メインメニューを開く

ヴィンセント・コク(谷徳昭、Vincent Kok Tak Chiu、1965年8月15日 - )は、香港映画監督脚本家俳優である。喜劇映画をよく撮ることで知られる。ATV北京オリンピック大使。

谷徳昭(ヴィンセント・コク)
プロフィール
出生: (1965-08-15) 1965年8月15日(54歳)
出身地: 香港の旗 イギリス領香港
職業: 俳優、映画監督
各種表記
繁体字 谷徳昭
簡体字 谷徳昭
拼音 gŭ dézhāo
ラテン字 gu dezhao
英語名 Vincent Kok
テンプレートを表示

人物・経歴編集

香港観塘にあるキリスト系男子校で英語を学ぶ。卒業後、カナダサイモンフレーザー大学に進学。

監督作品編集

脚本作品編集

出演作品編集

1988年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
  • (絶世好B Mighty Baby) ※日本未公開
  • (一碌蔗 Just One Look) ※日本未公開
  • ティラミス(戀愛行星 Tiramisu)
2003年
2004年
2005年
2007年
2008年
2009年
  • 歳月神偸 Echoes of the Rainbow) ※日本未公開
2010年

エピソード編集

  • 女優・歌手の谷祖琳(ジョー・コク)は姪にあたる。
  • 2006年11月19日,香港の大衆紙「蘋果日報」が伝えたところによると、湾仔東方にあるデパートで日本のAV女優が出演している海賊版アダルトDVDを買ったと報じられた。2002年9月には、香港映画振興のための会議が開かれており、盗版DVD(海賊版DVD)撲滅に向けて話し合っている際、彼がいたのにもかかわらず、これは言行不一致だとバッシングが起きた。翌11月20日に蘋果日報は謝罪記事を出し、DVDを購入したのは、AV関連の映画を撮るための「資料集め」であったと謝罪した[1]

出典編集

外部リンク編集