メインメニューを開く

ヴェートーベンは、日本お笑い芸人広島県広島市出身[1]

ヴェートーベン
メンバー 久保 隆
青井貴治
結成年 1998年
事務所 松竹芸能→フリー→オスカープロモーション
活動時期 1998年5月 -
出身 日本の旗 日本広島県広島市
影響 とんねるず、ダウンタウン
出会い 松竹芸能養成所
旧コンビ名 青井久保
現在の活動状況 ライブ、テレビ
芸種 コント漫才
ネタ作成者 青井貴治
現在の代表番組 健康カプセル!ゲンキの時間
過去の代表番組 笑っていいとも!増刊号
夢のトカチン王国
ストリートファイターズ
GO!オスカル!X21
など
同期 ロバート、インパルス、薩長同盟
受賞歴
第26回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール福娘大賞(2005年)
第4回お笑い全日本カップ優勝(2011年)
テンプレートを表示

目次

略歴編集

1998年5月結成。松竹芸能の養成所で出会いコンビを組み、大阪で活動するが2001年4月から拠点を東京に移す。2005年春頃までは、8人組ユニット『つうてんかく』にも参加し、定期的に代々木公園などでストリートライブを行い、ピーク時には800人の動員があった[2]

表記はドイツ作曲家であるベートーヴェンヴェを逆さにしたもの。

松竹芸能に所属していたが2010年3月末に退社した[3]。その後、フリーランス(無所属)を経て、2010年11月1日からオスカープロモーションに所属。2019年5月にオスカープロモーションのお笑い芸人30組以上が一斉退所することになったが、その際に事務所に残留した数少ない芸人となった。

2013年には結成15周年を機にイベントのMCに特化したイベント司会芸人として方向を転換し現在も活動中。アイドル、女優、俳優、モデル、声優、マスコットキャラクター、文化人、スポーツ選手、政治家、一般企業、一般のパーティー等、幅広いイベントの司会を引き受け、MCの総数は1000本以上を超えている。

梅沢富美男やデヴィ夫人、剛力彩芽を始めヴェートーベンの司会を経験した著名人の多くが自身のSNSで彼らの司会を絶賛しており、有名人からの信頼も厚い。

イベント司会芸人にシフトした頃を境にメディアでの露出も増え、レギュラー番組を複数獲得している。同時期から毎年東京、2人の出身地である広島での単独ライブを開催している。さらには東京渋谷で毎月最終日曜日、平日の月に二度、ヴェートーベン主催のトークとネタのライブ「ヴェートーク♪」を定期的に行っている。

メンバー編集

広島県広島市出身、血液型O型
広島市立国泰寺中学校卒業、広島市立舟入高等学校卒業。
家族で一番背が高い(身長:155cm)。
当初は本名である「久保隆司」と名乗っていたが、携帯サイトの姓名判断で占ったところ画数が悪かったため2006年10月に相方・青井のすすめで平仮名の「くぼ たかし」へ改名。2008年7月に「TAKASHI」と更なる改名を経て、現在の芸名で落ち着いている。
プロ野球広島東洋カープファン。旧市民球場近くに実家があり幼少期からカープの選手や遠征の各球団選手との関わりがある。祖母は樽募金経験者。
広島県広島市出身、血液型はA型
広島市立城南中学校卒業、広島県立安西高等学校卒業。
日本ダイエット健康協会ダイエット検定一級免許所得。健康マニア。
美術に長けており、絵画が3万円で売れた経験がある。
イタリアンシェフだった父親を持ち、安価で色々な料理を作るのが趣味。
広島東洋カープ阪神タイガースが好きな[カハンシンファン]を公言。数字を投げかけられると直ぐにプロ野球選手の背番号に変換し、選手の名前を言える特技がある。台湾、中国、韓国の野球も好き。

芸風編集

イベントの司会を中心にしているが、毎月開催のライブや年に1度の単独ライブ開催を続けていることから、ネタの作成にも力を入れていることがみてとられる。芸風は30代40代の男性に向けた下ネタ、野球や漫画などのネタ、古いネタを使用した漫才コント、リズムネタ等。

代表的なものには青井が久保に突っ込まれて叩かれるたびに「いいねっ!」と言う台詞を発する『ドM漫才』。久保の歌を青井が邪魔する『合いの手漫才』などがある。

この芸をやるようになったのは、カラオケに行った時に安田大サーカス団長に言われてやり始めたことからだったという[4]

R-1ぐらんぷり2010(2010年1月11日に1回戦出場)では、青井はこの芸を取り入れて「合いの手マン」に扮したネタを演じた。なお、同じ日に久保は吉川晃司の物真似の『ちっちゃわ晃司』でのネタを演じた(この年は二人とも2回戦進出)。

他、リズム芸は主に『ありそうでない』と思う話をオリジナルソングに乗せて話し、その話に二人でツッコミを入れて次の話に行くという流れとなっている。

受賞歴編集

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

  • ラジカントロプスNEXT「ヴェートーベンの初キッスはうがい薬の味」(アール・エフ・ラジオ日本、2016年2月)パーソナリティ
  • POWER BAY MORNING (BAY FM、2016年11月〜)レギュラー出演
  • 風雲寒竹城(レインボータウンFM、2018年4月〜)レギュラー出演

映画編集

テレビアニメ編集

  • おしゃべり唐あげ あげ太くん(広島テレビ) - 鬼山部長 役(久保) 老けてる方の社員 役(青井)

舞台編集

  • 「あっち向いて!boy」- 主演 ルキア 役(青井)

CM編集

  • 十六茶(ラジオCM)
  • 音楽情報誌[ザッピィ](テレビCM)
  • ペッパーランチ(Web、店内CM)
  • 資生堂[フェルゼア](Web、トレインチャンネルCM)
  • Roland[電子ドラム](WebCM)
  • 花岡組(テレビCM)
  • ボートレース [テレボート ](Web CM)
  • NTT東日本 [防犯カメラ](Web CM)
  • 経済産業省エネルギー庁 [ZEH](Web CM)青井のみ
  • ルマンオート 2019新春フェア(2019年1月2日-6日)

雑誌編集

イベント編集

  • 平牧仁オフィシャルファンイベント MC出演 2014年5月18日 
  • 塩野瑛久ホワイトデーファンイベント MC出演 2014年3月14日
  • 笛木優子オフィシャルバースデーイベント MC出演 2014年6月22日
  • 河北麻友子GIRLSzPARTY! MC出演 2013年7月27日
  • 飯田里穂オフィシャルファンイベント MC出演 2014年3月29日 
  • X21ファンイベント MC出演 2013年7月13日 12月1日
  • つば九郎×ドアラマスコット交流イベント MC出演 2016年4月2日3日

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 広島出身ヴェートーベン「感動をありがとう」花岡なつみも「誇り」”. スポニチ (2016年9月11日). 2018年7月15日閲覧。
  2. ^ 麻布台出版社「お笑いポポロ」2004年11月号、2005年5月号 より。
  3. ^ ヴェートーベン久保オフィシャルブログより
  4. ^ 『あらびき団公式パンフレット』(ヨシモトブックス・ワニブックス
  5. ^ 3組が400KB台を獲得して、且つ同点で6位敗退となった例は後にも先にもこの回のみであり、後継番組の「オンバト+」においてもこのような例は1度も無い。
  6. ^ 後に翌年の2006年1月14日放送回の福井大会でも一度に400KB台が8組となった。この回では5位通過までが457KB以上という接戦回であり、6位のが449KB、7位の飛石連休が429KB、8位のトップリードが413KBであった。なお響のこの記録は江戸むらさきと並び最高オフエアとしては歴代5位、飛石連休はこのオフエアで連勝が11でストップ、トップリードは8位敗退での最高記録を残している。

外部リンク編集