ヴェルサイユファーム

日本の企業

ヴェルサイユファーム株式会社は、日本北海道日高町にある競走馬の生産牧場である。

ヴェルサイユファーム株式会社
Versailles Farm
種類 株式会社
略称 ヴェルサイユF
本社所在地 日本の旗 日本
059-2122
北海道沙流郡日高町字緑町148番地11
設立 1987年9月
業種 水産・農林業
事業内容 競走馬の育成・生産・販売
代表者 代表取締役社長 岩﨑美由紀(美雪花代
外部リンク https://www.versailles-farm.com/
テンプレートを表示

概要

編集

元々は、宝塚歌劇団所属女優で、娘役トップにも就任した美雪花代(本名:岩﨑美由紀)の亡夫(2011年結婚[1][2]が経営していた、1987年創業の牧場[3]「三城牧場」であり、美雪も結婚を機に北海道へ移住して牧場経営に専念するようになった。しかし、前夫がすい臓がんにより亡くなり、その遺志により美雪が経営を引き継ぐ意向を示す[1]が、牧場経営そのものが素人だったうえに従業員も離れてしまうという苦しい状況の上に、借金額も億単位という多額の負債を抱えながらも5年にわたって完済することができ[1]、その間、ライジングリーズンミスパンテールなどの重賞馬を送り出した[2]

それ以後も日本産馬のほか、欧米産の血脈も導入し、サンデーサイレンスキングカメハメハシンボリクリスエスのほか、欧米のドバウィファルブラヴディラントーマスハードスパンなどの血統を持つ繁殖牝馬を多数繋養している。牧場の目標として日本ダービー凱旋門賞で優勝する馬を生産することを目指している[3]

2017年に「ヴェルサイユファーム」に改名[4]。社名の「ヴェルサイユ」は、宝塚歌劇団飛躍のきっかけにもなった演劇や、池田理代子の劇画でもある「ベルサイユのばら」にちなむ[1]

主な生産馬

編集

三城牧場生産馬

編集

ヴェルサイユファーム生産馬

編集

Yogiboヴェルサイユリゾートファーム

編集
 
大放牧地内のトレーラーハウスA棟に集まる馬達

2018年頃に、引退競走馬を引き取るための分場として、「ヴェルサイユリゾートファーム」の名前で開業[5]2021年9月より、ビーズソファなどのインテリアを扱うライフスタイルブランド、Yogiboネーミングライツ契約を結び、現在の「Yogiboヴェルサイユリゾートファーム」と改称。2022年6月現在、タニノギムレットをはじめとした引退競走馬に加え、オーナーより預託された種牡馬が繋養されている。

 
yogiboで遊ぶ看板猫、ホッケ(写真左)とコアラ(写真右)

また同ファームは観光施設も併設されており、牧場に隣接したカフェホテル、グッズショップなどが設けられ、グッズは通信販売も利用することができる。

運営は一般社団法人ヴェルサイユ・リゾート・ファームが行っている。

代表はヴェルサイユファーム社長の美雪花代(岩崎美由紀)の息子[6]の岩崎崇文。

2023年日高振興局と、同ファーム、並びにYogibo Versailles Stable(ヨギボー ヴェルサイユ ステイブル)の3者間により、包括連携協定を結び、馬産地文化の持続的な発展のための保護・保全、並びに日高地区の地域の魅力発信や軽種馬産業にかかわるPRに協力することが決まった[7]

主な繋養馬

編集

種牡馬

編集

繁殖牝馬

編集

功労馬

編集

過去の繋養馬

編集

出典

編集
  1. ^ a b c d 【vol.2】元タカラジェンヌ 苦難の末…辿り着いた夢舞台|日本ダービー2022 ~HEROになるために~|2022年5月21日OA(テレビ東京)
  2. ^ a b 元宝塚トップ娘役 牧場経営者に転身、億単位の借金を完済デイリースポーツ
  3. ^ a b 会社概要
  4. ^ 【村本浩平コラム】ビーアストニッシドの生産牧場「牝系は絶対に残そう」祖母の悲しい出来事で決意”. 中日スポーツ (2022年4月13日). 2022年5月30日閲覧。
  5. ^ 【日本ダービー】ビーアストニッシドの生産者は元タカラジェンヌ 岩崎代表「夢のような話」 - サンスポZBAT、2022年6月1日閲覧。
  6. ^ ローズキングダムも暮らすヴェルサイユファーム(1) 引退馬を守りたい―再整備へ新たな挑戦 - netkeiba、2022年9月7日閲覧。
  7. ^ ogibo Versailles Stable(ヨギボー ヴェルサイユ ステイブル)株式会社、一般社団法人ヴェルサイユリゾートファームとの包括連携協定
  8. ^ シルクロードS連覇のダンスディレクター 種牡馬生活にピリオド打ち日高町の引退馬牧場へnetkeiba.com、20239月23日配信・閲覧
  9. ^ a b 功労馬のタイキシャトルとメイショウドトウ、北海道新冠町のノーザンレイクへ移動 | 競馬ニュース”. netkeiba.com. 2022年12月22日閲覧。

外部リンク

編集