「言論の自由への攻撃」として映画製作者への支持を表明した[149]。最終的に政府から訴訟を起こされる可能性があったため、映画製作者は問題になったシーンの削除とオーディオトラックでコマラヴァッリへの言及を削除することを決定した[150]。『サルカール 1票の革命』は複数の興行成績を塗り替え、公開2日間で100カロール・クラブ入りを果たした[151]ハリウッド・リポーターはヴィジャイについて、政治ドラマの中で「格好良さ」を持つ男と評している[152]。また、同作の成功とメディアでの注目度の高さを受け、インド選挙管理委員会英語版は他人が自分に成り済まして投票した場合、投票用紙を取り戻して投票し直すことができることを周知させた[153]。『サルカール 1票の革命』の興行収入は25億ルピーを記録し[154]スペインフランス、日本でも公開された[155][156][157]

63本目の主演作はモハン・ラージャまたはペララス英語版の監督作品になると報じられたいたが、実際に選ばれたのは『Theri』『マジック』を手掛けたアトリの監督作品だった[158][159]。この作品はフットボールを題材としたスポーツ映画『ビギル 勝利のホイッスル英語版』として製作が進められ、ヴィジャイはフットボールの特別なトレーニングを受け[160]、競技シークエンスの振付はエイミー・マクダニエルとジャスティン・スキナー英語版が手掛けた。エイミー・マクダニエルは『ペレ 伝説の誕生英語版』『ミリオンダラー・アーム』『13の理由』の競技シークエンスの振り付けを手掛け、ジャスティン・スキナーはイギリスのフットボール選手として活動していた[161]。主要キャストにはナヤンタラ、助演キャストにはヴィヴェーク英語版アーナンダラージ英語版が起用されている[162][163]。ヴィジャイにとってヴィヴェークとは『Kuruvi』以来、ナヤンタラとアーナンダラージとは『Villu』以来の共演となった[164]。『ビギル 勝利のホイッスル』は2019年に公開され、2010年代最後のヴィジャイ主演作となった。批評家からの評価は低く、唯一評価されたのはヴィジャイが演じた老ギャングスターの描写のみだった[165]。一方で興行収入は30億ルピーを超え[166]、公開3か月目で2019年タミル語映画年間興行成績第1位を記録し、同時にヴィジャイのキャリアの中で最高額の興行成績を記録した。また、エジプトヨルダンで公開された最初のタミル語映画となった[167]

2019年8月にローケーシュ・カナガラージはヴィジャイ主演の新作映画を監督することをTwitterで明かし[168]、12月30日に『マスター 先生が来る!』のファーストルックポスターが公開された[169]。同作は2020年4月公開予定だったが新型コロナウイルス感染症の流行英語版に伴い延期され[170]、2021年1月13日にタミル語版、テルグ語版、ヒンディー語版が公開された[171]アラブ首長国連邦では公開2日間で興行収入140万ドルを記録し、同国では『ワンダーウーマン 1984』『TENET テネット』を上回る収益を上げた[172]。カナダ・アルバータ州の国際映画祭でも上映されている[173]。批評家からの評価は混合的で[174][175]イースタン・アイ英語版は「アクション大作だが、上映時間が長過ぎる」と批評している[176]。一方、興行収入は30億ルピーを記録しており[177]、トレード・アナリストは『マジック』『サルカール 1票の革命』『ビギル 勝利のホイッスル』『マスター 先生が来る!』の合計興行収入は100億ルピーを超えていると分析している[178]

2020年12月にネルソン・ディリップクマール英語版がヴィジャイの65本目の主演作を監督することが発表された[179]プージャー・ヘーグデーが共演し[180]アニルーダ・ラヴィチャンダル英語版が映画音楽を手掛けることが明かされ[181]、2021年6月21日に『Beast』のファーストルックポスターが公開された[182]。同作は2022年にタミル語版、マラヤーラム語版、ヒンディー語版、テルグ語版が公開される[183]

他言語映画編集

2012年のボリウッド映画『Rowdy Rathore』のダンスシークエンス「Chinta Chinta」でボリウッド初出演を果たしたヴィジャイは、ヒンディー語圏の観客から好意的な反応を得た[184]。ヴィジャイ主演作の大半は、ヒンディー語圏ではゴールドマインズ・テレフィルムズが吹替作業を手掛け、ソニー・マックス・ヒンディーTVチャンネルで放送されている[185]。2017年公開の『マジック』はボリウッド映画にとっての脅威となり、海外市場では『Golmaal Again』『シークレット・スーパースター』よりも収益を上げ[186]、アラブ首長国連邦でも両作を上回る9000万ルピーの興行収入を記録した[187]。2017年7月にリシュティ・シネプレックス英語版で放送された『Dangerous Khiladi 3』(『Vettaikaaran』のヒンディー語吹替版)、『Policewala Gunda 2』(『Jilla』のヒンディー語吹替版)がそれぞれ視聴率ランキング第1位、第3位にランクインし、ソニー・マックス・ヒンディーTVチャンネルで『Sura』が視聴率ランキング第5位にランクインしている[77]。同年末には『Khaki Aur Khiladi』(『Kaththi』のヒンディー語吹替版)が公開され、ジー・シネマ・ヒンディーTVチャンネルででも放送された[188]。『サルカール 1票の革命』は『SANJU サンジュ』の記録を塗り替えて当時のインド映画歴代最高額の興行収入を記録し[189][190]、『同意英語版』『Gold』『Thugs of Hindostan』を抑えて2018年インド映画年間興行成績第1位にランクインしている[191]。『Vijay The Master』(『マスター 先生が来る!』のヒンディー語吹替版)はジー・シネマで視聴率ランキング第2位にランクインしており[192]IMDbでは2021年のインド映画トップ10の第1位にランクインしている[193]

『ジッラ 修羅のシマ』のテルグ語版にはスレーカ・ヴァーニー、L・B・スリラーム英語版ブラフマーナンダムが出演する新規カットが追加された[194]。『サルカール 1票の革命』と『Whistle』(『ビギル 勝利のホイッスル』のテルグ語吹替版)はそれぞれテルグ語圏で1億8000万ルピー、2億ルピーの興行収入を記録し[195][196]、『マスター 先生が来る!』のテルグ語版はアーンドラ・プラデーシュ州テランガーナ州で2億ルピー以上の興行収入を記録した[197]

ダンスパフォーマンス編集

ヴィジャイは映画で高い演技力や歌唱力を披露する他[198]、ダンスシークエンスでは高度なダンスパフォーマンスを披露している。彼は映画での演技とダンスパフォーマンスで国際的な評価を得ており[199]、ダンスミュージックビデオはYouTubeで多くの再生回数と「いいね!」を記録している[200]。彼のダンスで人気が高いのは『Thirumalai』『Ghilli』『Azhagiya Tamilmagan』『Kuruvi』『Villu』『Sura』でのダンスパフォーマンスである[4]。『マジック』のミュージック・ナンバー「Aalaporan Tamizhan」は各国のインド系移民と在外インド人の間で人気を集め[200]、『Kaththi』のミュージック・ナンバー「Selfie Pulla」はルーマニアを始めとするヨーロッパ諸国や中国で人気を集めた[201]。『マスター 先生が来る!』のミュージック・ナンバー「Vaathi coming」はラヴィチャンドラン・アシュウィンデビッド・ワーナーなどのスポーツ選手がダンスを真似するなど社会現象になり[202]、カナダの少年ダンスグループが「Vaathi coming」に合わせてダンスを披露したことも話題になった[203]サイ・パラヴィ英語版もヴィジャイのダンスの大ファンで、彼のダンスステップを真似していたと語っている[204]

俳優以外の活動編集

フィランソロピー編集

 
駐チェンナイ米国総領事館で開催された環境の日イベントに出席するヴィジャイ(2013年)

2007年6月22日、ヴィジャイは自身の誕生日にエグモア英語版の総合病院の新生児に金の指輪をプレゼントした[205]。2008年5月には児童の学校退学防止を啓蒙する短編公共サービスビデオ『Herova? Zerova?』に出演している[206]

ヴィジャイはスリランカ内戦末期の2008年に、スリランカ政府によるタミル人英語版への弾圧に抗議するために複数回にわたりハンストを行った。彼はナディガル・サンガム英語版やタミル語映画のスタッフたちが主催するハンストに参加し、11月16日には8時間のハンストを実施した。チェポック英語版で行われたハンストには父S・A・チャンドラシェーカル、母ショーバ・チャンドラシェーカルも参加し、同時にヴィジャイのファンもティルネルヴェーリティルチラーパッリプドゥコーッタイマドゥライイーロードゥヴェールールダルマプリでハンストを行った[207]。ヴィジャイはハンストについて「これはスリランカで苦しむタミル人への支持を示すための努力です。私はこの抗議運動に参加できたことを光栄に思います」「私たちはスリランカに行き、タミル人のために戦うことはできません。この抗議運動は、彼らへの強い支持を示すための試みなのです」と語っている[208]。2013年にはスリランカ政府によるタミル人への戦争犯罪英語版に抗議するため、ナディガル・サンガム主催のハンストが行われたが、ヴィジャイは『Thalaivaa』撮影のためオーストラリアに滞在していたため参加しておらず、これについて「私は『Thalaivaa』撮影のためオーストラリアにおり、ハンストに参加できませんでした。この運動に参加できなかったことを後悔しています」とコメントしている[209]

2009年7月に社会福祉団体「Vijay Makkal Iyakkam (VMI/Vijay People Organization)」を設立し、ヴィジャイは同団体を通して慈善活動を行うようになった。サイクロン・ターニ英語版が発生した際には、VMIがカダルールのカミヤンペッタイで救援キャンプを作り、被災者にコメを提供した[210]。2012年7月8日にはチェンナイでイーヤダラパティ・ヴィジャイ教育賞の授賞式が行われ、受賞者の学生にヴィジャイが賞を授与している[211]。2014年11月には、喫茶店のオーナーの娘がコダンバッカムの私立大学に進学するための支援を行った[212]

2017年1月21日、ヴィジャイはチェンナイで行われたジャッリカットゥ英語版に反対する抗議デモにハンカチで顔を隠した状態で参加した[213]。同年9月には公式サイト「Vijay Makkal Iyakkam」を開設し[214]、12月にはヴィジャイのファンが学生のためのオートバイ提供や、急病人のための救急車提供などの福祉活動を開始した[215]。9月11日にヴィジャイは国家資格兼入学試験英語版で医学部への入学を果たせずに自殺した少女の遺族に経済的支援を行い[216]、2018年6月7日にはトゥーットゥックディ虐殺事件英語版の被害者家族への経済的支援を行った[217]。また、同年8月22日にはケーララ州各地のファンクラブ支部長と協力して、洪水被害を受けた住民のために700万ルピー相当の救援物資を提供し[218]、11月にはサイクロン・ガジャ英語版の被災者救済のため、タミル・ナードゥ州のVMI各支部長の銀行口座に450万ルピーを振り込んだ[219]。2020年に発生した新型コロナウイルス感染症の流行に際して、ヴィジャイは複数の救済基金に1300万ルピーを寄付し、罹患したファンやロックダウン英語版の影響を受けたファンの銀行口座に支援金を振り込んでいる[220]。2021年4月6日に実施されたタミル・ナードゥ州議会選挙の投票に向かうためにヴィジャイは自転車を使用したが、ネットユーザーからはガソリン価格とディーゼル価格の値上げに対する啓蒙活動の一環と受け取られた[221]

政治編集

私がタミル・ナードゥ州首相に就任したとしても、自分勝手に行動することはないでしょう。皆さんは本当の私を目の当たりにすると思います。真実は勝利するでしょうが、それには時間が必要だと思います。
 —政治キャリアについて語るヴィジャイ(2018年)[222]

2008年8月23日、ヴィジャイとVMIはインド国民会議の支援を受け、彼の政治アジェンダを訴えるための公開討論会をポンディシェリで開催し、討論会にはポンディシェリ連保直轄領首相英語版V・ヴァイティリンガム英語版も出席した[223]。2011年にはニューデリーラームリーラ・グラウンド英語版で行われたアンナ・ハザレ主催の汚職防止法英語版制定を訴えるハンストに参加し、ハザレ支持を表明した[224]。2017年にニュース7タミル英語版が行った世論調査では、ヴィジャイが新党を結成してタミル・ナードゥ州議会選挙に出馬した場合、他党の一部(ドラーヴィダ進歩党(DMK)の39%、AIADMKの22.8%、インド人民党の7.7%、インド国民会議の6.3%、その他の政党の24.2%)と連携すれば政権獲得の可能性があると分析している[225]。2018年に開催された『サルカール 1票の革命』サウンドトラック発表会では、ヴィジャイの顔が描かれたシャツや旗を持ったファンが会場に集まり、ヴィジャイはファンを前にして汚職や選挙制度、腐敗した政治システムの中で効率的に立ち回る政治指導者について批判した[226]。政治アナリストのスマント・ラーマンはヴィジャイの言動について「映画スターはM・G・ラーマチャンドランやジャヤラリターの成功を見て政界に進もうとするが、その成功例が現在でも当てはまるのかは分かりません。2人とも政権を獲得するまで何年も政治に携わりました。ヴィジャイが高い人気を集めていることは確かですが、それだけで成功を得るという保証はないのです」と指摘している[226]

ヴィジャイは主演作の中で強い政治的メッセージを発することで論争の的になることが多く、その発言が現実における彼の政治キャリアに投影されている[227]。2021年9月27日、ヴィジャイの父S・A・チャンドラシェーカルは、「息子ヴィジャイは政治から距離を置き、VMIは純粋なファンクラブであり政党として機能することはない」と明言した[228]。また、ヴィジャイもファンに対して声明を発表し、「ファンが作ったポスターに政治的メッセージを付けること」「自分の写真と政治指導者の写真を合成すること」「ヴィジャイの名前を政治的な目的のために使用すること」を禁止した[229]。一方、同年10月21日に実施されたタミル・ナードゥ州第9地区選挙には121人のVMIメンバーが出馬し、DMK、AIADMKに次ぐ得票率を得て議席を獲得している[230][231][232]。同月26日にヴィジャイは当選したVMIメンバーと面会し、「人々が抱える基本的な問題の解決」を掲げ、州政府やインド政府に働きかけるように伝えた[233]

私生活編集

家族編集

ヴィジャイはイギリスで出会ったスリランカ・タミル人のサンギータ・ソーナリンガムと婚約し[234][235]、1999年8月25日に結婚した[236][237]。2人の間には2000年に息子ジェイソン・サンジャイ[238]、2005年に娘ディヴィヤ・シャシが生まれた[239]。ジェイソン・サンジャイは『Vettaikaaran』で、ディヴィヤ・シャシは『Theri』でヴィジャイと共演している。

トラブル編集

2020年2月5日、ヴィジャイはAGSエンターテインメントから引き継いだ不動産投資に関連して、脱税の疑いで税務当局から家宅捜索を受けた[240]。これに関連して、AGSエンターテインメントのプロデューサーのG・N・アンブー・チェジヤン英語版の自宅から6億5000万ルピーが押収された[241]。ヴィジャイの自宅が家宅捜索を受けたのは、彼は『マスター 先生が来る!』の撮影でカダルールに滞在している時期だった[242]。3月12日に税務当局は「家宅捜索の結果、脱税に関する証拠は発見されず、ヴィジャイは適切な納税手続きを行っている」と声明を発表した[243]。家宅捜索に対して、「ヴィジャイが与党・インド人民党に批判的立場を取っていることから政治的な標的にされた」と非インド人民党系の政治家・支持者から批判の声が挙がった[244]

2021年7月13日、マドラス高等裁判所英語版は2012年にヴィジャイがイングランドで購入したロールス・ロイス・ゴーストの輸入税免除に関する申請を却下し、罰金10万ルピーを課して新型コロナウイルス感染症の救済基金に充当することを決定した。判事のS・M・スブラマニアムは決定の中でヴィジャイを「タミル・ナードゥ州では映画のヒーローが州の支配者として君臨したため、人々は彼らが本物のヒーローであるかのような印象を持っています。よって、彼らがリールヒーローのように振る舞うことは期待されていません。脱税は反国家的な態度であり、違法と考えられます」「俳優たちは、自分たちを社会正義の擁護者として映画に登場させ、映画では社会の不正を糾弾しています。ですが、彼らは脱税し、法律に反するような行動をとっています」と批判している[245]。これに対し、ヴィジャイは同月15日にスブラマニアムをマドラス高等裁判所に訴え[246]、同月20日に免税問題の控訴と合わせて審議が行われた[247]。翌21日に判決が下り、スブラマニアムが下した判決の効力停止とヴィジャイの罰金支払いの停止が決定した[248]

評価編集

『Puli』サウンドトラック発表イベントに出席するヴィジャイ(2015年)
駐チェンナイ米国総領事館で開催された環境の日イベントで掲げられたヴィジャイが描かれた幕

ヴィジャイはインドで最も人気のあるセレブリティの一人であり[20][249]GoogleとTwitterの両方で最も検索・ツイートされた人物として何度も記録されている[25][26]。また、フォーブス・インディアのセレブリティ100にも複数回名前が挙げられ、2012年から2019年にかけて第28位から第47位の間にランクインしていた[250][251][252][253][22][23][24]。2019年にトレード・アナリストのL・M・カウシクはファーストポストの取材の中で「海外から見ると、ヴィジャイはラジニカーントに次ぐ南インドの大スターと言えるでしょう……南インドの俳優にとって、海外市場で2000万ドルの収益を上げることは大きな夢です。ヴィジャイは『マジック』と『サルカール 1票の革命』の2作品でそれを成し遂げました。『マスター 先生が来る!』はヴィジャイが国際的なスターダムに乗ったことで海外興行収入3000万ドルを記録しました[199]。イギリス、スリランカ、フランスでは最高額の興行収入を記録し、ヴィジャイが最大のスーパースターになっています」と分析している[254]

ファーストポストのスレンダール・M・Kの分析によると、マヘーシュ・バーブ英語版のようなヴィジャイと同世代の南インド映画のスター俳優たちは、西ヨーロッパ市場で人気があるにも関わらず、海外市場では安定した成功を収めていないという[254]。これに関して、海外市場の大手配給業者は「マヘーシュ・バーブの海外市場での最高興行成績は400万ドルから500万ドルの間であることに比べ、ヴィジャイの海外市場での興行成績は一貫して増加している」と指摘しており[254]、さらに「アジット・クマール主演作の『Vedalam』『Vivegam』『Viswasam』を全て合わせても、海外興行収入は500万ドル程度にしかなりません。アジットはヴィジャイの最大のライバルと目されていますが、ここ数年の海外興行収入はヴィジャイに比べて伸び悩んでいます。ヴィジャイはアトリやA・R・ムルガダースとのコラボレーションを機に、海外市場での興行成績に大きな変化を起こしました。また、彼が選ぶストーリーや主演作で取り扱う社会問題も、彼が海外市場で強い人気を誇る理由の一つになっています」と語っている[254]

また、彼の主演作はケーララ州でも高い人気を集めている。『サルカール 1票の革命』は『バーフバリ 王の凱旋』公開初日の記録を破り、同州の公開初日の歴代興行成績を塗り替えた[254]。ケーララ州とアラブ首長国連邦・湾岸協力会議加盟国地域の興行成績を分析しているボックスオフィス・トラッカーのイルシャドは、「ヴィジャイはケーララ州において、Big Ms(マンムーティ英語版とモーハンラール)と同レベルで公開初日の映画に観客を呼び集めることができる唯一の他言語映画俳優です。『Ghilli』はケーララ州における彼のキャリアのターニングポイントになった。同作はカマル・ハーサン主演作『インドの仕置人』の興行成績を塗り替え、さらに『Pokkiri』はシャンカールが監督したヴィクラム主演作『Anniyan』の興行成績を破っている。ヴィジャイのケーララ州における覇権は『Pokkiri』から始まり、現在でも続いている」と分析している[254]。一方、『Kuruvi』『Sura』『Velayudham』『Puli』ではスーパーヒーローの役に挑戦したが、いずれも平凡な興行成績に終わっている[255][256][257]。Sifyはヴィジャイに適した役柄について「大衆の中の男」と評価している[258]

ヴィジャイは2002年にコカ・コーラ・インディア英語版の広告[259][260]、2005年にサンフィーストの広告に起用された[261]。2008年にはインディアン・プレミアリーグのクリケットチーム「チェンナイ・スーパーキングス」のアンバサダーに任命され[262]、2009年にはコカ・コーラ・インディアのタミル・ナードゥ州ブランド大使に任命された[263][264]。2010年8月にはジョーズ・アラッカ&サンズ英語版のタミル・ナードゥ州及びケーララ州ブランド大使に任命された[265]。この他にタタ・ドコモ英語版の広告にも起用されている[266]。また、2017年には後期中等教育中央審議会英語版が選定した教科書に掲載する「南インドのポンガル祭英語版に伝統衣装を着て参加するタミル人」に、ヴィジャイの写真が採用された[267][268]。2019年にはTwitterの「インドで最もツイートされたハッシュタグ」のトップ10にヴィジャイが、「エンターテインメント部門で最もリツイートされたツイートに」には『ビギル 勝利のホイッスル』が選ばれた[269]

ヴィジャイがネイヴェリ英語版で映画を撮影した際、ファンと一緒に撮影した写真をTwitterアカウントに「Thank you Neyveli」と投稿して社会現象を起こした。Twitterインディアによると、ヴィジャイのツイートは14万5700リツイートを記録し、2020年にインドで最もリツイートされた投稿になったという[270]。2021年のTwitter調査によると、インド映画関連で最もリツイート・「いいね!」されたツイートは、ヴィジャイの『Beast』ファーストルックポスター公開ツイートであり、最もハッシュタグが付けられた作品は『マスター 先生が来る!』だった[271][272][273]。2021年には南インドで最も人気があるTwitterアカウントにも選ばれている[274]

フィルモグラフィー編集

受賞歴編集

2007年にヴィジャイは社会福祉活動と映画活動の功績を認められ、MGR博士教育研究所英語版から名誉博士を授与された[275]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ BJP leader tweets 'truth' about Vijay's religion, gets it from actor's fans” (英語). Hindustan Times (2017年10月23日). 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ TN doesn't care if their Thalapathy is Joseph Vijay: Why does BJP's H Raja?”. www.thenewsminute.com (2017年10月23日). 2021年12月17日閲覧。
  3. ^ a b "Exclusive biography of @actorvijay and on his life", filmibeat.com. Retrieved 31 July 2018.
  4. ^ a b Vijay's energetic dance moves”. The Times of India (2015年10月15日). 2021年7月12日閲覧。
  5. ^ Thalapathy Vijay to join hands with director Vamsi Paidipally for his next film”. India Today (2021年5月30日). 2021年6月19日閲覧。
  6. ^ Breaking! Vijay confirms 'Thalapathy 66', becomes South India's highest paid actor - Tamil News” (2021年8月19日). 2021年12月17日閲覧。
  7. ^ Vijay confirms 'Thalapathy 66' for highest salary in south? - Times of India”. The Times of India. 2021年12月17日閲覧。
  8. ^ Vijay to get a whopping Rs 110 crore for his 66th?”. dtNext.in (2021年5月12日). 2021年5月19日閲覧。
  9. ^ 10 Highest paid actors in Kollywood”. The Times of India. 2021年4月27日閲覧。
  10. ^ Fan moment of a visually challenged couple with Thalapathy Vijay”. The Times of India (2020年12月21日). 2021年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月23日閲覧。
  11. ^ Vijay collects his IARA Award for 'Mersal' in person” (2018年12月13日). 2021年12月17日閲覧。
  12. ^ Why is Vijay called Thalapathy?”. India Today (2021年1月13日). 2021年11月14日閲覧。
  13. ^ Kamath, Sudhish (2003年10月12日). “Kollywood crackers”. The Hindu. オリジナルの2017年1月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170120081554/http://www.thehindu.com/lf/2003/10/12/stories/2003101201050200.htm 2021年12月17日閲覧。 
  14. ^ Saraswathi, S. (2014年6月23日). “Looking at Vijay's TOP 7 landmark films”. Rediff.com. 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月17日閲覧。
  15. ^ 'Thuppakki' to 'Sarkar': Five times when 'Master' actor Vijay handled controversies with a calm demeanor” (英語). The Times of India (2020年2月6日). 2020年6月8日閲覧。
  16. ^ Upadhyaya, Prakash (2017年11月13日). “Mersal box office collection: Vijay crowned the king of Rs 100 crore club; consistent performer than Rajinikanth, Ajith”. IBTimes India. 2021年5月14日閲覧。
  17. ^ Do you know about a village in Tamil Nadu that is filled with only Thalapathy Vijay fans?”. Entertainment News (2021年3月17日). 2021年11月14日閲覧。
  18. ^ Tyagi, Karuna (2020年4月1日). “'Vijay The Face Of Indian cinema' its time to celebrate Thalapathy Vijay's superstardom”. Entertainment News. 2021年11月14日閲覧。
  19. ^ சார்லஸ், தேவன் (2020年2月20日). “26 February 2020 - விஜய்தான் நம்பர் 1? - Vijay raising to be the number one star of Tamil cinema?” (タミル語). www.vikatan.com. 2021年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月17日閲覧。
  20. ^ Actor Vijay helps US Consulate go green”. The New Indian Express. 2021年12月17日閲覧。
  21. ^ a b 2017 Celebrity 100 – Forbes India Magazine”. Forbes India. 2017年12月22日閲覧。
  22. ^ a b 2018 Celebrity 100”. Forbes India (1970年1月1日). 2021年6月9日閲覧。
  23. ^ a b 2019 Celebrity 100”. Forbes India (1970年1月1日). 2021年6月9日閲覧。
  24. ^ a b Google trends:Vijay is the most searched Tamil actor”. Sify. 2021年12月17日閲覧。
  25. ^ a b Virat-Anushka's Pregnancy Announcement Was Most Liked Tweet in India in 2020”. NDTV Gadgets 360. 2021年12月17日閲覧。
  26. ^ a b "Mothers Day special Interview with Illayathalapathy Vijay mother Shobha Chandrasekhar", IndiaGlitz.
  27. ^ Bollywood cameos – Interesting facts about Ilayathalapathy Vijay”. The Times of India. 2020年6月9日閲覧。
  28. ^ "Vijay". starsbiography.
  29. ^ Rare picture of Vijay with his sister - Tamil News”. IndiaGlitz.com (2019年2月25日). 2021年12月3日閲覧。
  30. ^ Vijay speaks about his childhood schooling in fathima matriculation school chennai”. YouTube. 2021年12月3日閲覧。
  31. ^ Vijay | Which Celebrity belongs to your school/college?”. Behindwoods (2016年4月23日). 2017年12月28日閲覧。
  32. ^ “22 ஆண்டுகளில் விஜய்யின் சினிமா பயணம்!” (タミル語). Ananda Vikatan. (2014年12月4日). オリジナルの2017年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170110123018/http://www.vikatan.com/cinema/tamil-cinema/news/43349.art 2021年12月3日閲覧。 
  33. ^ "Style of his own".
  34. ^ "SAC recalled how Vijayakanth did Sendhoorapandi free of cost to help his son Vijay's career". www.behindwoods.com.
  35. ^ Rasigan success”. Behindwoods (2017年2月16日). 2021年3月17日閲覧。
  36. ^ Lee, Dharmik (2017年6月22日). “'மெர்சல்' ஃபர்ஸ்ட்லுக்கில் இந்த விஷயங்களை எல்லாம் கவனிச்சீங்களா..?”. 2017年11月24日閲覧。
  37. ^ Tamil movies : Vijay risky stunts in films”. Behindwoods. 2021年6月25日閲覧。
  38. ^ Chandralekha average performance”. Sify. 2021年5月9日閲覧。
  39. ^ successful Pongal releases for Vijay”. Behindwoods (2017年1月3日). 2021年5月6日閲覧。
  40. ^ Balachandran, Logesh (2015年4月17日). “Sanghavi makes a comeback in Kani's film”. The Times of India. 2021年6月26日閲覧。
  41. ^ a b c d Happy Birthday Vijay: 10 best films of Ilayathalapathy as a performer” (英語). India Today. 2019年8月5日閲覧。
  42. ^ a b c 'Shajahan' - 2001”. The Times of India (2020年6月17日). 2020年12月14日閲覧。
  43. ^ Desk, HT Entertainment (2021年6月22日). “Happy birthday Vijay: Priyanka Chopra to Katrina Kaif, 6 times Thalapathy romanced Bollywood actors”. Hindustan Times. 2021年6月25日閲覧。
  44. ^ Vijay blockbusters”. Sify.com (2007年1月20日). 2005年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月24日閲覧。
  45. ^ Kaalamellam Kaathiruppen - When Thalapathy Vijay played negative roles - Complete list here”. Behindwoods (2018年10月22日). 2021年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月24日閲覧。
  46. ^ Vijay flag flys high as an anti-hero”. New Straits Times (2021年6月23日). 2021年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月23日閲覧。
  47. ^ Master is blockbuster but can Vijay now step out of his comfort zone?”. India Today (2021年1月16日). 2021年5月17日閲覧。
  48. ^ Happy Birthday Vijay: 10 best films of Ilayathalapathy as a performer”. India Today (2016年6月22日). 2020年11月26日閲覧。
  49. ^ “'Thamizhan' was hit because of Vijay: Imman”. (2012年11月2日). http://ibnlive.com/news/thamizhan-was-hit-because-of-vijay-imman/303460-71.html 2012年12月10日閲覧。 
  50. ^ April brings cheer to Tamil film industry”. The Times of India (2002年5月3日). 2012年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月12日閲覧。
  51. ^ a b 'Priyamanavale' to 'Pokkiri': Five superhit Tamil films of Vijay”. The Times of India (2020年4月3日). 2020年11月25日閲覧。
  52. ^ R, Manoj Kumar (2021年6月22日). “Vijay's impressive comic-timing in Vaseegara”. The Indian Express. 2021年7月5日閲覧。
  53. ^ Thirumalai Tamil Movie Review”. Indiaglitz.com. 2014年4月24日閲覧。
  54. ^ Ghilli's record break”. Indiaglitz.com (2004年7月24日). 2013年5月10日閲覧。
  55. ^ a b c d e Nair, Sree Prasad (2016年5月19日). “From Ghilli to Theri: 10 Ilayathalapathy Vijay action blockbusters one should know!”. CatchNews.com. 2021年1月27日閲覧。
  56. ^ a b c d 14 years of Vijay's Ghilli – Things you din't know about the blockbuster” (英語). Suryan FM (2018年4月17日). 2020年6月12日閲覧。
  57. ^ S, Srivatsan (2020年6月8日). “When Janaki Sabesh and Ashish Vidyarthi had a 'Ghilli' reunion” (英語). The Hindu. https://www.thehindu.com/entertainment/movies/the-ghilli-reunion/article31778167.ece 2021年4月11日閲覧。 
  58. ^ “Ghilli”. The Hindu (Chennai, India). (2004年4月23日). オリジナルの2004年7月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040705172302/http://www.hindu.com/fr/2004/04/23/stories/2004042301450300.htm 2021年12月6日閲覧。 
  59. ^ a b 'Love Today' to 'Vettaikaran': Ten times when Vijay delivered a super hit film with a debutant director”. The Times of India (2020年6月17日). 2020年11月25日閲覧。
  60. ^ Life Chennai : Vijay scores as 'Sachein'”. The Hindu (2005年4月20日). 2005年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  61. ^ Chennai Box-Office (Jan14-16)”. Sify. 2021年2月25日閲覧。
  62. ^ Movie Review:Nanban”. Sify.com. 2014年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月12日閲覧。
  63. ^ 'Pokkiri' to 'Bairavaa': Five times when Vijay rocked the box office during Pongal”. The Times of India (2021年1月11日). 2021年9月29日閲覧。
  64. ^ “A star-studded awards ceremony”. The Hindu. (2016年12月26日). ISSN 0971-751X. http://www.thehindu.com/todays-paper/tp-national/tp-tamilnadu/a-starstudded-awards-ceremony/article3039011.ece 2018年1月31日閲覧。 
  65. ^ Shropshire - Bollywood - Azhigiye Tamizh Magan”. BBC (2021年5月19日). 2021年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月19日閲覧。
  66. ^ Azhagiya Tamizh Magan (2007)”. www.boxofficemojo.com. 2019年5月15日閲覧。
  67. ^ Wong, Silvia (2008年2月5日). “Malaysian box office hits all-time high of $100m”. Screen. 2021年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月6日閲覧。
  68. ^ Kuruvi 5”. Sify (2008年4月17日). 2021年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月6日閲覧。
  69. ^ Kuruvi”. Box Office Mojo (2021年5月19日). 2021年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月19日閲覧。
  70. ^ Review: Villu”. Rediff.com. 2021年6月6日閲覧。
  71. ^ Chennai Box Office–Jan 22 to 24”. Sify (2010年1月28日). 2017年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月6日閲覧。
  72. ^ CBO – Nov 30 to Dec 2”. Sify (2007年12月4日). 2017年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月6日閲覧。
  73. ^ Chennai Box-Office (June 13–15)”. Sify (2008年6月17日). 2017年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月6日閲覧。
  74. ^ Chennai Box Office (Jan 30 to February 1, 2009)”. Sify (2009年2月3日). 2017年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月6日閲覧。
  75. ^ Times, IDN (2018年12月19日). “Filmnya Sukses, 11 Meme Aquaman yang Bikin Ngakak Sampai Atit Peyut” (インドネシア語). IDN Times. 2020年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月14日閲覧。
  76. ^ a b c BARC Wk 45: Movies from south spike viewership of Hindi channels”. Indian Advertising Media & Marketing News – exchange4media (2017年11月23日). 2021年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月17日閲覧。
  77. ^ Did you know Vijay's 'Sura' director SP Rajkumar was going to team up with Ajith a few years back?”. The Times of India (2020年4月30日). 2021年6月7日閲覧。
  78. ^ The South Side Story”. businessworld.in (2015年2月19日). 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月5日閲覧。
  79. ^ Kaavalan is a Hit. Sify.com. Retrieved 6 June 2011.
  80. ^ “Vijay's Kaavalan at the Shanghai film festival”. Rediff. http://www.rediff.com/movies/report/south-kaavalan-at-the-shanghai-film-festival/20110509.htm 2018年9月10日閲覧。 
  81. ^ Ilaya Thalapathy Vijay Wows China - Vijay - Kavalan - Shanghai Film Festival - Tamil Movie News”. Behindwoods.com (2021年6月23日). 2021年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月23日閲覧。
  82. ^ R, Sharanya C (2011年10月30日). “'Velayudhams victory over '7aam Arivu' surprises all”. DNA India. 2021年3月5日閲覧。
  83. ^ Reddy Player One: South Indian Films That Borrowed The Video Game Aesthetic”. Film Companion (2020年6月15日). 2021年5月19日閲覧。
  84. ^ “Priyanka, Vijay & other stars at Indian Film Festival of Melbourne”. Sify. http://www.sify.com/movies/priyanka-vijay-other-stars-at-indian-film-festival-of-melbourne-news-bollywood-mgor5dfjgcgsi.html 2017年12月14日閲覧。 
  85. ^ “Kamal Haasan's verdict on Nanban”. The Times of India. (2012年1月23日). オリジナルの2013年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130520111634/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-01-23/news-interviews/30655364_1_kamal-haasan-ulaganayagan-verdict 2012年8月13日閲覧。 
  86. ^ Movie Review: Nanban”. Sify.com. 2013年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月12日閲覧。
  87. ^ Srinivasan, Pavithra. “Review: Nanban is worth a watch”. Rediff.com. 2012年1月12日閲覧。
  88. ^ Pereira, Priyanka (2012年8月6日). “Foreign Return”. Indian Express. http://archive.indianexpress.com/news/foreign-return/984421/ 2021年3月19日閲覧。 
  89. ^ IndiaGlitz (2012年6月1日). “Actor Vijay shakes a leg in 'Rowdy Rathore”. CNN-IBN. オリジナルの2012年6月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120603234112/http://ibnlive.in.com/news/actor-vijay-shakes-a-leg--in-rowdy-rathore/263598-71-210.html 2012年6月1日閲覧。 
  90. ^ Srinivasan, Pavithra (2012年11月13日). “Review: Thuppaki is dull”. Rediff. 2021年7月3日閲覧。
  91. ^ Vijay's Thupakki starts!”. Behindwoods.com (2011年12月5日). 2012年6月28日閲覧。
  92. ^ 'Thuppakki' Box Office Collection Crosses ₹100 Crore Mark: Vijay's Biggest Grosser Ever”. IBTimes India (2012年11月27日). 2021年1月26日閲覧。
  93. ^ “Ilayathalapathy Vijay joins the Rs 100 crore club!”. The Times of India. オリジナルの2013年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130417193911/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2013-01-10/news-interviews/36257239_1_crore-club-thuppakki-vijay-film 2013年1月10日閲覧。 
  94. ^ a b “From Ghilli to Theri: 10 Ilayathalapathy Vijay action blockbusters one should know!”. CatchNews.com. http://www.catchnews.com/regional-cinema/list-of-ilayathalapathy-vijay-action-packed-films-actor-vijay-filmography-theri-movie-box-office-records-top-south-indian-action-films-from-ghilli-to-theri-movie-news-1463648578.html 2017年12月14日閲覧。 
  95. ^ “Vijay's Theri crosses Rs 150 crore mark at Box Office, all set to break records of Thuppakki”. CatchNews.com. http://www.catchnews.com/regional-cinema/theri-crosses-the-rs-150-crore-mark-at-the-box-office-all-set-to-break-vijay-s-highest-grosser-thuppakki-1461844410.html 2017年12月14日閲覧。 
  96. ^ Thuppakki will be screened in Russia as part of their celebration”. Behindwoods (2013年10月3日). 2021年7月12日閲覧。
  97. ^ 'Thalaivaa' Review Roundup: Watch it for Vijay”. IBTimes India (2013年8月9日). 2021年7月3日閲覧。
  98. ^ Thalaiva Tamil Movie Review – cinema preview stills gallery trailer video clips showtimes. Indiaglitz.com (9 August 2013). Retrieved 21 July 2014.
  99. ^ Vijay's 'Jilla' set to roll from May! – TOI Mobile | The Times of India Mobile Site. The Times of India. (20 February 2013). Retrieved 25 April 2013.
  100. ^ Jilla 100 Day Box Office Collection”. InReporter. 2014年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月10日閲覧。
  101. ^ Box Office Collection: Vijay's 'Jilla' Outperforms Ajith's 'Veeram' at Worldwide BO. International Business Times. (18 January 2014). Retrieved 21 July 2014.
  102. ^ Sangeetha Seshagiri (22 October 2014) 'Kaththi' Review Roundup: Vijay Gives Sharp Performance; Worth a Watch. International Business Times
  103. ^ Kaththi a success in style”. www.latimes.com (2021年7月3日). 2021年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月3日閲覧。
  104. ^ a b Upadhyaya, Prakash (2017年10月23日). “Vijay's film racing towards Rs 150 crore mark”. IBTimes India. 2021年8月25日閲覧。
  105. ^ "'Kaththi' Box Office: Vijay Starrer Becomes Biggest Tamil Hit of 2014". International Business Times. 10 November 2014.
  106. ^ Has Mareesan slipped out of UTV?. Sify.com (19 October 2011). Retrieved on 4 October 2015.
  107. ^ Ilayathalapathy Vijay's 58th film aka Vijay 58 will be directed by Chimbudevan. Behindwoods.com (23 January 2014). Retrieved on 4 October 2015.
  108. ^ IBTimes (2015年10月4日). “'Puli' movie review roundup: Vijay-starrer bags mixed reviews, poor ratings from Telugu critics” (英語). International Business Times, India Edition. 2020年4月22日閲覧。
  109. ^ PULI MOVIE REVIEW”. Behindwoods (2015年10月1日). 2021年12月9日閲覧。
  110. ^ 'Puli' is a film that everybody can enjoy: Chimbu Deven”. News, Breaking News, Latest News, News Headlines, Live News, Today News CNN-News18 (2015年9月29日). 2021年5月19日閲覧。
  111. ^ Vijay excels as a Tiger demon”. www.smh.com.au (2021年7月4日). 2021年7月4日閲覧。
  112. ^ 'Baahubali', 'Puli', 'Rudhramadevi' effect: IIFA to celebrate South Cinema; Rana to be ambassador?”. IBTimes India (2015年10月14日). 2021年5月11日閲覧。
  113. ^ 'Theri' is the title for Vijay 59?”. Sify. 2015年11月25日閲覧。
  114. ^ Amy Jackson starts shoot for 'Vijay 59'”. Sify (2015年11月2日). 2015年11月25日閲覧。
  115. ^ High octane action sequences in Vijay 59!”. Sify (2015年11月17日). 2015年11月25日閲覧。
  116. ^ Theri: Hollywood technicians roped in for Vijay's upcoming actioner”. India Today (2015年11月29日). 2015年12月5日閲覧。
  117. ^ Vijay 59 may not be shot in China as planned”. Behindwoods (2015年10月8日). 2015年11月25日閲覧。
  118. ^ Vijay shoots for Theri's climax scenes”. The Times of India. 2016年5月7日閲覧。
  119. ^ VS, Goutham (2020年6月5日). “Theri movie review: Vijay's limitations as an actor exposed in a predictable storyline”. The Indian Express. 2021年6月29日閲覧。
  120. ^ Upadhyaya, Prakash. "'Theri' box office collection: Vijay-starrer strikes gold in Chennai, set to complete 75 days in theatres".
  121. ^ Upadhyaya, Prakash. "Bairavaa (Bhairava) 3 weeks box office collection: Vijay's film earns around Rs 110 crore in 22 days".
  122. ^ Upadhyaya, Prakash. “Vijay gifts gold ornaments to Bairavaa (Bhairava) unit following its success at box office” (英語). International Business Times, India Edition. http://www.ibtimes.co.in/vijay-gifts-gold-ornaments-bairavaa-bhairava-unit-following-its-success-box-office-714946 2017年12月16日閲覧。 
  123. ^ Vijay: Habitual hit maker | Forbes India” (英語). Forbes India. 2017年12月31日閲覧。
  124. ^ “Event story of Behindwoods Gold Medals 2017”. Behindwoods. (2017年6月12日). https://www.behindwoods.com/tamil-movies-cinema-news-16/event-story-of-behindwoods-gold-medals-2017.html 2017年12月21日閲覧。 
  125. ^ Mersal box office collection”. Behindwoods (2017年11月4日). 2017年11月24日閲覧。
  126. ^ Sri Thenandal Films signs Ilayathalapathy Vijay?”. 2017年5月24日閲覧。
  127. ^ “Vijay learns a few tricks for Mersal” (英語). www.deccanchronicle.com/. (2017年8月6日). http://www.deccanchronicle.com/entertainment/kollywood/060817/vijay-learns-a-few-tricks-for-mersal.html 2017年8月7日閲覧。 
  128. ^ Is Mersal's 5 rupees doctor inspired by late Dr.Balasubramanian from Theni”. Behindwoods (2017年10月19日). 2020年3月27日閲覧。
  129. ^ Mersal – The Transformation from Ilaiyathalapathy to Thalapathy” (英語). Picture-Ok (2017年10月26日). 2020年6月8日閲覧。
  130. ^ Suganth, M (2017年10月18日). “Mersal Review {3.5/5}: When you have a mass hero in full form like Vijay is in the film, how can things go wrong?”. The Times of India. 2021年6月29日閲覧。
  131. ^ Upadhyaya, Prakash. “Ilayathalapathy Vijay's Mersal creates history; breaches Rs 250-crore mark”. International Business Times, India Edition. http://www.ibtimes.co.in/ilayathalapathy-vijays-mersal-creates-history-breaches-rs-250-crore-mark-750449 2017年12月14日閲覧。 
  132. ^ “Vijay's 'Mersal' wins international award”. The News Minute. (2018年4月2日). https://www.thenewsminute.com/article/vijay-s-mersal-wins-international-award-78864 2018年9月10日閲覧。 
  133. ^ National Film Awards [@NATFilmAwards] (2018年1月15日). "Congratulations to @actorvijay nominated for #BestSupportingActor at the #NationalFilmAwardsUK for his role on the film @MersalFilm Vote now @ t.co/m9o5bhrBeR #NationalFilmAwardsUK t.co/VhS8hRrSql" (ツイート) (英語). 2021年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブTwitterより2021年5月31日閲覧
  134. ^ “Thalapathy Vijay's Mersal creates a big record even before its release; find out what it is”. The Financial Express. (2017年10月11日). https://www.financialexpress.com/entertainment/mersal-thalapathy-vijay-movie-becomes-1st-ever-tamil-film-to-create-this-big-record-find-out-what-it-is/889875/ 2018年9月8日閲覧。 
  135. ^ “Thalapathy Vijay's Mersal to release in China”. Behindwoods. (2018年8月10日). https://m.behindwoods.com/tamil-movies-cinema-news-16/thalapathy-vijays-mersal-to-release-in-china.html 2018年8月10日閲覧。 
  136. ^ 'Puli' to release in Japan and China?”. Sify. 2021年12月10日閲覧。
  137. ^ “Vijay's Mersal screened at BIFAN Film Festival”. Behindwoods. (2018年7月30日). https://www.behindwoods.com/tamil-movies-cinema-news-16/vijays-mersal-screened-at-bifan-film-festival.html 2018年9月10日閲覧。 
  138. ^ Ramanujam, Srinivasa; Menon, Vishal (2017年8月20日). “I ask my fans to Ignore negativity: Vijay”. http://www.thehindu.com/entertainment/movies/mersal-audio-launch-ignore-negativity-vijay-tells-his-fans/article19530258.ece 2017年8月20日閲覧。 
  139. ^ Govindarajan, Vinita. “'Mersal' row has Tamil film industry worried: 'We don't know what to depict in our films now'”. Scroll.in. 2020年1月8日閲覧。
  140. ^ “P Chidambaram on Mersal row: Soon, only films 'praising' govt policies will be allowed”. The Indian Express. (2017年10月21日). http://indianexpress.com/article/india/soon-only-films-praising-govt-policies-will-be-allowed-p-chidambaram-reacts-to-mersal-row-4899680/ 2021年12月10日閲覧。 
  141. ^ “Cut Scenes Mocking GST and Digital India in Vijay's Mersal, Demands BJP”. News 18. (2017年10月19日). http://www.news18.com/news/politics/cut-scenes-mocking-gst-and-digital-india-in-vijay-starrer-mersal-demands-bjp-1551317.html 2021年12月10日閲覧。 
  142. ^ “Opposition stands with Mersal”. The Hindu. (2017年10月22日). http://www.thehindu.com/news/national/tamil-nadu/opposition-stands-with-mersal/article19900227.ece 2021年12月10日閲覧。 
  143. ^ “Government doctors criticise 'Mersal'”. The Hindu. (2017年10月21日). http://www.thehindu.com/todays-paper/tp-national/tp-tamilnadu/government-doctors-criticise-mersal/article19893820.ece 2021年12月10日閲覧。 
  144. ^ “TN doctors boycott Vijay-starrer Mersal, prescribe piracy”. The Times of India. (2017年10月20日). https://timesofindia.indiatimes.com/city/chennai/tn-doctors-boycott-vijay-starrer-mersal-prescribe-piracy/articleshow/61151055.cms 2021年12月10日閲覧。 
  145. ^ Upadhyaya, Prakash (2017年6月26日). “Vijay 62: Sun Pictures to produce AR Murugadoss' next film?”. International Business Times. 2017年11月24日閲覧。
  146. ^ “Vijay's Sarkar faces backlash from ruling AIADMK, party says film could incite violence” (英語). The Indian Express. (2018年11月8日). https://indianexpress.com/article/india/vijay-sarkar-film-aiadmk-jayalalithaa-tamil-nadu-government-5438044/ 2018年11月9日閲覧。 
  147. ^ “Vijay and Maran's 'Sarkar': What AIADMK's objection to the movie is all about”. The News Minute. (2018年11月8日). https://www.thenewsminute.com/article/vijay-and-marans-sarkar-what-aiadmks-objection-movie-all-about-91217 2018年11月9日閲覧。 
  148. ^ “Sarkar controversy: Police arrives at AR Murugadoss' house; Rajinikanth, Kamal Haasan support film amid AIADMK backlash- Entertainment News, Firstpost” (英語). Firstpost. https://www.firstpost.com/entertainment/sarkar-controversy-police-arrives-at-ar-murugadoss-house-rajinikanth-kamal-haasan-support-film-amid-aiadmk-backlash-5523181.html 2018年11月22日閲覧。 
  149. ^ “Tamil Film's Makers Give In To AIADMK 'Sarkar', Make 4 Cuts”. NDTV.com. https://www.ndtv.com/tamil-nadu-news/tamil-film-sarkars-makers-reportedly-give-in-to-aiadmk-government-to-cut-scenes-1944808?pfrom=home-topscroll 2018年11月9日閲覧。 
  150. ^ “Vijay's 'Sarkar' joins Rs 100 crore club in just two days”. The News Minute. (2018年11月8日). https://www.thenewsminute.com/article/vijays-sarkar-joins-rs-100-crore-club-just-two-days-91208 2018年11月22日閲覧。 
  151. ^ Vijay a man with a swag”. The Hollywood Reporter (2018年11月4日). 2021年7月5日閲覧。
  152. ^ Vijay's 'Sarkar' impact: Election Commission of India creates awareness about section 49P”. The New Indian Express. 2021年12月10日閲覧。
  153. ^ Desk, Express Web (2018年11月28日). “Sarkar box office collection: AR Murugadoss film crosses Rs 250 crore mark worldwide”. The Indian Express. 2021年8月18日閲覧。
  154. ^ Vijay’s 'Sarkar' to release in 80 countries, 1200 international screens”. The NEWS Minute. 2021年12月10日閲覧。
  155. ^ Sarkar” (フランス語). Cinéma Paris - Le Grand Rex. 2019年5月14日閲覧。
  156. ^ 『インディアンムービーウィーク2020リターンズ』公式サイト|インド映画、無双のラインナップ!” (日本語). 『インディアンムービーウィーク2020リターンズ』公式サイト|インド映画、無双のラインナップ! (2020年12月11日). 2020年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月11日閲覧。
  157. ^ Atlee opens up about his next with Vijay – Times of India” (英語). The Times of India. 2020年3月26日閲覧。
  158. ^ Expect the unexpected in Thalapathy 63, says Atlee – Times of India” (英語). The Times of India. 2020年3月26日閲覧。
  159. ^ Madhu, Vignesh (2019年3月22日). “Thalapathy 63: Vijay undergoes special special training in football” (英語). onlookersmedia. 2020年3月26日閲覧。
  160. ^ Bigil first look poster reveals special crew member on board!”. in.com. 2019年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  161. ^ Nayanthara in Vijay's 'Thalapathy 63' with Atlee – Times of India” (英語). The Times of India. 2020年3月26日閲覧。
  162. ^ Comedian Vivekh to be part of Thalapathy 63 – Times of India” (英語). The Times of India. 2020年3月26日閲覧。
  163. ^ WOW! Vijay's lucky costar joins 'Thalapathy 63' – Tamil Movie News”. India Glitz (2018年11月17日). 2021年12月10日閲覧。
  164. ^ Subhakeerthana, S (2019年10月31日). “Bigil movie review: A star is forced to remain a star throughout”. The Indian Express. 2021年6月24日閲覧。
  165. ^ Tamil Star Vijay Reportedly Earned Rs 30 crore for Bigil, Reveal IT Raids”. News18 (2020年2月7日). 2021年1月26日閲覧。
  166. ^ After Egypt, Vijay's ‘Bigil’ marks an entry in Jordan”. Times of India. 2021年12月10日閲覧。
  167. ^ Thalapathy 64 eyes a summer 2020 release” (2019年8月25日). 2021年12月10日閲覧。
  168. ^ Thalapathy 64 first-look out: Vijay's next called 'Master' ridden with mystery”. The New Indian Express. 2020年1月25日閲覧。
  169. ^ Vijay's 'Master' will be postponed to May or June? - Times of India”. The Times of India. 2021年12月10日閲覧。
  170. ^ Pan India release for Master; Thalapathy Vijay-starrer to hit the screens in 5 languages”. www.zoomtventertainment.com. 2021年12月10日閲覧。
  171. ^ Master Smashes Hollywood Records In UAE”. Box Office India (2021年1月15日). 2021年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月15日閲覧。
  172. ^ TicketsPI”. TicketsPI (2021年6月24日). 2021年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月24日閲覧。
  173. ^ S, Srivatsan (2021年1月13日). “'Master' movie review: An in-form Vijay takes a backseat to have fun. But is that enough?”. The Hindu. 2021年6月29日閲覧。
  174. ^ Upadhyaya, Prakash (2021年1月13日). “Master Movie Review and Ratings: Vijay's latest is Hit or Flop; Find it Out in Audience Tweets”. IBTimes India. 2021年5月5日閲覧。
  175. ^ Master movie review: An entertaining massy action film - EasternEye”. EasternEye (2021年1月13日). 2021年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月21日閲覧。
  176. ^ 'Thalapathy 65' will be a pan-Indian project: Cinematographer Manoj Paramahamsa”. 2021年12月10日閲覧。
  177. ^ Master BO Week 1: Thalapathy Vijay Starrer Crosses Rs 200 cr Worldwide, Rs 100 cr From TN Alone”. India News, Breaking News | India.com (2021年1月21日). 2021年1月26日閲覧。
  178. ^ The Hindu Net Desk (2020年12月10日). “'Thalapathy 65': Vijay teams up with Sun Pictures and director Nelson” (英語). The Hindu. ISSN 0971-751X. https://www.thehindu.com/entertainment/movies/thalapathy-65-vijay-teams-up-with-sun-pictures-and-director-nelson/article33299201.ece 2021年6月2日閲覧。 
  179. ^ 'Thalapathy 65': Pooja Hegde to star opposite Vijay in Nelson Dhilipkumar's directorial”. The Times of India (2021年3月25日). 2021年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月19日閲覧。
  180. ^ Official: Vijay's 'Thalapathy 65' to be directed by Nelson - Times of India” (英語). The Times of India. 2021年6月2日閲覧。
  181. ^ Vijay in Thalapathy 65 first look is Beast with a gun. Trending poster”. India Today (2021年6月21日). 2021年6月21日閲覧。
  182. ^ 'Thalapathy 65': Nelson to shoot a romantic song in Georgia”. The Times of India (2021年4月23日). 2021年5月15日閲覧。
  183. ^ Hungama, Bollywood (2012年5月7日). “Tamil star Vijay does cameo in Rowdy Rathore – Bollywood Hungama”. 2017年11月24日閲覧。
  184. ^ Sony MAX to air actor Vijay's action blockbuster 'Bairavaa' on 29th July”. tvnews4u.com. 2018年1月11日閲覧。
  185. ^ Mersal box office: Vijay starrer unstoppable, gives tough competition to Golmaal Again, Secret Superstar in international markets” (2017年10月22日). 2017年11月24日閲覧。
  186. ^ “UAE Box Office: Mersal emerges the winner among the Diwali releases including Golmaal Again and Secret Superstar”. CatchNews.com. http://www.catchnews.com/regional-cinema/uae-box-office-mersal-emerges-the-winner-among-the-diwali-releases-including-golmaal-again-and-secret-superstar-89204.html 2018年9月9日閲覧。 
  187. ^ Zee Cinema to premiere Khaki Aur Khiladi on 13th December at 8PM”. tvnews4u.com. 2017年12月17日閲覧。
  188. ^ Sarkar breaks Sanju record to become Indian cinema's highest opening day grosser in 2018” (英語). onlookersmedia.in. 2018年11月19日閲覧。
  189. ^ “Yipeee! Thalapathy Vijay's 'Sarkar' is now the biggest in Indian cinema – Tamil Movie News – IndiaGlitz.com”. IndiaGlitz.com. https://www.indiaglitz.com/thalapathy-vijay-sarkar-beats-ranbhir-kapoor-sanju-opening-collection-tamil-news-223749 2018年11月19日閲覧。 
  190. ^ Sarkar Box Office Collection: Vijay-starrer among top 10 Indian films of 2018, breaks record of Raazi, Gold” (英語). m.businesstoday.in. 2018年11月18日閲覧。
  191. ^ Hemachandran, Sruthi (2021年6月10日). “Master Hindi TRP Rating: Vijay Starrer Makes It Big With Its World Television Premiere!”. www.filmibeat.com. 2021年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月23日閲覧。
  192. ^ Tamil, Hindu (2021年6月12日). “2021ல் பிரபலமான இந்தியப் படங்கள்: முதலிடத்தில் மாஸ்டர்” (タミル語). Hindu Tamil Thisai. 2021年6月19日閲覧。
  193. ^ Jilla returns ... this summer”. Behindwoods (2015年3月4日). 2015年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月4日閲覧。
  194. ^ Hooli, Shekhar H (2018年11月27日). “Sarkar 20-day box office collection: Vijay's film attains hit status in Andhra Pradesh”. IBTimes India. 2021年1月27日閲覧。
  195. ^ Whistle 21 days box office collection report”. Andhra Pradesh Breaking News, Telangana News, Hyderabad News Updates, Coronavirus Updates, Breaking News (2019年11月16日). 2021年1月27日閲覧。
  196. ^ Master becomes Vijay's fifth film to cross Rs 150 cr, revives box office in Tamil Nadu, Kerala - Entertainment News , Firstpost”. Firstpost (2021年1月20日). 2021年12月10日閲覧。
  197. ^ Five best singers in kollywood”. The Times of India (2020年4月7日). 2021年7月12日閲覧。
  198. ^ a b Tartaglione, Nancy (24 January 2021). "'Soul' Shines In Korea Debut; 'Master' Blast Encourages India Biz; Japan's 'Demon Slayer' Topping $350M – International Box Office". Deadline. 2021年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月10日閲覧
  199. ^ a b 'Aalaporan Tamizhan' to 'Vaathi Coming': Five most viewed video songs of Vijay on YouTube”. The Times of India (2021年2月17日). 2021年8月3日閲覧。
  200. ^ Vijay's Song Trending In Romania”. nettv4u (2016年8月18日). 2021年8月3日閲覧。
  201. ^ David Warner's viral dance to Vaathi Coming from Vijay's Master”. The Times of India (2021年8月2日). 2021年8月3日閲覧。
  202. ^ Saxena, Akanksha (2021年4月25日). “Basement Gang Vaathi Coming - Canadian boys effortlessly groove to 'Vaathi Coming'”. Trending & Viral News. 2021年7月25日閲覧。
  203. ^ I am a Big Fan of Vijay sir says Sai Pallavi”. Thanthi Tv (2019年12月19日). 2021年7月13日閲覧。
  204. ^ Vijay Gives Away Awards”. Behindwoods (2012年7月9日). 2012年7月9日閲覧。
  205. ^ Events – Herova? Zerova? Educational Awareness Campaign”. IndiaGlitz (2008年5月16日). 2011年2月26日閲覧。
  206. ^ Staff (2008年11月16日). “Tamil actor Vijay leads fast on Tamils issue” (英語). oneindia.com. 2020年6月8日閲覧。
  207. ^ Vijay, fans observe fast over Lankan Tamils issue”. NDTV.com. 2020年6月8日閲覧。
  208. ^ Tamil actor Vijay regrets not being part of fast”. News18 (2013年4月2日). 2020年6月8日閲覧。
  209. ^ Vijay draws huge crowds”. Sify. 2011年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月27日閲覧。
  210. ^ Ilayathalapathy honours toppers”. Sify. 2021年12月16日閲覧。
  211. ^ Vijay a real hero”. behindwoods. 2014年11月12日閲覧。
  212. ^ “Actor Vijay joins protest at Marina anonymously, hides face with a hanky”. The News Minute. (2017年1月21日). https://www.thenewsminute.com/article/actor-vijay-joins-protest-marina-anonymously-hides-face-hanky-56066 2018年11月20日閲覧。 
  213. ^ "Thalapathy Vijay regulates his fan clubs – Political entry soon? - Tamil Movie News – IndiaGlitz.com". IndiaGlitz.com. 2018年2月3日閲覧
  214. ^ "Vijay fans provide free autos and ambulances in Pollachi". Behindwoods. 26 December 2017. 2017年12月26日閲覧
  215. ^ "Vijay visits Anitha's house to pay condolence". The Times of India. 2018年8月24日閲覧
  216. ^ "Actor Vijay visits Thoothukudi police firing victims' houses, distributes one lakh as compensation to each family". The New Indian Express. 2018年8月24日閲覧
  217. ^ "Vijay donates Rs 70 lakh worth relief materials to Kerala flood victims – Times of India". The Times of India. 2018年8月24日閲覧
  218. ^ “Thalapathy Vijay's massive donation for all Gaja Cyclone affected districts – Tamil Movie News – IndiaGlitz.com”. IndiaGlitz.com. https://www.indiaglitz.com/gaja-cyclone-thalapathy-vijay-donation-45-lakhs-vijay-makkal-iyakkam-tamil-news-224394 2018年11月20日閲覧。 
  219. ^ "Coronavirus Lockdown: Is Thalapathy Vijay directly depositing money to the bank accounts of troubled fans? - Times of India". The Times of India (英語). 2020年6月8日閲覧
  220. ^ "Actor Vijay Cycles To Vote". NDTV.com. 14 October 2021. 2021年10月27日閲覧
  221. ^ "Actor Vijay hints at political career - Chennai News". The Times of India. 4 October 2018. 2021年5月14日閲覧
  222. ^ "Exclusive: Vijay enters politics". Sify (英語). 2021年5月14日閲覧
  223. ^ "Actor Vijay joins band of celebrity Anna supporters". The Hindu (英語). PTI. 25 August 2011. ISSN 0971-751X. 2021年5月14日閲覧
  224. ^ Akilan, Mayura (28 November 2017). "ரஜினி, கமல், விஜய்... திமுகவுடன் கூட்டணி வைத்தால் வெற்றி - நியூஸ் 7 டிவி சர்வே". Oneindia Tamil (タミル語). 2021年5月14日閲覧
  225. ^ a b Why speculation over superstar Vijay joining Tamil Nadu politics is rising”. www.dailyo.in. 2021年5月14日閲覧。
  226. ^ "நீதிமன்றத்தின் கண்டிப்பு, அப்பாவோடு சண்டை, மத அடையாளம் - விஜய்யை வட்டமடிக்கும் சர்ச்சைகள்! - List of controversies surrounding Vijay lately". www.vikatan.com/ (タミル語). 28 January 2021. 2021年7月16日閲覧
  227. ^ "Vijay Makkal Iyakkam dissolved". 27 September 2021. 2021年9月29日閲覧
  228. ^ "'No photos of any political leaders on his film posters, Thalapathy Vijay issues warning for his fans". The Times of India. 27 September 2021. 2021年9月30日閲覧
  229. ^ "More than 50 members of actor Vijay's fan association win in local body polls". The News Minute. 13 October 2021. 2021年10月13日閲覧
  230. ^ "Vijay Makkal Iyakkam races to third place after DMK and ADMK in its first elections - Tamil News". IndiaGlitz.com. 13 October 2021. 2021年10月13日閲覧
  231. ^ Koushik, Janardhan (13 October 2021). "Vijay Makkal Iyakkam makes a grand entry in rural local body polls". The Indian Express. 2021年10月13日閲覧
  232. ^ "Actor Vijay meets Vijay Makkal Iyakkam members who won in local body elections". The Hindu. 27 October 2021. 2021年10月27日閲覧
  233. ^ "Rediff On The Net, Movies: Gossip from the southern film industry". Rediff.com. 17 August 1998. 2010年7月18日閲覧
  234. ^ "dinakaran". 14 August 2003. 2003年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月17日閲覧
  235. ^ Five reasons why we love Vijay”. The Times of India. 2021年12月17日閲覧。
  236. ^ "dinakaran". 24 November 2004. 2004年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月17日閲覧
  237. ^ "rediff.com, Movies: Vijay meets his son on the Net!". Rediff.com. 26 August 2000. 2010年7月18日閲覧
  238. ^ "Great Pillai Gallery -A list of PILLAI WHO'S WHO". www.saivaneri.org. 2015年11月5日閲覧
  239. ^ Kandavel, Sangeetha (2020年2月6日). “Over ₹77 crore seized from film producer; searches continue at actor Vijay's properties” (英語). The Hindu. ISSN 0971-751X. https://www.thehindu.com/news/national/tamil-nadu/over-77-crore-seized-from-film-producer-raids-continue-in-actor-vijays-properties/article30751954.ece 2020年2月6日閲覧。 
  240. ^ Rs 65 crore recovered in IT raid from film financer of actor Vijay | Latest News & Updates at DNAIndia.com” (英語). DNA India. 2020年2月6日閲覧。
  241. ^ Grewal, Kairvy (2020年2月6日). “Actor Vijay under scrutiny over alleged tax evasion, fans trend #WeStandWithVijay” (英語). ThePrint. 2020年2月6日閲覧。
  242. ^ "I-T search at Vijay's residence concludes, officials say he has paid all taxes". The Week (英語). 2020年3月15日閲覧
  243. ^ "IT raid controversy: DMK leader Dayanidhi Maran backs actor Vijay | City – Times of India Videos". The Times of India (英語). 2020年3月15日閲覧
  244. ^ S., Mohamed Imranullah (13 July 2021). "Court comes down hard on actor Vijay for seeking tax exemption for his Rolls Royce Ghost". The Hindu. 2021年7月16日閲覧
  245. ^ "'என் மீது என்ன தவறு?' ரீல் ஹீரோ, ரியல் ஹீரோ விவகாரம்; அப்பீலுக்குப் போகும் விஜய் #VikatanExclusive - we will appeal against HC RollsRoyce entry tax case judgment says Actor Vijay's lawyer - Vijay Rolls royce". www.vikatan.com (タミル語). 15 July 2021. 2021年7月16日閲覧
  246. ^ "Tamil actor Vijay's Rolls Royce tax case referred to another bench". The Economic Times. 2021年7月22日閲覧
  247. ^ "Court Relief For Tamil Actor Vijay In Rolls Royce Case, No Fine For Now". NDTV.com. 28 June 2021. 2021年7月28日閲覧
  248. ^ "'Thuppakki' to 'Sarkar': Five times when 'Master' actor Vijay handled controversies with a calm demeanor". The Times of India (英語). 6 February 2020. 2020年5月18日閲覧
  249. ^ "2012 Celebrity 100 – Forbes India Magazine". Forbes India. 2017年11月24日閲覧
  250. ^ "2013 Celebrity 100 – Forbes India Magazine". Forbes India. 2017年11月24日閲覧
  251. ^ 2014 Celebrity 100 – Forbes India Magazine”. Forbes India. 2017年11月24日閲覧。
  252. ^ "2016 Celebrity 100 – Forbes India Magazine". Forbes India. 2017年11月24日閲覧
  253. ^ a b c d e f "Tracing Vijay's exponentially increasing box office dominance over the years in Tamil Nadu, Kerala and overseas- Entertainment News, Firstpost". Firstpost (英語). 22 June 2019. 2021年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月8日閲覧
  254. ^ Mohan Raja, Genelia recall fond memories of Vijay's Velayudham”. The Times of India (2020年10月26日). 2021年5月5日閲覧。
  255. ^ "Kuruvi 5". Sify. 17 April 2008. 2021年5月19日閲覧
  256. ^ Times, IDN; Triadanti (19 December 2018). "Filmnya Sukses, 11 Meme Aquaman yang Bikin Ngakak Sampai Atit Peyut". IDN Times (インドネシア語). 2020年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月14日閲覧
  257. ^ "Ilayathalapathy Vijay: Man of the masses". Sify. 2021年5月14日閲覧
  258. ^ "Interview – Coca-Cola India". chennaibest.com. 2014年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月24日閲覧
  259. ^ Kamath, Sudhish (2001年4月20日). “Things go better for Coke with Vijay”. The Hindu (Chennai, India). http://hindu.com/2001/04/20/stories/0420401y.htm 2021年12月16日閲覧。 
  260. ^ "Actor Vijay: vijay's endorsements". Vijayrdpgirls.blogspot.com. 10 December 2014. 2015年7月13日閲覧
  261. ^ "Vijay in IPL "Chennai Super Kings" brand ambassadors". Extramirchi.com. 19 March 2008. 2012年6月28日閲覧
  262. ^ Ramesh, Nandini Sivakumar & Niranjana (27 February 2009). "CocaCola signs up Vijay as brand ambassador for Tamil Nadu". The Economic Times. 2020年6月7日閲覧
  263. ^ "Coke signs up Vijay as brand ambassador". IndiaGlitz. 2010年7月18日閲覧
  264. ^ "South Indian actor Vijay brand ambassador of Jos Alukkas". News.chennaionline.com. 2011年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月18日閲覧
  265. ^ "Vijay to endorse Docomo". Indiaglitz. 2011年10月25日閲覧
  266. ^ "Thalapathy Vijay in text books now! - Tamil Movie News – IndiaGlitz". IndiaGlitz.com. 2017年12月14日閲覧
  267. ^ "Actor Vijay in CBSE 3rd grade Book". Cover365. 14 December 2017. 2017年12月26日閲覧
  268. ^ "Vijay – Forbes India Magazine". Forbes India (英語). 2020年6月8日閲覧
  269. ^ Bhargava, Yuthika (8 December 2020). "Actor Vijay's selfie with fans most retweeted on Twitter in 2020". The Hindu (英語). ISSN 0971-751X. 2021年4月27日閲覧
  270. ^ The Hindu Net Desk (9 December 2021). "Vijay's 'Beast' first look update is top Indian Entertainment tweet of 2021". The Hindu. 2021年12月9日閲覧
  271. ^ "Vijay dominates Twitter: 'Master' becomes the most tweeted hashtag of the year for an Indian film". The Times of India. 9 December 2021. 2021年12月9日閲覧
  272. ^ "Vijay's post on 'Beast' most liked and retweeted tweet from film industry in India". The New Indian Express. 9 December 2021. 2021年12月9日閲覧
  273. ^ "Thalapathy Vijay is the most talked-about South Indian actor in 2021 on Twitter. See full list". India Today. 12 December 2021. 2021年12月13日閲覧
  274. ^ "Vijay gets Doctorate". 2017年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月24日閲覧

外部リンク編集