メインメニューを開く

ヴェネツィア国際映画祭 審査員大賞

ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子 審査員大賞 (イタリア語: Leone d'argento - Gran premio della giuria英語: Silver Lion - Grand Jury Prize) は、ヴェネツィア国際映画祭の作品賞の一つ。2013年(第70回ヴェネツィア国際映画祭)から審査員と冠された賞が2つに増えたことで設けられた[1]

金獅子賞に次ぐ第2席の作品に与えられる。2012年(第69回)までは第2席の作品には審査員特別賞(年によっては審査員大賞の名称が使われた)が与えられた。2013年(第70回)からは、第2席に審査員大賞、第3席に審査員特別賞が授与されている。

2016年(第73回)からは名称に銀獅子が付き、銀獅子 審査員大賞 [2] となっている。これにより、銀獅子賞は2012年(第69回)までは監督に授与される賞だったが、2013年(第70回)から銀獅子賞は監督賞と審査員大賞の2つとなった。

目次

受賞作品編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集