メインメニューを開く

ヴィージェイ・レコード (Vee-Jay Records) は、1950年代から60年代にかけて存在したアメリカ合衆国レコードレーベルブルースR&Bゴスペルなどの作品のリリースが主であったが、ビートルズのリリースなども手がけた。

歴史編集

1953年、ヴィヴィアン・カーターとジェイムズ・ブラッケン (のちにブラッケン夫妻) のアフリカ系アメリカ人の二人によってインディアナ州ゲイリーに設立された。レーベル名は、二人のファースト・ネームの頭文字VJに由来している[1]

同年、R&Bボーカル・グループのスパニエルズ、ブルース・シンガーのジミー・リードのレコードを相次いでリリースした。同年ゴスペル・グループのメイシオ・ウッズ・シンガーズとも契約をしている。

1954年、事務所をシカゴに移転。この後、同レーベルはジョン・リー・フッカーエルドラドスメンフィス・スリムザ・デルズジーン・アリソンなどのレコードをリリースし、ヒット曲が次々と生まれた。

1960年代に入るとヴィージェイは、ソウルポップロックなどより幅広いアーティストの作品をリリースするようになっていった。1961年には、グラディス・ナイト&ザ・ピップスのデビュー・シングル"Every Beat of My Heart"をリリース。ビルボード・ポップ・チャート第6位のヒットを記録している[2]

また、レーベル初の白人アーティストとなったフランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズとも契約し、1962年に"Big Girls Don't Cry"がポップ・チャート、R&Bチャートともにトップとなった[3]

同年、ヴィージェイはイギリスから登場した新人グループ、ビートルズ米国での権利を獲得。"Love Me Do"、"Please Please Me"などのビートルズのシングルを米国でリリースし、大きな富を得ることとなった。この他、ヴィージェイはジェリー・バトラーディー・クラークジーン・チャンドラーリトル・リチャード等のレコード手がけている。

しかし、ビートルズの権利はキャピトル・レコードに奪われてしまい、ヴィージェイは彼らのレコードをリリースし続けたことから、キャピトルに訴えられることとなった[4]。同時期にロイヤルティの支払いのトラブルからフォー・シーズンズもレーベルを離れた。

ヴィージェイはカリフォルニアに事務所を移転し新レーベル、トリー(Tollie)を興すなどするが、経営は下降路線を辿った。1966年、レーベルは倒産。翌年、ベティー・チアペッタが破産管財人からレーベルを買収し、ヴィージェイはヴィージェイ・インターナショナルとして再スタートを切ることとなった[5]。その後同レーベルは新録は行わず、既存のレコーディングの再発を手がけている。チアペッタは1990年に引退し、新経営者ダニエル・プリツカーの下で、レーベルはLLP (有限責任事業組合)形式に生まれ変わった[6]

参考文献編集

外部リンク編集