メインメニューを開く

ヴィーナス (ショッキング・ブルーの曲)

ヴィーナス」(Venus)は、オランダロックグループショッキング・ブルー(The Shocking Blue)が1969年リリースしたシングル作詞および作曲は、ロビー・ファン・レーベン(Robbie van Leeuwen / Robert Leeuwen)。

ヴィーナス
ショッキング・ブルーシングル
初出アルバム『アット・ホーム』
B面 ホット・サンド
リリース
ジャンル フォークロックサイケデリック・ロック
時間
レーベル オランダの旗Pink Elephant
イギリスの旗Penny Farthing
アメリカ合衆国の旗Colossus
日本の旗Polydor/日本グラモフォン
作詞・作曲 ロビー・ファン・レーベン
プロデュース ロビー・ファン・レーベン
ゴールドディスク
  • ゴールド(RIAA
チャート最高順位
  • 最高位1位(ビルボードHot 100
  • 最高位2位(オリコン
  • 最高位3位(オランダ
  • テンプレートを表示

    目次

    解説編集

    ビルボード(Billboard)誌の「Hot 100」では、1970年2月7日に、週間ランキング第1位を獲得した。ビルボード誌1970年年間ランキングでは第22位。ビルボード誌の集計では、ショッキング・ブルー最大のヒット曲となった。フランスドイツイタリアスペインベルギーで、週間チャート1位を獲得した。オランダでの週間チャート最高位は、第3位だった。日本のオリコンでは最高2位(洋楽チャートでは1970年3月9日付から12週連続1位(1970年度の年間1位も獲得)[2])。

    ママス&パパスキャス・エリオットがかつて在籍していたアメリカのフォークグループ、ザ・ビッグ・スリー(The Big 3)が1963年に発表したシングル「ザ・バンジョー・ソング」にインスパイアされた曲だと言われている[3]

    フジテレビ系列「笑う犬シリーズ」の主題歌として親しまれた。

    カバー編集

    ヴィーナス
    バナナラマシングル
    初出アルバム『トゥルー・コンフェッションズ』
    B面 ホワイト・トレイン
    リリース
    ジャンル ダンス・ポップ
    時間
    レーベル ロンドン・レコード
    作詞・作曲 ロビー・ファン・レーベン
    プロデュース ストック・エイトキン・ウォーターマン
    ゴールドディスク
    • ゴールド(RIAA
    バナナラマ シングル 年表
    ビーチ・ホテルでアイ・ラヴ・ユー
    (1985年)
    ヴィーナス
    (1986年)
    モア・ザン・フィジカル
    (1986年)
    ミュージックビデオ
    「Venus」 - YouTube
    テンプレートを表示

    カバー曲は豊富に存在する。

    1986年には、バナナラマ(Bananarama)が「ヴィーナス」をカバーした。バナナラマのカバー曲は、ビルボード誌の「Hot 100」で、1986年9月6日に週間ランキング第1位を獲得した。ビルボード誌1986年年間ランキングは第30位。ビルボード誌の集計では、バナナラマ最大のヒット曲となった。日本のオリコンでは最高43位(洋楽チャートでは1986年11月17日付から9週連続1位[4])。ビルボード誌の「Hot 100」及びオリコン洋楽チャートにおいて、同じ曲で2組のアーティストにより1位を獲得した曲となった。

    1986年7月25日に黒沢ひろみがバナナラマ版を日本語訳(今野雄二)したバージョンをリリースし、オリコン最高71位を記録。1986年10月21日に長山洋子が「ヴィーナス」を日本語訳(篠原仁志)したバージョンをリリースし、オリコン最高10位、40万枚[5]を売り上げるヒットとなっている。荻野目洋子も1986年12月16日発売のアルバム『NON-STOPPER』にカバーバージョン(日本語訳/森浩美)を収録している。

    1987年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)発表による楽曲別の著作権使用料分配額(外国作品)では「CHA CHA CHA」に続いて年間2位にランクインされた[6]

    脚注編集

    1. ^ 45cat - The Shocking Blue - Venus / Hot Sand - Pink Elephant - Netherlands - PE 22.015
    2. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン70s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
    3. ^ http://www.whosampled.com/sample/28801/Shocking-Blue-Venus-The-Big-3-The-Banjo-Song/
    4. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン80s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
    5. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手(下)』現代教養文庫、1997年、318頁。ISBN 4390116029
    6. ^ 「音楽著作権使用料 国内1位は『命くれない』3曲にJASRAC賞」『朝日新聞』1988年5月24日付東京夕刊、13頁。

    参考文献編集


    先代:
    ジャクソン5
    帰ってほしいの
    Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
    (ショッキング・ブルー・バージョン)

    1970年2月7日(1週)
    次代:
    スライ&ザ・ファミリー・ストーン
    「サンキュー」