ヴィーナス (ショッキング・ブルーの曲)

ヴィーナス」(Venus)は、オランダロックグループショッキング・ブルー(The Shocking Blue)が1969年リリースしたシングル作詞および作曲は、ロビー・ファン・レーベン(Robbie van Leeuwen / Robert Leeuwen)。

ヴィーナス
ショッキング・ブルーシングル
初出アルバム『アット・ホーム』
B面 ホット・サンド
リリース
ジャンル フォークロックサイケデリック・ロック
時間
レーベル オランダの旗Pink Elephant
イギリスの旗Penny Farthing
アメリカ合衆国の旗Colossus
日本の旗Polydor/日本グラモフォン
作詞・作曲 ロビー・ファン・レーベン
プロデュース ロビー・ファン・レーベン
ゴールドディスク
  • ゴールド(RIAA
チャート最高順位
  • 最高位1位(ビルボードHot 100
  • 最高位2位(オリコン
  • 最高位3位(オランダ
  • テンプレートを表示

    解説編集

    ビルボード(Billboard)誌の「Hot 100」では、1970年2月7日に、週間ランキング第1位を獲得した。ビルボード誌1970年年間ランキングでは第22位[2][3]。ビルボード誌の集計では、ショッキング・ブルー最大のヒット曲となった。フランスドイツイタリアスペインベルギーで、週間チャート1位を獲得した。オランダでの週間チャート最高位は、第3位だった。日本のオリコンでは最高2位(洋楽チャートでは1970年3月9日付から12週連続1位(1970年度の年間1位も獲得)[4])。

    ママス&パパスキャス・エリオットがかつて在籍していたアメリカのフォークグループ、ザ・ビッグ・スリー(The Big 3)が1963年に発表したシングル「ザ・バンジョー・ソング」にインスパイアされた曲だと言われている[5]

    バナナラマによるカバー編集

    ヴィーナス
    バナナラマシングル
    初出アルバム『ヴィーナス〜バナナラマ3
    B面 ホワイト・トレイン
    リリース
    ジャンル ダンス・ポップ
    時間
    レーベル ロンドン・レコード
    作詞・作曲 Robbie Leeuwen
    プロデュース ストック・エイトキン・ウォーターマン
    ゴールドディスク
    • ゴールド(RIAA
    チャート最高順位
  • 3位(イギリス
  • 週間43位(オリコン[6]
  • バナナラマ シングル 年表
    ビーチ・ホテルでアイ・ラヴ・ユー
    (1985年)
    ヴィーナス
    (1986年)
    モア・ザン・フィジカル
    (1986年)
    テンプレートを表示

    バナナラマのカバー曲は、ビルボード誌の「Hot 100」で、1986年9月6日に週間ランキング第1位を獲得した。ビルボード誌1986年年間ランキングは第30位。ビルボード誌の集計では、バナナラマ最大のヒット曲となった。日本のオリコンでは最高43位(洋楽チャートでは1986年11月17日付から9週連続1位[6])。ビルボード誌の「Hot 100」及びオリコン洋楽チャートにおいて、同じ曲で2組のアーティストにより1位を獲得した曲となった。

    イギリス盤編集

    EPレコード[7]
    #タイトル作詞・作曲
    1.ヴィーナス(Venus)Robbie Leeuwen
    2.ホワイト・トレイン(White Train)Keren Woodward, Patrick Seymour, Phil Bishop, Sara Dallin, Siobhan Fahey
    12inch[8]
    #タイトル作詞・作曲
    1.ヴィーナス (ファイアー・アンド・ブリムストーンミックス)(Venus (Fire And Brimstone Mix))Robbie Leeuwen
    2.ヴィーナス (ダブ)(Venus (Hellfire Dub))Robbie Leeuwen
    3.ホワイト・トレイン(White Train)Keren Woodward, Patrick Seymour, Phil Bishop, Sara Dallin, Siobhan Fahey

    日本盤編集

    EPレコード[9]
    8cmCD
    #タイトル作詞・作曲
    1.ヴィーナス(Venus)Robbie Leeuwen
    2.ホワイト・トレイン(White Train)Keren Woodward, Patrick Seymour, Phil Bishop, Sara Dallin, Siobhan Fahey
    12inch[10]
    #タイトル作詞・作曲
    1.ヴィーナス(Venus (Extended))Robbie Leeuwen
    2.ヴィーナス (ダブ)(Venus (Dub))Robbie Leeuwen
    3.ホワイト・トレイン(White Train)Keren Woodward, Patrick Seymour, Phil Bishop, Sara Dallin, Siobhan Fahey

    黒沢ひろみによるカバー編集

    ヴィーナス
    黒沢ひろみシングル
    B面 ボーナス
    リリース
    ジャンル ダンス・ポップ
    レーベル ポリドール・レコード
    作詞・作曲 Robbie Leeuwen
    今野雄二(日本語詞)
    チャート最高順位
    黒沢ひろみ シングル 年表
    危険な告白
    (1985年)
    ヴィーナス
    (1986年)
    テンプレートを表示

    収録曲編集

    EPレコード
    全作詞・作曲: Robbie Leeuwen、日本語詞: 今野雄二、全編曲: 鷺巣詩郎
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.ヴィーナスRobbie Leeuwen、日本語詞: 今野雄二Robbie Leeuwen、日本語詞: 今野雄二
    2.ボーナスRobbie Leeuwen、日本語詞: 今野雄二Robbie Leeuwen、日本語詞: 今野雄二

    その他のカバー編集

    アーティスト 収録作品 発売日 備考
    ヴィーナス
    尾崎紀世彦 アルバム『尾崎紀世彦 ファースト・アルバム』 1971年5月25日
    山口百恵 アルバム『百恵ライブ -百恵ちゃん祭りより- 1975年10月1日
    長山洋子 シングル「ヴィーナス 1986年10月21日 訳詞は、篠原仁志が担当。
    オリコン最高10位、40万枚[11]を売り上げるヒットとなっている。
    1987年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)発表による楽曲別の著作権使用料分配額(外国作品)では「CHA CHA CHA」に続いて年間2位にランクインされた[12]
    荻野目洋子 アルバム『NON-STOPPER 1986年12月16日 訳詞は、森浩美が担当。
    深見梨加 アルバム『La Venus』 1994年9月21日
    王様 アルバム『帰ってきた王様のお色気牧場』 1994年9月21日 『観音様』として直訳カバー。
    孫燕姿 アルバム『Start自選集 2002年2月1日
    ダンス☆マン アルバム『MIRRORBALLISM 4 〜New Generation Dance Classics〜』 2002年2月27日 『Barの椅子』として日本語カバー
    hitomi シングル「Japanese girl 2005年6月1日
    清春 シングル「Layra 2005年7月20日
    C-C-B アルバム『Romanticは止められない 2008年4月30日 長山洋子バージョンのカバー。
    みひろ with ANGEL & VENUS シングル「ヴィーナス/天使の誘惑」 2008年6月3日
    倖田來未 アルバム『TRICK 2009年1月28日
    中森明菜 アルバム『Cage 2017年11月8日

    脚注編集

    1. ^ 45cat - The Shocking Blue - Venus / Hot Sand - Pink Elephant - Netherlands - PE 22.015
    2. ^ Cite web |Billboardhot100 |The Shocking Blue| #1 |accessdate=21 August 2019
    3. ^ Cash Box Top 100 Singles – Week ending February 14, 1970”. Cashbox (magazine). 2019年8月21日閲覧。
    4. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン70s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
    5. ^ http://www.whosampled.com/sample/28801/Shocking-Blue-Venus-The-Big-3-The-Banjo-Song/
    6. ^ a b コンピレーション・アルバム『ナンバーワン80s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
    7. ^ Bananarama - Venus (1986, Vinyl)”. Discogs. 2021年1月1日閲覧。
    8. ^ Bananarama - Venus (The Fire & Brimstone Mix) (1986, Vinyl)”. Discogs. 2021年1月1日閲覧。
    9. ^ Bananarama - Venus (1986, Vinyl)”. Discogs. 2021年1月1日閲覧。
    10. ^ Bananarama - Venus (1986, Vinyl)”. Discogs. 2021年1月1日閲覧。
    11. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手(下)』現代教養文庫、1997年、318頁。ISBN 4390116029
    12. ^ 「音楽著作権使用料 国内1位は『命くれない』3曲にJASRAC賞」『朝日新聞』1988年5月24日付東京夕刊、13頁。

    書籍編集

    関連項目編集

    先代:
    ジャクソン5
    帰ってほしいの
    Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
    (ショッキング・ブルー・バージョン)

    1970年2月7日(1週)
    次代:
    スライ&ザ・ファミリー・ストーン
    「サンキュー」