ヴィットリオ・デ・シーカ

ヴィットリオ・デ・シーカ(Vittorio De Sica, 1901年7月7日 - 1974年11月13日)は、イタリア出身の映画監督俳優

ヴィットリオ・デ・シーカ
Vittorio De Sica
Vittorio De Sica
1959年
生年月日 (1901-07-07) 1901年7月7日
没年月日 (1974-11-13) 1974年11月13日(73歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリアラツィオ州ソーラ
死没地 フランスの旗 フランスオー=ド=セーヌ県ヌイイ=シュル=セーヌ
国籍 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス(1968年に市民権取得)
身長 176 cm
職業 映画監督俳優脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1917年 - 1974年
配偶者 ジュデッタ・リッソーネ(1937年 - 1968年)※離婚
マリア・メルカデル(1968年 - 1974年)※死別
著名な家族 マヌエル・デ・シーカ(長男、作曲家)
クリスチャン・デ・シーカ(次男、俳優)
主な作品
監督
『靴みがき』
自転車泥棒
ミラノの奇蹟
終着駅
昨日・今日・明日
ひまわり
悲しみの青春
出演
武器よさらば
パンと恋と夢
ロベレ将軍
テンプレートを表示

カンヌ国際映画祭ベルリン国際映画祭の最高賞に輝き、アカデミー外国語映画賞も受賞した。俳優としてもアカデミー助演男優賞にノミネートされている。

来歴編集

1901年7月7日にイタリアのフロジノーネ県ソーラで会社員の末子として生まれる。父の給料は少ないため生活は苦しく、2人の姉と共にアルバイトで家を助けながら高校を卒業した[1]。高校卒業後は俳優の道を歩み、兵役で芸能活動を中断しながらも、二枚目の役者・流行歌手として人気を得る[1]。初舞台は1922年1931年ごろからイタリア映画に出演、マリオ・カメリーニの下で映画を学び、1940年に『紅バラ英語版』で映画監督としてデビューした。

1944年に脚本家のチェーザレ・ザヴァッティーニとコンビを組んで制作した『子供たちは見ている』は、ルキノ・ヴィスコンティの『郵便配達は二度ベルを鳴らす』、アレッサンドロ・ブラゼッティの『雲の中の散歩英語版』と並んでネオレアリズモの嚆矢と見なされている[1]

第二次世界大戦後に再びザヴァッティーニと組んで制作した『靴みがき』や『自転車泥棒』は、ネオレアリズモを代表する作品として評価されている[1]。1951年の『ミラノの奇蹟』でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞するが、1950年代に入ってネオレアリズモの動きは停滞し、旗手の一人であるデ・シーカもまた壁に当たる[1]

1953年に資金獲得のために方向性を転換してアメリカ映画界の俳優を起用した『終着駅』を制作する[1]

1957年には『武器よさらば』にイタリア人軍医役として出演し、アカデミー助演男優賞にノミネートされた。老年に至っても『パンと恋と夢』『ロベレ将軍』などの作品に俳優として出演した。

1970年、ソビエト連邦の後援によって『ひまわり』を発表[1]、1971年の『悲しみの青春』でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した。

私生活編集

生涯で2度結婚している。2番目の妻でスペインの女優マリア・メルカデルとは1942年から事実婚の状態にあったが、フランスの市民権を取り、最初の妻でイタリアの女優ジュデッタ・リッソーネ英語版との離婚が認められる1968年まで正式に結婚することができなかった[2]。なお、リッソーネとは1954年にメキシコで離婚している[3]が、イタリアの法律では正式なものとは認められなかった。作曲家となった長男マヌエルイタリア語版(1949年生)と俳優となった次男クリスチャン英語版(1951年生)はどちらもメルカデルとの間に生まれた子である。

フィルモグラフィー編集

監督作品編集

出演作品編集

  • 殿方は嘘吐き Gli uomini, che mascalzoni... (1932年)
  • ナポリのそよ風 Il signor Max (1937年)
  • たそがれの女心 Madame De... (1953年)
  • パンと恋と夢 Pane, Amore e Fantasia (1953年)
  • こんなに悪い女とは Peccato che sia una canaglia (1954年)
  • 寝台の秘密 Secrets d'alcove (1954年)
  • パンと恋と嫉妬 Pane, Amore e Gelosia (1955年)
  • 殿方ごろし Pane, amore e... (1955年)
  • バストで勝負 La Bella mugnaia (1955年)
  • カジノ・ド・パリ Casino De Paris (1957年)
  • モンテカルロ物語 Montecarlo (1957年)
  • 武器よさらば A Farewell to Arms (1957年)
  • 恋はすばやく Anna di Brooklyn (1958年)
  • ロベレ将軍 Il Generale della Rovere (1959年)
  • 夜と昼の間 The Angel Wore Red (1960年)
  • ナポリ湾 It Started in Naples (1960年)
  • モール・フランダースの愛の冒険 The Amorous Adventures of Moll Flanders (1965年)
  • 栄光の座 The Shoes of the Fisherman (1968年)
  • 火曜日ならベルギーよ If It's Tuesday, This Must Be Belgium (1969年)
  • あんなに愛しあったのに C'eravamo tanto amati (1974年)
  • 処女の生血 Blood for Dracula (1974年)

受賞編集

※本来はプロデューサーが受取人である作品賞の受賞・ノミネートも含む。

部門 作品 結果
アカデミー賞 1947年 特別賞 靴みがき 受賞
1949年 特別賞 自転車泥棒 受賞
1957年 助演男優賞 武器よさらば ノミネート
1964年 外国語映画賞 昨日・今日・明日 受賞
1965年 外国語映画賞 ああ結婚 ノミネート
1971年 外国語映画賞 悲しみの青春 受賞
ナストロ・ダルジェント賞 1948年 主演男優賞 Cuore 受賞
1949年 長編映画賞 『自転車泥棒』 受賞
監督賞 受賞
脚本賞 受賞
1957年 監督賞 屋根 ノミネート
1960年 主演男優賞 ロベレ将軍 ノミネート
英国アカデミー賞 1949年 総合作品賞 『自転車泥棒』 受賞
1952年 総合作品賞 ミラノの奇蹟 ノミネート
ニューヨーク映画批評家協会賞 1949年 外国語映画賞 『自転車泥棒』 受賞
1951年 外国語映画賞 『ミラノの奇蹟』 受賞
1955年 外国語映画賞 ウンベルト・D 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 1949年 作品賞 『自転車泥棒』 受賞
監督賞 受賞
カンヌ国際映画祭 1951年 パルム・ドール 『ミラノの奇蹟』 受賞
国際映画批評家連盟賞 受賞
1956年 国際カトリック映画事務局賞 『屋根』 受賞
ボディル賞 1951年 非アメリカ映画賞 『自転車泥棒』 受賞
1955年 非アメリカ映画賞 『ウンベルト・D』 受賞
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 1956年 主演男優賞 殿方ごろし 受賞
1963年 監督賞 『アルトナ』 受賞
1965年 監督賞 『ああ結婚』 受賞
1971年 作品賞 『悲しみの青春』 受賞
ゴールデングローブ賞 1961年 外国語映画賞 『ふたりの女』 受賞
1964年 外国語映画賞 『ああ結婚』 受賞
ブルーリボン賞 1961年 外国作品賞 『ふたりの女』 受賞
ベルリン国際映画祭 1971年 金熊賞 『悲しみの青春』 受賞

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 瓜生「デ・シーカ」『世界伝記大事典 世界編』6巻、334-335頁
  2. ^ Vittorio De Sica - Biography” (英語). IMDb. 2013年5月5日閲覧。
  3. ^ Giuditta Rissone - Biography” (英語). IMDb. 2013年5月5日閲覧。

参考文献編集

  • 瓜生忠夫「デ・シーカ」『世界伝記大事典 世界編』6巻収録(桑原武夫編, ほるぷ出版, 1980年12月)

外部リンク編集