ヴィルヘルム1世 (ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公)

ヴィルヘルム1世ドイツ語:Wilhelm I., 1392年 - 1482年7月25日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルクの1人で、リューネブルク(在位:1416年 - 1428年)、ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル(在位:1428年 - 1432年1473年 - 1482年)、カレンベルク侯(在位:1432年 - 1473年)、ゲッティンゲン侯(在位:1463年 - 1473年)。勝利公(der Siegreiche)と呼ばれた。ヴォルフェンビュッテル侯、リューネブルク侯ハインリヒ1世とその最初の妃ゾフィー・フォン・ポンメルンの長男。

ヴィルヘルム1世
Wilhelm I.
ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
Wilhelmdersiegreiche.jpg
在位 1416年 - 1482年

出生 1392年
死去 1482年7月25日
配偶者 ツェツィーリエ・フォン・ブランデンブルク
子女 フリードリヒ3世
ヴィルヘルム2世
家名 ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家
父親 ヴォルフェンビュッテル侯・リューネブルク侯ハインリヒ1世
母親 ゾフィー・フォン・ポンメルン
テンプレートを表示

生涯編集

初めはリューネブルク侯領を治めていたが、1428年に伯父のヴォルフェンビュッテル侯ベルンハルト1世と領土を交換、ヴィルヘルム1世はヴォルフェンビュッテルを、ベルンハルト1世はリューネブルクを獲得した。

1432年に遠征に出かけた際、異母弟ハインリヒ2世によってヴォルフェンビュッテル侯の地位を追われた。ヴィルヘルムはヴォルフェンビュッテルの西側の地域(ライネ川の西にあり、ヒルデスイム司教領によってヴォルフェンビュッテルとは隔てられていた)を保持し、この地域はカレンベルク侯領と呼ばれるようになった。1473年にハインリヒ2世が男子のないまま死ぬと、ヴォルフェンビュッテルをも取り戻している。

子女編集

1423年ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ1世の娘ツェツィーリエと結婚し、2人の息子をもうけた。

爵位・家督
先代:
ハインリヒ1世
リューネブルク
1416年 - 1428年
次代:
ベルンハルト1世
先代:
ベルンハルト1世
ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
1428年 - 1432年
次代:
ハインリヒ2世
先代:
新設
カレンベルク
1432年 - 1473年
次代:
フリードリヒ3世ヴィルヘルム2世
先代:
オットー2世
ゲッティンゲン侯
1450年 - 1473年
次代:
フリードリヒ3世ヴィルヘルム2世
先代:
ハインリヒ2世
ヴォルフェンビュッテル侯
1473年 - 1482年
次代:
フリードリヒ3世ヴィルヘルム2世