ヴィヤンコージー2世

ヴィャンコージー2世マラーティー語:व्यंकोजी/एकोजी १, :Vyankoji II, 1694年あるいは1696年 - 1737年)は、南インドタミル地方タンジャーヴール・マラーター王国の君主(在位:1736年 - 1737年)。

ヴィヤンコージー2世
Vyankoji II
タンジャーヴール・マラーター王
在位 1736年 - 1737年
戴冠式 1736年
別号 ラージャ

出生 1694年あるいは1696年
死去 1737年
タンジャーヴールタンジャーヴール城
配偶者 スージャナ・バーイー
家名 ボーンスレー家
父親 トゥッコージー
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1736年、父王トゥッコージーが死亡したことにより、王位を継承した[1]

同年、マドゥライ・ナーヤカ朝を滅ぼしたカルナータカ地方政権チャンダー・サーヒブが領土に攻め入り、4月には首都タンジャーヴールが包囲された。

ヴィャンコージー2世の僅かな治世は、タンジャーヴールの権臣サイイドの手に握られていた。

1737年、ヴィヤンコージー2世はタンジャーヴール城で死亡した[1]。病死したとも、宮廷の陰謀で殺害されたとも言われる。

出典・脚注編集

関連項目編集