ヴィライェト (トルコ語発音: [vilaːˈjet]; フランス語: vilaïet or vilayet[note 1]) は、1867年1月21日のヴィライェト法(トルコ語: Teşkil-i Vilayet Nizamnamesi)の公布により正式に成立した、オスマン帝国最大の行政単位[3]タンズィマートにおける一連の改革の中でエヤレトに代わる形で設置されたものである。1856年の改革勅令で改革が宣言されると、1864年にミドハト・パシャを知事とするヴィライェト・ドナウ(ドナウ州)が試験的に設置された。その後次第にヴィライェトへの移行改革が進み、1884年に帝国全土でヴィライェト制の施行が完了した[3]

Legislation ottomane(グレゴリオス・アリスタルキス著、デメトリオス・ニコライデス編)第2巻にあるヴィライェト法 (フランス語: loi des vilayets; 1867年)

語源編集

ヴィライェトの語源はアラビア語wilayah/wilaya (ولاية)である。アラビア語での原義は、特定の行政区画を指さない単なる「地域」程度のものであるが、オスマン帝国ではこれを行政単位の一つとして採用した[4]

歴史編集

1840年代から、オスマン帝国では従来の州(エヤレト)などの行政区画の再編改革が始まっていた[5]。ヴィライェト法はこれを帝国全土で統一し、行政単位を整理する者であった。最大のヴィライェト(州、知事はワーリ)の下にサンジャク (知事はミュテサッリフ)、その下にカザ(県、知事はカイマカム)、その下にナーヒイェ (知事はミュディル) が置かれた[3]

ワーリはヴィライェトで皇帝の代理としてふるまう区画内最高の政治権威とされた。その下には財政(デフテルダル)、公文書(メクトゥブツィ)、外国人処理、公共事業、農業、商業をつかさどる長官が相当する帝国の大臣により任命されてワーリを補佐していた。これに司法長官 (mufettiş-i hukkam-i Şeri'a)を含めた者たちが、ヴィライェトの行政評議会を構成していた。また選出された4人のっ議員(2人はムスリム、もう二人は非ムスリム)からなる州議会が存在した。ワーリ不在時には、ヴィライェトの首都を含んでいる最高位のサンジャク (merkez sanjak)の知事が代理を務めた。同様の構造は下位の行政単位にも存在し、より下位の行政官やミッレト制により選出された現地の各宗教の指導者たちが議会や諮問委員会に参加した[6]

地図編集

1900年ごろのオスマン帝国におけるヴィライェトの配置は以下の図の通りである。

地図編集

注釈編集

  1. ^ オスマン帝国内の少数言語では、次のように表記される[1]

脚注編集

  1. ^ a b Strauss, Johann (2010). “A Constitution for a Multilingual Empire: Translations of the Kanun-ı Esasi and Other Official Texts into Minority Languages”. In Herzog, Christoph. The First Ottoman Experiment in Democracy. Wurzburg: Orient-Institut Istanbul. p. 21-51. https://menadoc.bibliothek.uni-halle.de/menalib/download/pdf/2734659?originalFilename=true  (info page on book at Martin Luther University) // CITED: p. 41-43 (PDF p. 43-45/338).
  2. ^ File:Solun Newspaper 1869-03-28 in Bulgarian.jpg
  3. ^ a b c Birken, Andreas (1976) (German). Die Provinzen des Osmanischen Reiches. Beihefte zum Tübinger Atlas des Vorderen Orients. 13. Reichert. p. 22. ISBN 9783920153568 
  4. ^ Report of a Committee set up to consider certain correspondence between Sir Henry McMahon (his majesty's high commissioner in egypt) and the Sharif of Mecca in 1915 and 1916 Archived 2015-06-21 at the Wayback Machine., ANNEX A, para. 10. British Secretary of State for the Colonies, 16 maart 1939 (doc.nr. Cmd. 5974). unispal Archived October 24, 2015, at the Wayback Machine.
  5. ^ Birken, Andreas (1976) (German). Die Provinzen des Osmanischen Reiches. Beihefte zum Tübinger Atlas des Vorderen Orients. 13. Reichert. pp. 19–20. ISBN 9783920153568 
  6. ^ Birken, Andreas (1976) (German). Die Provinzen des Osmanischen Reiches. Beihefte zum Tübinger Atlas des Vorderen Orients. 13. Reichert. pp. 2324. ISBN 9783920153568 

参考文献編集

  • Sublime Porte (1867). Sur la nouvelle division de l’Empire en gouvernements généraux formés sous le nom de Vilayets. Constantinople  - About the Law of the Vilayets

関連項目編集

外部リンク編集

  • Vilayet Law of 1864, official translation to French pp. 36–45, in Young, George, Corps de droit ottoman; recueil des codes, lois, règlements, ordonnances et actes les plus importants du droit intérieur, et d'études sur le droit coutumier de l'Empire ottoman, Volume 1, 1905.
  • Vilayet Law of 1867, in French, in Législation ottomane, published by Gregory Aristarchis and edited by Demetrius Nicolaides, Volume 2