メインメニューを開く

ヴィジョンVision)は、マーベル・コミックの出版作品に登場する架空のスーパーヒーローおよびアンドロイド。『The Avengers』#57(1968年10月)で初登場したアベンジャーズのメンバー。マーベル・シネマティック・ユニバースの映画化作品ではポール・ベタニーが演じ、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で初登場した。日本では原作においてはビジョンとも表記される[1]

ヴィジョン
Vision
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場The Avengers』#57
1968年10月)
クリエイター ロイ・トーマス英語版
スタン・リー
ジョン・バスセマ英語版
作中の情報
所属チーム アベンジャーズ
ウェスト・コースト・アベンジャーズ英語版
アベンジャーズA.I.英語版
ディフェンダーズ英語版
著名な別名 ヴィクター・シェイド
能力
  • 超人的な敏捷性、知性、筋力、スピード
  • 飛行
  • 密度のコントロール
  • 無形化
  • 姿の変形
  • 質量の増減
  • 再生
  • 太陽エネルギーの照射
  • テクノパシー

マーベルの前身のタイムリー・コミックス英語版の同名のキャラクター「The Vision」におおむね基づいている。

目次

出版上の歴史編集

最初のヴィジョンは、ジョー・サイモンジャック・カービーの作家チームによって『Marvel Mystery Comics』#13(1940年11月)で初登場した。ヴィジョンは現在のようなアンドロイドではなく別次元から来たピースオフィサーで、1930年代から1940年代にかけてアメリカン・コミックの黄金時代英語版を築いたマーベルの前身のタイムリー・コミックス英語版から出版されていた。

数十年後、作家スタン・リーロイ・トーマス英語版は、アベンジャーズに新しいメンバーを追加することを決めた。トーマスは黄金時代のヴィジョンを取り入れようとしていたが、スタン・リーはアンドロイドのメンバーを入れようとしていた。トーマスは最終的に、アンドロイドのヴィジョンという新しいキャラクターを作り出し折衷案となった[2]。この新しいヴィジョンは『The Avengers』#57(1968年10月)に初登場した。トーマスは、ヴィジョンのぼんやりとした名前にふさわしいような白いキャラクターにしたいと考えたが、当時の印刷技術の制限もあったため、紙面でインクが乗らない部分を使い無色の肌となった。その後、ハルクのような緑や、アトランティス(ホモ・マーマナス英語版)のような青を避け、最終的に赤い肌に落ち着いた[3]スタートレックスポックと比較されることがあったが、トーマスは当時のテレビシリーズをほとんど知らなかったと語っている[4]。ただし、ロボットのキャラクターを機械的ではなく同情的なものにした先駆者のアダム・リンク英語版オット・バインダー英語版の影響を受けていることは認めている[4]

The Avengers』#75(1970年4月)では、スカーレット・ウィッチ(ワンダ)がチームに加入し、すぐにヴィジョンとの恋愛関係が描かれた。トーマスは「ワンダのアベンジャーズでのキャラクターを掘り下げるために何らかのロマンスが役立つと考えた。ヴィジョンはワンダと同じマガジンにしか登場していなかったため、最終候補だった。そういった実用的な事情で彼らはペアになった。ヴィジョンが“人間”になろうとする良い要素でもあった」と述べている[2]。トーマスはさらに、ヴィジョンはアンドロイドのヒューマン・トーチ英語版ファンタスティック・フォーヒューマン・トーチとは異なる)から生み出されたキャラクターというアイデアを思い付いたが、『The Avengers』#93で曖昧な手がかりを残すだけに留まり、そのままシリーズの担当を去ることとなった。最終的に『The Avengers』#134-135で設定が活かされた。当時の作家スティーヴ・エングルハート英語版は「そのプロットは社内で長年よく知られていたが、トーマスやニール・アダムズ英語版の時には活かす機会がなかったので、僕の担当時にそのトーマスの贈り物を活かした」と語っている[5]

1972年クリー・スクラル・ウォー英語版からの巨大偵察ロボットが現れてヴィジョンの脳波を妨害する『マーベル・チームアップ』#5("A Passion of the Mind")にて、ヴィジョンはスパイダーマンとともに登場した。

また、『Giant-Size Avengers』#4(1975年6月)にて、ヴィジョンとスカーレット・ウィッチは結婚した。さらにこのカップルは、ビル・マントロ英語版ペンシラーリック・レオナルディ英語版による期間限定シリーズ『The Vision and the Scarlet Witch』#1-4(1982年11月 - 1983年2月)にも登場した。これに続き、スティーヴ・エングルハートとペンシラーのリチャード・ハウエル英語版による続刊の#1-12(1985年10月 - 1986年9月)では、スカーレット・ウィッチは魔法の力によって、ヴィジョンとの子とされる双子の男の子を生み出した。

作家のジョン・バーン英語版による『West Coast Avengers』#42-45("Vision Quest"、1989年3月 - 6月)では、彼の初期の「人造人間」としての描写が抽出され、アンドロイドの性質が強調された。

その後、作家のボブ・ハリス英語版とペンシラーのマニー・クラーク英語版によるヴィジョンの単独シリーズ『Vision』#1–4(1994年11月 - 1995年2月)が制作された。そのおよそ10年後、作家のジェフ・ジョーンズ英語版とペンシラーのアイヴァン・レイス英語版による続刊(2002年10月 - 2003年1月)が制作された。

2005年4月から2006年8月まで12号を発行したシリーズ『ヤング・アベンジャーズ英語版』では、シンセゾイドのヴィジョンのプログラムファイルと、アイアンラッド英語版の装甲と精神エングラムを組み合わせた新しいヴィジョンが登場した。

2010年から2013年の『アベンジャーズ』シリーズでは、#19(2012年1月)から最終号の#34(2013年1月)までレギュラーキャラクターとして登場した。

2015年11月に再びヴィジョンの単独シリーズが開始し、#1から最終号の#12(2016年10月)まで登場した。

キャラクターの歴史編集

その他のメディア編集

テレビ編集

映画編集

マーベル・シネマティック・ユニバースの映画化作品では、人工知能J.A.R.V.I.S.(ジャービス)の声を演じていたポール・ベタニーがヴィジョンを演じる[6][7]

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)編集

ウルトロンはヘレン・チョ博士をロキのセプターによって服従させ、チョ博士が製造した人工細胞をヴィブラニウムで結合し最強の人工肉体を作るよう命令した。また、ロキのセプターからマインド・ストーンが取り出され、人工肉体の額に埋められた。しかし、人工肉体にウルトロンの意思を送っている最中に、ウルトロンの野望に気付いたスカーレット・ウィッチがチョ博士の洗脳を解き、人工肉体の入った再生クレードルはアベンジャーズに奪われる。スタークはラボで人工知能J.A.R.V.I.S.(ジャービス)をクレードル内に送る。予知夢でインフィニティ・ストーン(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』参照)の事を知ったソーがムジョルニアの雷でクレードルを起動すると、マインド・ストーンが精神を司るヴィジョンが誕生した。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)編集

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)編集

出典編集

  1. ^ ビジョン|マーベル公式”. 2018年5月4日閲覧。
  2. ^ a b Walker, Karen (December 2010). “Shattered Dreams: Vision and the Scarlet Witch”. Back Issue! (TwoMorrows Publishing) (45): 59–65. 
  3. ^ Marvel Legend Reveals What Stan Lee Initially "Hated" About 'Age of Ultron' Breakout”. 2018年5月8日閲覧。
  4. ^ a b Marcus Errico (2015年5月6日). “The Secret Origins of Vision and Ultron: An Oral History”. Yahoo. 2015年5月26日閲覧。
  5. ^ Walker, Karen (February 2010). “Ultron: The Black Sheep of the Avengers Family”. Back Issue! (TwoMorrows Publishing) (38): 25. 
  6. ^ Kroll, Justin (2014年2月6日). “Paul Bettany to Play the Vision in Marvel's 'Avengers: Age of Ultron'”. Variety. オリジナルの2014年2月7日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6NDGuotzC?url=http://variety.com/2014/film/news/paul-bettany-to-play-the-vision-in-marvels-avengers-age-of-ultron-1201090635/ 2014年2月7日閲覧。 
  7. ^ 『アイアンマン』ポール・ベタニー、『アベンジャーズ』新ヒーロー・ヴィジョンに!”. シネマトゥデイ (2014年2月7日). 2018年5月4日閲覧。

外部リンク編集