ヴィリキツキー海峡

ロシア北部のタイミル半島と、セヴェルナヤ・ゼムリャ諸島のボリシェヴィク島を隔てる海峡
ヴィリキツキー海峡の位置を示した図

ヴィリキツキー海峡(ヴィリキツキーかいきょう、ロシア語: Пролив Вилькицкого: Vilkitsky Strait)またはビリキツキー海峡[1]は、ロシア北部のタイミル半島と、セヴェルナヤ・ゼムリャ諸島ボリシェヴィク島を隔てる海峡である。

概要編集

西にカラ海、東にラプテフ海が広がり、幅約55km、長さ約104km、水深32m - 210mとなっている。ロシアの探検家ボリス・ヴィリキツキー1913年北極海航路探険の途上で発見し、海峡の名は彼に因んで1918年に命名された。

海峡の西側には4個の小島から成るゲーベルク諸島en:Geiberg Islands)があり、その南には同じく4個の小島から成るフィルンレイ諸島en:Firnley Islands)がある。

海峡は一年中流氷に覆われている。タイミル半島側は主にツンドラや石で覆われ、海岸は切り立っている。

脚注編集

  1. ^ ビリキツキー海峡(読み)ビリキツキーかいきょう(英語表記)proliv Vil'kitskogo コトバンク、2019年4月22日閲覧

座標: 北緯77度53分34秒 東経103度03分06秒 / 北緯77.892647度 東経103.051758度 / 77.892647; 103.051758