メインメニューを開く

ヴィンセント・オブライエンMichael Vincent O'Brien1917年4月9日 - 2009年6月1日)はアイルランド競馬調教師

人物編集

イギリスダービー6勝など、数々の大競走を制した。2003年には、レーシング・ポスト紙のRacing Great 100で1位に選出され、競馬界において最も偉大な調教師のひとりである。イギリスダービー馬セクレトの調教師だったデイヴィッド・オブライエンは実の息子。同じアイルランドの調教師エイダン・オブライエンとは同姓であるが、血縁関係はない。

アイルランドのコーク州に生まれたヴィンセント・オブライエンは、まず障害競走の調教師として頭角を表す。

グランドナショナルを3度勝ち、さらにコテージレーク (Cottage Rake) という馬でチェルトナムゴールドカップを3連覇する。

1951年ティペラリー州に厩舎を開設し、平地競走に進出する。

1962年にラークスパー (Larkspur) でイギリスダービーを初めて勝つと、その後ニジンスキーザミンストレルなどで6度制した。中でもニジンスキーではレスター・ピゴット騎手とのコンビでイギリスクラシック三冠を制した。

ピゴットは、1960年代から1970年代にかけてヴィンセント・オブライエンの管理馬で多くの大レースを制した。1970年代にはロバート・サングスターとヴィンセント・オブライエンの娘婿であるジョン・マグナーとともにクールモアスタッドバリードイル厩舎を設立し、成功を収める。この成功はノーザンダンサー系の競走馬の活躍によるところが大きい。

ヴィンセント・オブライエンの調教師引退後、バリードイル厩舎はエイダン・オブライエンに引き継がれた。

2009年6月1日オーストラリアパースに於いて天寿を全うした[1]。92歳没。これを称え、ナショナルステークスはヴィンセント・オブライエンナショナルステークスに改称された。

おもな管理馬編集

脚注編集